籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!|小川榮太郎×籠池佳茂

籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!|小川榮太郎×籠池佳茂

月刊『Hanada』2018年9月号に掲載され、大反響を呼んだ「籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!」の全文をついに公開!「森友問題とは何だったのか?」。衝撃の真実がいま明らかになる――。


稲田朋美「告発」までの3時間

編集部 それが昨年の3月12日のこと。その日、私(編集部・梶原)は午前中から籠池家で取材していました。当時、自宅前はメディアに囲まれ、次女は買い物をしているところまで追いかけ回され、盗撮されるという気の毒な有り様でした。

取材が始まって6時間近く経った頃、佳茂さんが菅野氏を連れて入ってきたので驚いたのです。その際は押し問答になり、前理事長は菅野氏に「あんたやりすぎや。恨んでるで」と言い、諄子氏は「あんたに苦しめられて……」と言っていた。

しかしそこから3時間以上の話し合いのなかで、菅野氏は籠池夫妻に「理事長に後ろ足で砂をかけたやつが何人もいる」 「誰かを刺したくはないか」としきりに持ちかけた。

安倍総理批判をさせようとしていた場面もありましたが、それは前理事長が頑なに断った。「安倍さんは応援しているから刺したくない。昭恵さんも含めて刺すような材料もない」と。

しかし、妻の諄子氏はもともと知り合いだったにもかかわらず、「疎遠だ」と国会で答弁していた稲田朋美防衛大臣(当時)に対する怒りを募らせていた。

諄子氏が口を滑らせたところに菅野氏が、「では、夫の龍示氏だけでなく、稲田朋美も森友学園の顧問弁護士だったことを告発しよう」と持ちかけたのです。

菅野氏は、「稲田を刺せば、明日から家の前のマスコミはいなくなる。矛先が稲田に向かう」 「この森友問題は麻生太郎氏が倒閣のために画策したことなので、麻生と稲田を刺せば官邸も喜ぶ」などと説得。

そして、「『稲田告発動画』をいますぐ撮影し、明日の午前中に流せば効果的だ。明日の国会で事前質問なしで稲田にぶつけられる。もう明日から、メディアは家の前からいなくなる」と急かし、籠池夫妻もその話に乗ったのです。

完全にパニック状態に

小川 そして13日月曜日の朝9時に、「稲田大臣は森友の顧問弁護士を務めていた」という動画がネット上で公開されたのですね。

編集部 13日、9時前から始まった予算委員会で、当時民進党だった小川敏夫議員が稲田大臣にこの件を質問しています。

通告なしの質問を受けた稲田大臣は慌ててこれを否定しましたが、稲田大臣の名前が記載された森友関連の訴訟の準備書面も提示され、翌14日に稲田大臣は顧問弁護士だったことを認めざるを得なくなりました。

小川 国会のタイミングまで見計らって仕掛けていたとは驚かされます。菅野氏と野党は、すでに連携していたということですね。

ただ、当然のことながら、これでご両親はますます渦中の人となってしまった。しかも、稲田大臣を攻撃することは、すなわち内閣への攻撃になってしまう。

実際、この時点ではまだ「土地問題についてはわからないが、塚本幼稚園の教育内容は悪くない」という態度だった保守派も硬化し、籠池家はますます保守のなかで孤立することになったわけです。予測できなかったのですか。

籠池 特に母は、稲田議員に対する怒りがあったので、そこに付け入られてしまった。何より、メディアスクラムを解きたかったし、母は父が破産する、あるいは逮捕されることを避けたかったのです。

3月14日には日本会議が、「6年前に退会しており、無関係である」と公表していたことが報じられました。

そして3月15日、当初は東京の記者クラブで会見を開く予定だったのですが、キャンセルしました。しかし東京行きの航空券が手元にあったため、母が「せっかく券があるんだから東京に行こう。家の周りはマスコミに囲まれていてゆっくりできない」と言い出したのです。

自宅から伊丹空港までも車やバイクでマスコミに追いかけられ、這う這うの体で飛行機に乗り込んだのですが、東京に着くと大阪とは比べ物にならないほどのマスコミが大挙して殺到していました。

どうにもならなくなって菅野氏に電話したところ、大阪にいた彼から「自分が東京に戻るまでの間、自由党の小沢一郎と共産党の小池晃の予定をおさえたから会ってくれ」と言われました。

小川 なんと。ということは、菅野氏は先に小沢氏と小池氏の予定をおさえていたのですか。

籠池 そうだと思います。しかし、とても会いに行けるような状態ではなかった。そのことを菅野氏に伝えると、「とにかく自分の自宅へ向かへ」と指示を受けた。

菅野氏の自宅に行くまでの間もマスコミに追いかけられ、中継ヘリで追跡したテレビ局もあったそうです。私も両親も、完全にパニックに陥っていました。

「100万円献金」発言の背景

関連する投稿


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

「『サヨナラ』なんて言いたくない!」「なぜ『さようなら』ではなく『サヨナラ』なのか?」……。増刊のタイトルについて編集部内でも様々な意見がありました。ですが、編集長は「サヨナラ」一択でした。なぜなのか。その理由を初めて明かします!


安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

選挙運動中の人物を銃撃し殺害することが、「民主主義への挑戦」でなくて何であろうか。メディアの安倍元総理の国葬に対する攻撃は、「疑惑が払しょくされていない人物を国葬にして良いのか」などの論であるが、無理矢理その流れを一部メディアが作り出そうとしている――。


世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

安倍総理が兇弾に斃れたあの日から、安倍総理について思わない日はない。 同時に、いわれなき批判を浴びせ続けた朝日新聞をはじめとする無責任なメディアに腹が立つ。花田編集長、怒りと悲しみの安倍総理追悼文。


安倍晋三総理の功績|和田政宗

安倍晋三総理の功績|和田政宗

安倍晋三総理が目指した国家像を考えた時、憲法改正をはじめとした戦後レジームから脱却が最大の目標であったわけだが、安倍総理がまず目指したのは「豊かで平和な日本」を取り戻すことであった。経済を強くすることは外交力につながり防衛力にもつながるからだ。功績の一部を振り返るだけでも、あまりに偉大な方だったということがわかる――。


最新の投稿


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。