韓国を裏で牛耳る民主労総の正体|野村旗守

韓国を裏で牛耳る民主労総の正体|野村旗守

3月1日、韓国では毎年恒例の三一節(1919年3月1日、日本の植民地支配に抵抗して朝鮮全域で発生した大規模独立運動の記念日)だが、今年は特に百周年記念ということで大々的な式典が催された。これに併せて日本でも各地でさまざまなイベントが催行されたのだが、異色だったのは東京駅周辺をおよそ1時間にわたって練り歩いた「三・一アジアの自由と平和を守る行進」だった。


朴槿惠転落の原因

韓国初の女性大統領として華々しく登場した朴槿惠大統領は、それなりに無難なスタートを切った。日本でこそ「告げ口外交」などと評判が悪かった外交政策も、北朝鮮に開城工業団地の再稼働を検討させるなど一定の成果を挙げ、就任1年後の支持率が60%を超すなど、国民の評価も高かった。

それが一転したのは2014年4月、セウォル号沈没事故からだ。この事故で大統領の対応不備や国家責任が追及されるなど、翌月には大統領支持率は40%台に急落する。朴槿惠政権崩壊の下地はこの時からできていたと言ってよい。

順調だったはずの南北関係も2016年になり、北朝鮮が1月に水爆実験とみられる4度目の核実験を強行。以後、毎月のようにミサイル発射を繰り返して風雲急を告げる。3月には立て続けに3発も乱射された。

北の暴走を止められない朴槿惠は、国民と野党からの突き上げを喰らっていた。韓国軍の高官らと連絡を取り合う防衛部門関係者によれば、実は渦中のこの時、朴はこれを止めさせるようホットラインを通じて北京の習近平に電話を入れたという。ところが電話を受けた習は、彼女の要請をあっさり無視した。

前年9月、北京の天安門広場で抗日戦争勝利70周年を祝う式典に招待されるなど、朴槿惠政権は韓中接近、中国の厚遇ぶりを誇っていた。経済的にもこの頃、韓国の対中輸出は全輸出の25%、GDPのおよそ10%を占めるまでに至り、韓国各地を訪れる中国人観光客の数もうなぎ登りの時期であったのに、だ。

蜜月と信じていた習近平に裏切られた朴槿惠の憤懣たるや、想像に難くない。

「中国は信用できない」

そう悟ったに違いない朴槿惠は、それまでの中国向き外交シフトを日米に向けて180度転換させた。ここが実は、彼女の転落の始まりだったのである。

2016年7月8日、韓国国防部と在韓米軍は、北のミサイル攻撃に備えたTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)配備を正式に発表する。これに対し、北朝鮮以上に猛反発したのが中国だった。アメリカのミサイル防衛網が北を通り越して自国に向けられたと感じた中国は、まずは経済面からの制裁にかかる。

THAAD配備先としてゴルフ場を提供したロッテグループの中国にあるロッテマート74店舗が営業停止処分になり、団体旅行制限措置で韓国を訪れる中国人観光客は、翌年3月には40%も減少していた。さらに、現代や起亜などの自動車メーカーは中国での販売台数が激減し、一時は工場閉鎖に追い込まれた。

最初から仕組まれていた?

他にも、在中韓国人への暴力事件が続発し、韓国政府機関を狙った中国からのサイバーテロも急増する。片や北朝鮮も、8月にもミサイル実験を続行し、9月には5度目の核実験に及んだ。

結果、朴槿惠大統領の支持率は急落。9月最終日の世論調査では、就任以来最低の30%だった。そして、最後のとどめを刺したのが崔順実ゲート事件だった、というわけである。

10月24日、「韓国でもっとも影響力のある言論人」に12年連続で選出されたこともある人気キャスター孫石煕がアンカーを務めるJTBS有線テレビの報道番組「JTBSニュースルーム」が、朴槿惠とその盟友・崔順実による機密漏洩と国政壟断事件をスクープした。

崔順実が使用していたというタブレットPCを入手した孫石煕らは、崔による大統領演説書き換え疑惑、朴・崔両名による資金横領疑惑、崔の娘の梨花女子大不正入学疑惑、出資強要疑惑……等々、数々の疑惑を暴露。以降、新聞、テレビ、雑誌、インターネットと、あらゆるメディアが報道合戦を繰り広げることになる。大統領による国政私物化に国民は激高し、国会は大混乱に陥った。

朴槿惠の支持率は17%台に急落、その週末の29日には最初のキャンドル集会がソウルで開かれた。前述の如くキャンドル集会の参加者は毎週膨れ上がり、ひと月後には200万人を超えた。そして大統領支持率はついに4%台という、韓国憲政史上最低の低率を叩き出すまでに至った。

しかし、まるで国中が集団催眠にかかったかに見えた、あの津波のような巨大キャンドルデモのさなかにも、そこに欺瞞の匂いを嗅ぎ取った慧眼の士たちがいた。朴槿惠大統領を弾劾、罷免にまで追い込んだこの崔順実ゲート事件が、最初から最後まで何者かによって仕組まれた作劇だったのではないかという疑惑は、複数のジャーナリストによって、直後から指摘されていたのだ。

ネットメディア「メディアウォッチ」の邊熙宰、黄意元、そして「月刊朝鮮」出身の禹鍾昌らである。

メディアウォッチは、朴・崔「国政壟断」容疑を裏付ける唯一の物証とされたタブレットPCが本当に崔順実の所有物だったのか、はたしてJTBCの孫石煕らは確実な裏付けを得たうえで放送に踏み切ったのかを徹底的に追及した。

ありえない裁判所の判決

関連する投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。