米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


オーストラリアから衝撃的なニュース

では日本は今回のヨーロッパの戦争から何を得ただろうか。

今後、中国とロシアの連携は確実に強まるだろう。ロシアの孤立と苦戦を見た中国が、距離を置くためにロシアの外交上の格付けを下げたという指摘もあるが、もしロシアが戦略的勝利を成し遂げれば、中国が優位に立ちながらも関係が強化されていくだろう。

イギリスのタイムズが、ロシアのウクライナ侵攻直前、中国からウクライナへのサイバー攻撃が行われたとする情報機関の文章を入手したと報道した。攻撃は2月20日の北京冬季五輪閉幕前に開始され、ロシアがウクライナ侵攻を開始した2月24日の前日である23日にピークに達したとのこと。

攻撃対象はウクライナの国防省関連機関、国境警備当局、銀行、鉄道、核関連機関で、ロシアが中国に侵攻計画を伝え、中国が支援を約束していたことが伺える。北京で会ったプーチンと習近平は間違いなくこの話をしていただろう。習近平はプーチンのウクライナ侵攻計画を聞いて、支援を約束しながら、北京冬季五輪閉幕を待ってくれるように頼んだのだろう。

一方で中国は、得意のサイレント・インベージョンを着実に進めている。

オーストラリアから衝撃的なニュースが届いた。

中国がソロモン諸島と安保協定を結んでしまったのである。協定が準備されている事実は、草案がネット上に流失したことで発覚した。草案には、中国艦艇の寄港の許可、物資補給、治安維持目的での中国の武装警察や軍の派遣を可能にする内容が含まれているという。

第2次大戦中の激戦地、ガダルカナル島を含むソロモン諸島はオーストラリアのすぐ北に位置し、この協定の実現はオーストラリアとニュージーランドの国防に深刻な影響を与える。
なぜこんなことが起きてしまったのか。

中露の分断を図るのが日本の戦略目標

Getty logo

南太平洋の国々は弱小だが、政治的な汚職も蔓延している。現地からの情報によると、ソロモン諸島の首相は弾劾されて失職寸前だったが、中国から賄賂を貰った議員たちが首相の支援に回り、弾劾を免れた経緯があったそうである。その見返りとして安保協定を結んだというわけだ。

これは中国の常とう手段であり、かつてフィリピンでも似たようなことがあった。1991年、フィリピンの上院で、米軍のスービック海軍基地の用地のリースを延長するかどうかの評決が行われ、米軍から10年間延長の要望があったにもかかわらず、投票の結果、リースを延長しないことになった。後でわかったのは、中国共産党が組織をフィリピンに送り込み、上院議員を買収していたということである。

リース契約が終わり、米軍が撤退すると、待ってましたと言わんばかりに中国はフィリピンが領有を主張していたミスチーフ礁を占領して軍事施設を建設し、北部ルソン島沖のスカボロー礁にも公船を常駐させて実効支配を進めた。フィリピンは慌てて米軍との協力強化を求めたが、後の祭りだ。

このように、汚職や腐敗があるところを狙って中国は干渉工作を仕掛けてくる。世界の目がウクライナとロシアの戦争に気を取られている間にも、それは着々と進行して行く。そして、今後は中国とロシアが協力し合うケースが増えることが予想される。

ウクライナに感情移入してロシアを敵視する日本の政治家は忘れているのかもしれないが、日本は地政学的にロシアと中国に挟撃される位置にあり、さらに、中露の支援を受ける北朝鮮まで隣にある。中国とロシア、そして北朝鮮が日本を共通の敵として共同作戦を実行したらどうなるのか。

中国が台湾・尖閣を攻撃するとき、ロシアが北方から何らかの軍事行動を起こし、北朝鮮がミサイルを撃ち込んできたら、自衛隊の対応は分散されてしまい、台湾の応援も尖閣の防衛もできなくなってしまうかもしれない。三正面作戦という、軍事的には最悪の状況となる。つまり、たとえプーチンが嫌悪の対象であったとしても、常に中露の分断を図るのが日本の戦略目標でなければならない。

関連する投稿


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。


安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

選挙運動中の人物を銃撃し殺害することが、「民主主義への挑戦」でなくて何であろうか。メディアの安倍元総理の国葬に対する攻撃は、「疑惑が払しょくされていない人物を国葬にして良いのか」などの論であるが、無理矢理その流れを一部メディアが作り出そうとしている――。


安倍晋三総理の功績|和田政宗

安倍晋三総理の功績|和田政宗

安倍晋三総理が目指した国家像を考えた時、憲法改正をはじめとした戦後レジームから脱却が最大の目標であったわけだが、安倍総理がまず目指したのは「豊かで平和な日本」を取り戻すことであった。経済を強くすることは外交力につながり防衛力にもつながるからだ。功績の一部を振り返るだけでも、あまりに偉大な方だったということがわかる――。


最新の投稿


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。


増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

「『サヨナラ』なんて言いたくない!」「なぜ『さようなら』ではなく『サヨナラ』なのか?」……。増刊のタイトルについて編集部内でも様々な意見がありました。ですが、編集長は「サヨナラ」一択でした。なぜなのか。その理由を初めて明かします!