「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


怒りの感情をコントロールできない金平

下劣な比喩表現を敢えて言い換えるならば、「食い込む」という表現が近いように思う。そういう意味では、確かに岩田氏は安倍元総理やその周辺に「食い込んで」いた。

記者が政治家に食い込むと何がいけないというのか。
金平の文章はこう続く。
《その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて》

要するに、食い込んだ政治家から得た情報を「独自」「スクープ」などと言って報道することが気に入らないというのだ。

そして金平の駄文はこう続く。

《男性にも女性にも、もちろんいます『ケツ舐め記者』は》

「男性にも」の1人は明らかに私だろう。私はTBSの後輩記者から、金平が私のことをつい最近も「ケツ舐め記者」と罵倒していたという証言を得ている。 

金平は、TBS社内では怒りの感情をコントロールできないことで有名だ。気に入らないことがあると、自分の上司でも部下でも、時間と場所を選ばず大声で罵倒し、激昂する金平を私も何度も見た。

だから今回も私への怒りが制御できずに、愚劣な表現で私を誹謗中傷しようと思ったのだろう。卑劣で哀れな人物だ。そして、金平の幼稚な怒りの末の卑猥な侮蔑が女性である岩田氏にまで及んだとしたら、それは大変申し訳ないことだ。

かくいう私は、これまで何度も金平から愚にもつかない品性下劣な誹謗中傷を浴びせられているから慣れっこになっている。

しかし、今回は金平の文章を読んで、別の意味で非常に驚いた。

それは、金平茂紀こそ、部下が政治家に食い込んでとった情報に「独自」「スクープ」というワッペンをつけて報道させていた張本人だったからだ。

私を8回にわたって表彰した金平

金平は2005年5月から3年ほどTBS報道局長を務めた。この間、金平は私を8回にわたって表彰している。そうした社長賞を除く7枚の表彰状は全て、「報道局長・金平茂紀」と記名、捺印されている。

例えば「官房長官に安倍晋三氏起用のスクープ」と題した2005年11月の表彰では、金平はこんなことを書いている。

「あなたは、自民党幹部に食い込んで取材を敢行し、新内閣の要である官房長官に安倍氏を起用することをつかみ、速報しました。マスコミ他社を圧倒するスクープで、TBSの取材力を大いに知らしめました」

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


山口敬之さんの連載『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった理由を説明します|花田紀凱

山口敬之さんの連載『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった理由を説明します|花田紀凱

「連絡がないままボツにした」「いくらでも直しますから、ボツはやめてくれ」……。『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった件について、山口敬之さんは自らの番組その他であれこれ発言していますが、事実と異なる点が多々あるので、以下、経過を説明します。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。