【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


文在寅の本性を日本の読者に知ってもらいたい

私は1965年6月10日、北朝鮮の平壌市万景台区域で生まれた。  

2006年に友人の脱北を手助けしたことが、当局に発覚したことで命の危険を感じ、脱北した。現在は、韓国の脱北者支援団体で活動を続けながら小説を発表している。  

脱北者の女性が中国で性奴隷にされてしまう実話をもとにしたデビュー作『ソンヒ』は、韓国芸術文化団体連合会の文学大賞を受賞した。さらに、光州事件を題材とした『紫色の湖』はベストセラーとなるなど、作家として一定の評価を得てきた。  

ところが、現在、私の作品は韓国で出版すらままならない。それは、文在寅が関与した脱北者強制送還事件を描いたためで、拙著『殺人の品格 宿命の沼』は韓国で発禁処分に等しい扱いを受けている。  

文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。いま、韓国で何が起きているのか。文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった。

Getty logo

人権派弁護士という仮面

Getty logo

文在寅は韓国で人権派弁護士として知られ、韓国の民主主義のために戦って獄中生活までしたと伝えられている。しかし、彼はその経歴とはまったく逆の鬼畜のような蛮行を繰り返してきた。文在寅が人権派弁護士という仮面をかぶって、どんな蛮行を働いてきたか──。  

1996年8月、南太平洋上で操業中のホンジュラス船籍のマグロ漁遠洋漁船ペスカマ号で船上反乱が起きた。6人の中国人船員(朝鮮族)が韓国人船員6人を含む11人を斧と包丁、鉄パイプで襲い、海に投げて殺害したペスカマ号事件である。  

この時、極悪犯の弁護を自ら引き受けたのが文在寅だった。中国人殺人犯たちは盲腸が破裂し、手術を受けるために他の船から乗り移っていた十九歳の韓国人船員と、殺人に反対した同じ朝鮮族の船員まで躊躇なく殺した。  

このような残虐な殺人者らを、文在寅は「韓国人船員たちの暴圧に対する正当防衛の行為だ」と弁護したのだ。その一方で、殺された被害者本人はもちろん、未来と幸せを一瞬にして奪われたその被害者家族たちの保護には一言も言及しなかった。  

結局、裁判では犯人たちに死刑と無期懲役の判決が下された。

殺人犯を祀り上げる

これだけではない。1989年5月3日、釜山にある東義大学で学生によるデモが発生、その鎮圧にあたっていた警察官・戦闘警察官(機動隊員)合わせて7人が焼死し、学生を含め11人が重軽傷を負った東義大事件が起きた。  

東義大学の学生たちが入試不正の真相究明を要求したことに端を発したデモは、5月1日のメーデーを経て、火炎瓶が投げられるなど、過激化の様相を帯び始める。  

翌2日には、学生たちが警察官5人を人質に取り、中央図書館に監禁。彼らを救出するために、警察官・戦闘警察約600人が図書館の7階から突入し、その際、学生たちが撒いた石油とシンナーに火炎瓶の火が燃え移り、7人の警察官・戦闘警察官が命を落とした。  

検察は、現場に火炎瓶を投げて放火した主犯のユン氏に死刑を求刑。このユン氏の弁護を引き受けたのも、文在寅だった。  

文在寅は引火性物質を積み上げた場所に火炎瓶を投げ、警察官らを焼死させた殺人犯を弁護する一方、暴力的なデモを鎮圧しようとした警察官を犯罪者扱いし、「警察関係者に業務上過失致死の責任を問わなければならない」と主張した。  

結局、ユン氏には無期懲役の判決が下されたが、彼はのちに文在寅によって民主化有功者(民主化運動関連者)として祀り上げられる。  

文在寅は2000年10月12日から2001年11月30日まで、民主化運動関連者名誉回復および補償審議委員会(民補償委)の審査分科委員を務め活躍した。民補償委は2001年10月29日に、東義大事件で有罪判決を受けた9人を民主化有功者として認定し、2002年4月27日には46人を民主化有功者として認定した。  

文在寅らによって、殺人犯たちが民主化有功者に祀り上げられたのだ。

凶悪殺人犯すら利用する

Getty logo

まだある。1990年1月4日、釜山洛東江辺オムグン洞555番地の葦の森で無惨な遺体が発見された。頭蓋骨が粉砕骨折し、被害女性の脳の一部を肉眼で見ることができるほどだったという。  

事件発生から2年後、2人の容疑者が検挙された。捜査当局は、検挙された2人のうち、体格の大きいチェ容疑者が角材で被害者を殴打したあと、体格の小さいチャン容疑者が石を利用して殺害したと断定。  

ここでも、自ら2人の容疑者の弁護を買って出たのが文在寅だった。  

文在寅は、チャン氏が凶悪犯罪を犯すことができる人物ではないと強調。チャン氏の視力が障害に近いほど悪かったと主張した。一方、チェ氏は「警察の『容疑を認めれば過酷な行為をしない』という甘い言葉にひっかかった」と供述し、容疑を否認した。しかし、どちらも検察が提示した証拠に対する明確な反論はほとんどされず、結局、2人には殺人などの罪で無期懲役が言い渡された。  

凶悪殺人犯たちの弁護を多く引き受けるようになったのは、「偶然で運命的だった」と文在寅は言う。本当にそうなのだろうか。  

他の弁護士が弁護を躊躇する大型事件を買って出たのは、彼の人権派弁護士としての使命感などでは決してない、と私は思っている。  

たとえば、東義大事件では反政府意識の強い大学生たちや若者層の心理を利用し、自分の社会的な存在感を高めようとする思惑があったのではないだろうか。  

文在寅は、理由もなく無惨にも殺された被害者たちの苦しみと痛み、悲しみ、悔しさを考えたことなどなく、自らが注目され、その存在感を高めるためなら殺人犯すら利用する。

北朝鮮の非核化やノーベル平和賞を夢見、南北連邦制統一という妄想を平然と語り、2千500万人もの北朝鮮の人民が経験している痛みと苦しみを、世紀の極悪殺人魔である金正恩と手を取り合って楽しみながら嘲笑している残忍な人間である。  

なぜ、私がこう断言できるのか。それには明確な根拠があるからだ。

文在寅一味がひた隠す22人の脱北者殺し

Getty logo

2008年2月8日、盧武鉉政権末期、青瓦台秘書室長だった文在寅は、韓国に逃れてきた22人の脱北者を北朝鮮に強制送還し、見殺しにした事件を指示した当事者である。  

2月8日、黄海にある延坪島付近をゴムボートで漂流していた脱北者22人が韓国海軍に救助された。  

22人のうち男性が8人、女性が14人で、15~17歳の学生も3人含まれており、親子、夫婦、叔父などのグループだった。彼らは北朝鮮の鉄山郡東倉里の水産事業所、協同農場などで労働者として働いていた、と韓国の国家情報院(国情院)は明らかにしている。さらに国情院によると、「22人はみな牡蠣漁で金儲けをするために1月7日午前7時30分頃、動力船が引くゴムボート2隻に分乗して、5キロほど離れた近くの砂島に出航した」という。  

しかし、学生を含む22人が、旧正月という名節(祝日)の日に牡蠣を取りに行くなど、常識的に考えてありえるだろうか。それもゴムボートに乗ってだ。北朝鮮では、ゴムボートは特殊な兵種(海上狙撃)のような軍部隊で訓練用にしか使用できないことになっている。軽量でスピードが出ることから、脱北に使われやすいためでもある。ゴムボートに乗っている時点で、韓国政府は彼らが漁民ではなく脱北者だ、と当然理解していたはずだ。

〈22人の脱北は韓国政府にとって負担になる〉と文在寅

Getty logo

国情院の発表は、あまりにも辻褄が合わない。国情院は「22人を一カ所に集め、亡命の意思を尋ねたが、そのような意思は示されなかった」と言っているが、これは常識的に考えてあり得ない。脱北者の場合、国情院は通常一人ひとりを別々に聴取し、意思を確認する。国情院は明らかに嘘をついている。しかも、強制送還させるまでわずか7時間という短時間で、決して国情院単独の判断ではないことが分かる。  

真相は、「当時、盧武鉉政権の秘書室長だった文在寅が、22人の脱北者たちの亡命意思を調査することなく、7時間の即断即決で板門店を通じて北朝鮮に強制送還させるよう指示した」のだ。  

この時、「彼らを北朝鮮に送ったら殺されるのではないか」と強制送還に否定的な意見を述べた盧武鉉に対して、文在寅はこう述べた。

「22人の脱北は韓国政府にとって負担になる。南北関係を良くするために、それは甘受しなければいけない」  

これは、政府要職にいた人物から直接聞いた話だ。  

韓国の憲法下では、北朝鮮国民は韓国国民とみなされ、韓国領内に来て脱北する意志を表明すれば通常、韓国に留まることができる。ところが、文在寅は政治的利害で脱北者を平気で見殺しにした。

22人全員を公開処刑

Getty logo

北朝鮮に強制送還された22人の脱北者たちは、その後どうなったか。全員、無惨にも黄海海州公設運動場で、銃殺刑により公開処刑されている。国情院は、脱北者たちの処刑説について「確認されていない」としているが、私が脱北者ルートを通じて確認したところ、処刑の事実は間違いなく、北朝鮮内の講演でも「反逆者は処刑する」と22人の処刑について語られているという。

「確認されていない」と嘯く国情院は、そもそも北朝鮮国家保衛部が、脱北者たちの処刑を国情院に逐一報告するとでも思っているのか。  

金正恩政権は脱北者に対して公開銃殺はもちろん、その家族までも政治犯収容所に連れていき、奴隷として酷使し、使いものにならなければ殺す。  

冒頭で書いたように、私はこの脱北者強制送還事件を題材として『殺人の品格 宿命の沼』を執筆し、人権問題を提起したが、韓国の10社以上の出版社から「本を出版すると政府から制裁、弾圧を受ける」と言われて刊行を断られた。  文在寅一味は脱北者22人の強制送還の真実を明らかにし、歴史の審判を受けるべきだ。

つい最近も起きた脱北者殺し

Getty logo

殺人魔金正恩にへつらって平和・南北経済協力を推進するという役割を担い、異常な親北路線を強行する文在寅は、金正恩の意向を尊重するかのように脱北者を強制送還している。つい最近も、文在寅による脱北者見殺し事件が起きた。(後編へ続く)

著者略歴

イ・ジュソン

https://hanada-plus.jp/articles/273

小説家、詩人。1965年、平壌市万景台区域生まれ。1968年、咸鏡北道会寧市ユソン炭鉱に強制移住。炭鉱労働者、機械労働者などを経て、2003年、朝鮮労働党選定、扇動部ムンシム貿易会社中国延辺担当出張所長、2004年、朝鮮万年貿易総会社中国延辺担当貿易会寧支社長を務める。2006年1月、脱北。現在、NKデザイン協会(北朝鮮人権団体)、パンヌ文化企画会社代表。韓国小説協会会員。

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)はこちら

関連する投稿


한국 미디어에 대반박!  ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

한국 미디어에 대반박! ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

월간‘Hanada’8월호에 게재한 류석춘 (연세대 교수)의 “날조된 ‘위안부 사건’”이라는 ‘독점수기’가 한국에서 문제시되고 있어, 한국 미디어가 일제히 우리 잡지를 비방. “극우 사상가인 하나다 가즈요시” “본인 명의로 발행하는” “일본의 극우 월간지”라는 표현을 쓴 것에는 놀랐다!


北朝鮮のコロナ発生と危機深化|西岡力

北朝鮮のコロナ発生と危機深化|西岡力

これまで新型コロナウイルス患者は1人もいないと主張してきた北朝鮮が、初めて感染者発生を認めた。ところが、「1人の感染者が見つかった」だけで、都市全体を封鎖し、国家防疫を「非常体制」に移行するという異常事態に発展。実は、いま金正恩政権は最大の危機を迎えていた――。


韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」が韓国内で問題視されており、韓国メディアが一斉に弊誌を誹謗中傷。「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた!


『反日種族主義』著者らの戦い|西岡力

『反日種族主義』著者らの戦い|西岡力

韓国の暴走が止まらない!遂に『反日種族主義』の編著者李栄薫氏と、柳錫春・延世大教授らを「歴史歪曲があまりにも深刻で到底黙過できない」と非難し、名誉毀損、死者に対する名誉毀損、国家保安法違反などで刑事告訴すると発表した。「親日発言禁止法案」も準備されている韓国は今後どこへ向かうのか。


韓国と左翼活動家に利用されてきた原発“汚染水”問題|赤津今朝二

韓国と左翼活動家に利用されてきた原発“汚染水”問題|赤津今朝二

日本国内の左翼のデマから始まり、それを韓国が国際的なディスカウントジャパン戦略として大いに利用する――慰安婦問題と全く同じ構図が福島原発の処理水を巡っても形成されている。福島を貶め、苦しめ続けるデマと風評の数々。マスコミが一切報じない被災地復興を妨害する「真犯人」の正体。


最新の投稿


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


今日もねこびより|花田紀凱

今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。記念すべき第1回は「気が強いリスベット」。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となります。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。