籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!|小川榮太郎×籠池佳茂

籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!|小川榮太郎×籠池佳茂

月刊『Hanada』2018年9月号に掲載され、大反響を呼んだ「籠池長男が反省告白 両親は安倍総理に謝れ!」の全文をついに公開!「森友問題とは何だったのか?」。衝撃の真実がいま明らかになる――。


小川 私は籠池前理事長と知遇はなかったけれど、当時の報道には義憤を感じていたので、対応できる弁護士を紹介しようと考えて連絡を取り始めていました。前日の深夜に私は前理事長に電話し、当日のたしか朝の5時頃、折り返しの電話を貰っています。

ところが、その後は何度も電話したが繋がらなくて……。その間に、菅野さんにすっかり取り込まれてしまったというわけですか。

籠池 菅野氏が帰宅してからさらに詳しい取材を受けていたのですが、その最中に酒井弁護士から電話があり、「あの『雲隠れ』 『口裏合わせ』の電話はなかったことにしてください」と言われたのです。

さらには、酒井弁護士が報道各社に対し、自身の森友学園の代理人辞任と、「(財務局から)そのようなことを言われたこともありません」とするFAXを報道各社、財務省、そして大阪府に送付していました。

編集部 佐川氏の「電話していない」答弁も同じ15日の午前中です。

小川 この時点では、まだ補助金の不正なども指摘されていない段階だった。にもかかわらず、財務省は梯子を外し、担当弁護士も辞任してしまったわけですね。籠池家から見ると、政権ぐるみの隠蔽、安倍総理も了解のうえで自分を葬る動きに見えたのでしょう。

籠池 おそらくこれら全てが重なって、両親の思いは決定的になったのではないでしょうか。「国にも弁護士にも裏切られた」と。そしてこの日、ある意味で正式に「菅野氏だけをメディアの窓口にする」と決め、菅野氏がそのことを公表したのです。

編集部 そして菅野氏が自宅前会見を行い、そのことを、毎日新聞(ウェブ版)はこう報じています。

〈菅野氏は15日午後、都内で籠池氏夫妻と面会した。菅野氏は「籠池氏から、ある政治家との金銭授受を含むやり取りを聞いた。メールの履歴も確認した。今まで出てきた政治家と違う名だった」と説明。

「お金の流れは皆さんが考えている方向と逆だと思うが」と述べ(中略)その政治家の氏名については「籠池氏から話があると思う」と述べるにとどめ、その政治家が与党国会議員、現職閣僚かと問う質問に「そうですね」と答えた。

また、「籠池氏は野党が共同で調査チームを組み、大阪に来てくれれば、知っていることを物証を添えて話すと語っている」と語った〉

Getty logo

「昭恵さんに裏切られた」

小川 なるほど、ようやくこれで私の体験と辻褄が合います。

15日の夜になってようやく電話が繋がったら奥さんが出て一言、「昭恵さんに裏切られましたわ、もういいです」、ガチャンと電話を切られた。

何があったのか謎でしたが、籠池家の皆さんと菅野さんが話しているうちに、昭恵夫人や総理を含めた、籠池さんを嵌める陰謀に見えてきて「裏切られた」となったんでしょうね。

編集部 翌16日は卒園式の壇上でしたが、諄子氏は「お父さんはブタ箱(刑務所)行きや!」と絶叫しています。そして、午後には野党4党が合同で籠池家を訪れ、面会した。

小川 野党側とはどんな話を?

籠池 当日は福島みずほ議員、森ゆうこ議員、小池晃議員、今井雅人議員が来て、たしか金銭の話と、昭恵夫人とのメールのやり取りについて聞かれていたと記憶しています。

また、父から「補助金の件については若干、心配があります」と話しましたが、そのことに野党の議員の方々はほとんど関心を示していなかったような印象でした。

それまで一切相容れないと思っていた共産党や社民党の議員が自宅にいるわけですから、夢を見ているような気持ちでした。頭のどこかでは、おかしなほうに進んでいるのではという考えもあったのですが、「しかしもう引き返せない」という思いのほうが強くなっていきました。

編集部 この日の夕方、諄子氏と昭恵夫人はメールのやり取りをしています。

〈籠池夫人 安倍首相はどうして園長を地検に言われたんですか。国は大事な民衆を切り捨てるのは許せない。国会に出ます〉

〈昭恵夫人 それは嘘です。私には祈ることしかできません〉

〈籠池夫人 尊敬していたのに小学校をやめ、幼稚園は破産、建築や社長は破産、お父さんは詐欺罪、あんまりにも、権力を使うなら死にます〉

尋常ではない精神状態です。

すべてが敵に見えていた

関連する投稿


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

パラオは現在、中国による危機にさらされている。EEZ(排他的経済水域内)に海洋調査船などの中国公船が相次いで侵入しており、まさに日本の尖閣諸島周辺に近い状況となっている――。(サムネイルは筆者撮影)


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

日本外交には理念があるのかと疑問に思う事態が続いている。外交上の大チャンスを逃したり、詰めるべき点を詰めない「なあなあ外交」が行われている――。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されるニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!