岩国メガソーラーで見えた親中ネットワーク|山口敬之【WEB連載第20回】

岩国メガソーラーで見えた親中ネットワーク|山口敬之【WEB連載第20回】

大阪の咲洲メガソーラーに関連する私の記事や発信に対する批判や非難、誹謗中傷の多くに、日本維新の会関係者や支持者が関与していることがわかった。ところが岩国市など大阪以外の上海電力の絡むメガソーラー取材に対して様々な圧力をかけてきたのは、明らかに自民党の関係者だった――。


ウイグル民族の悲劇とメガソーラー

私が現地取材時に発見したのは、剥き出しの土壌の上に大量に野積みされた太陽光パネルだった。数百箱もの段ボール箱には、「トリナソーラー」(Trina Solar)とはっきりと書かれていた。

トリナソーラー。1997年の創業以来、世界中で安価な太陽光パネルを販売し、太陽光パネル供給量世界一になろうかという中国企業だ。近年では日本国内でも一番の特徴である「安さ」を強みに年々存在感を強めている。

そして2020年6月上海証券取引所で新株を新規発行。「スター・マーケット」という名称でも知られる上海証券取引所科創板の技術系企業のマーケットに上場して巨額の資金調達を果たすなど、上海を事実上の本拠地とする企業だ。

このトリナソーラーについてアメリカの有力紙「ウォールストリート・ジャーナル」は8月9日、アメリカ政府がトリナ社製品の輸入を差し止めたと報じた。

これは、太陽光パネルの原材料である石英(せきえい)からポリシリコンを生産し太陽光パネルを組み立てる過程において、新疆ウイグル自治区やその他地域でウイグル人のジェノサイド(民族虐殺)にトリナソーラーが加担・関与している可能性が高いとアメリカ政府が判断したからだ。

ウイグル人権問題を巡っては、中国政府と中国共産党が指導して設置した「再教育センター」などと名付けられた強制収容所で、ウイグル人女性に対する強制避妊手術が行われているが、収容所を奇跡的に脱出した被害者本人の証言で明らかになりつつある。

岩国のメガソーラー事業では、合同会社のスキームを使って上海電力がステルス参入し、自由主義陣営の先進各国が深い懸念を表明しているウイグル人のジェノサイドとの関連が指摘されている会社の太陽光パネルを使って大規模発電が始まろうとしている。

上海電力の中国本社では、経営トップで取締役会長にあたる薫事長を長く勤めていた胡建東氏が死亡事故に関連する不祥事で解任され、今年7月に林華という人物が就任した。

林氏は直前まで新疆ウイグル自治区の中国政府の幹部だった人物だ。上海電力の経営トップが、新疆ウイグル自治区の現状を知り尽くした林氏になったことについて中国の政治事情に詳しい関係者は、
「中国の国営企業では、今年の春以降、習近平と、これに対抗する江沢民らの上海閥や胡錦涛・李克強ら共産党青年団の権力闘争が激化していた」
「中国の太陽光パネル生産の主原料である珪石(元素記号Si)のほとんどが新疆ウイグル自治区で採掘されいてる。上海電力の事業の中で太陽光発電が重みを増す中、アメリカ政府の中国製太陽光パネルの輸入禁止措置など厳しくなる経営環境に対応するために、林氏が大抜擢されたのではないか」
とみている。


こうした動きを見ても、上海電力本社と新疆ウイグル自治区は切っても切れない関係になっていることは間違いない。

岩国のみならず全国各地で上海電力に巨大メガソーラーを好き放題に作らせている日本政府と山口県は、地域住民の安全安心な生活を破壊して恥じないだけでなく、中国によるウイグル人に対する民族虐殺にも加担していると言わざるを得ない。

そして、「合同会社によるステルス参入」「ウイグル人民族虐殺に加担する上海企業のパネル大量使用」など、全ての先鞭をつけたのが橋下徹市長市政下の大阪市だったことを忘れてはならない。

関連する投稿


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。