籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!|小川榮太郎×籠池佳茂

籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!|小川榮太郎×籠池佳茂

月刊『Hanada』2018年9月号に掲載され、大反響を呼んだ「籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!」の全文をついに公開!「森友問題とは何だったのか?」。衝撃の真実がいま明らかになる――。


籠池 この日に証人喚問が決まり、さらに「国が自分たちを敵視している」という思いに拍車がかかってしまった。ちなみに、証人喚問で父が読み上げた文章は菅野氏が書いたものです。

私が塚本幼稚園での会見に同席した3月10日から証人喚問の3月23日までは、2週間あまり。証人喚問までの間は帝国ホテルに泊まり、野党議員やメディアの取材を受けながら、答弁の準備をすることになった。この時は、日々起こることに対処するので精一杯でした。

その後も、3月31日に大阪府市の合同監査が入り、幼稚園の補助金の件や保育園の保育士の数が足らないなどで刑事告訴も辞さないと言われ、対処に追われていました。

4月には森友学園の民事再生法手続きがあり、6月には家宅捜索を受けるなどドタバタしている間に、一気に7月31日の両親の逮捕まで行ってしまったという印象です。

小川 そもそもこの森友学園問題は、政治史を揺るがせたロッキード事件やリクルート事件のような、大臣クラスの政治家が何十人も捜査され、数十億単位の賄賂が飛び交うような問題では全くありません。本来であれば、大阪地方版のベタ記事で扱われる程度の話題にすぎない。

ところが、その程度の問題を、朝日新聞をはじめとするメディアは「忖度」などというキーワードで膨らませ、空前絶後の倒閣運動に仕立て上げた。

国会や会見で総理や関係者が何を話しても、結果、「疑惑は深まった」と繰り返すばかり。この異常な渦巻きのなかで主役を担わされてしまったのが籠池夫妻だったわけですね。

籠池 率直に言えば、当時は政権も、国も、大阪府も、マスコミも、保守派さえも、すべて敵に見えていました。「どうしてこんなに頑張ってきた父だけが悪者にされるんだ」と。

小川 いまとなっては、「大山鳴動してネズミ一匹」だったことは明白です。しかしその鳴動が、国会や財務省を含む日本全体にパニックを引き起こした。

いまから振り返って本当に問われるべきは、こういう状況下でマスコミ対応に慣れない一個人が選択を誤ったかどうかではなく、最大の要因であるマスコミの在り方だと言わざるを得ないでしょう。

マスコミが塚本幼稚園を袋叩きにしたことで、籠池家はもちろん、在園生、卒園生を含む関係者に多大な影響を及ぼし、彼らの名誉を傷つけた。このことは、「視聴率が取れたから」 「権力の監視の副産物だ」 「籠池家のキャラが濃かったから」というような話で済ませられるものではありません。

それからもう一点、保守の思想を持った一幼稚園が、一連の報道によって潰され、小学校計画が水泡に帰したという被害についても思いを致すべきでしょう。

Getty logo

左派の組織的囲い込み

籠池 菅野氏は、稲田議員が防衛大臣を辞任するとなった際には、父においおい泣きながら電話してきたと言います。「ようやくクビを取った」ということなのでしょうが、父自身は稲田議員のクビを取りたいなんて思っていなかったので、「何で泣いているの?」という反応でしたが……。

いまになってみればおかしいとわかることでも、渦中にいるときには気づけなかった。まるでユデガエルのようなもので、いつの間にか完全に野党支持者、つまり反政権グループに囲まれていた。ある活動家などは、ある時期、両親と一緒に自宅に住んでいたほどです。

小川 えっ、家に上がり込んで住んでいた、と。驚き入った話だな。

籠池 野党との連携で言えば、当初、辻元清美議員が塚本幼稚園に来たという話が話題になりましたが、これに関しても菅野氏の指示で、私の下の妹が「目撃したと言ったけれど、あれは間違いだった」と証言を変えさせられています。

菅野氏は辻元氏に恩を売ることができたでしょう。野党との繋がりで言えば、菅野氏は「自分の庇護者は共産党である」とも言っていました。

一般の野党支持者の方々はもともと教育内容には批判的でしたが、「それでもご両親は気の毒だ」 「これは国策捜査だ」と信じ込んでいます。

私自身も、両親の境遇は不憫に思っていましたから、共感がないわけではない。勾留中に差し入れを届けてくれたことなどは、私にとってもそうですが、両親にとってもありがたかったのだろうと思います。

ただ、こういう人たちとばかり付き合っていると、自分がこれまで持っていた保守派の立場や、安倍総理支持という意見についても信じられなくなってくるのです。

明確な報道被害

関連する投稿


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

パラオは現在、中国による危機にさらされている。EEZ(排他的経済水域内)に海洋調査船などの中国公船が相次いで侵入しており、まさに日本の尖閣諸島周辺に近い状況となっている――。(サムネイルは筆者撮影)


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

日本外交には理念があるのかと疑問に思う事態が続いている。外交上の大チャンスを逃したり、詰めるべき点を詰めない「なあなあ外交」が行われている――。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されるニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!