「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

2021年10月6日、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が匿名アカウントのツイートで名誉を傷つけられたとして、計880万円の損害賠償と投稿一本の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。「Dappi」のどのツイートが名誉棄損なのか。安倍晋三元総理を「人格破綻者」などと罵る小西議員こそ「人格破綻者」ではないのか。「Dappi」問題の真相に迫る! (写真/杉尾ひでやHP)


「野党攻撃のツイート」というウソ

メディアだけではなく、批判の目は野党にも向けられている。

8月13日、今井雅人氏(立憲民主党)の国会での発言「閣僚なら靖国参拝するな!韓国は遺憾の意を表明してる!日韓関係改善の障害!韓国に配慮をしながら行政に携われ!」を紹介し(動画も添付)、《韓国のために『閣僚は靖国参拝するな』と国会で主張するのが立憲民主党です》とコメントしている。

8月4日、厚生労働委員会での長妻昭氏(立憲民主党)の発言「医療行政の正念場!皆さん、コロナの恐怖に震えてる!」を紹介したうえで(動画も添付)、《今日も批判だけで不安を煽る立憲民主党。そもそも本当に皆が恐怖に震えてるなら人出は減少してる筈では?》と述べている。

森ゆうこ氏は「全く違う内容のフェイクニュースを作り上げ」と語り、しんぶん赤旗は「ウソ情報で野党攻撃のツイート」と報じているが、これらのツイートのどこがウソ情報なのか。

「!」は「Dappi」の主観だろうが、引用した言葉にウソはない。また、「野党攻撃」というのも正確ではない。野党議員でも評価できる発言には率直に賛辞を送っている。

6月11日のツイートでは、立憲民主党の松原仁氏の拉致問題解決に向けた質問に《その通り!》などとコメントし、外務省の真摯な対応が見られないことに《どこか他人事の外務省が腹立たしい》と不満のコメントを出している。

同じく、国会で国民民主党の玉木雄一郎代表がコロナ禍で困っている事業者の家賃支払いについて早急に与野党協議を行うよう求めたことに対し、《その通り!雇用を守るために与野党が協力しないといけない》(20年4月29日)と賛辞を送っている。

問題となったツイートのどこが問題なのか?

問題は、「Dappi」のどのツイートが小西、杉尾両氏の名誉を毀損したのか、である。11月8日、ジャーナリストの岩上安身氏によるインタビューのライブ配信で、小西氏はあるひとつのツイートを示しながら、「これですよ!」と明言している。

では、そのツイートとはどのようなものか。

《門田隆将「朝日や毎日は自殺した近財職員の元上司が『改竄はやるべきでないが野党から追い詰められ少しでも作業量を減らす為にやった』という音声部分はカットし事実と真逆の報道。近財職員は杉尾秀哉や小西洋之が1時間吊しあげた翌日に自殺」》と「Dappi」は門田氏の記事(要約)を紹介したうえで、《左派メディアは野党に都合が悪いことは報じない》(20年10月25日)とコメントしたものだ。
 
このどこが問題なのか。

「Dappi」が引用した門田氏の「新聞に喝!」(産経新聞20年10月25日)には、こう書かれている。

「平成30年3月5日、福島瑞穂氏(社民)、森裕子氏(自由)ら野党は近畿財務局に乗り込み、数時間も居座り、押し問答を続けた。また東京では翌6日、民進党の杉尾秀哉、小西洋之両氏が財務省に乗り込み、約1時間、職員をつるし上げている。当該職員(赤木俊夫氏)の自殺はその翌日の7日だった」

小西、杉尾両氏が財務省の役人を1時間吊し上げた翌日に、赤木氏が自殺したのは事実だ。
「Dappi」のツイートに問題があるとすれば、小西、杉尾両氏が赤木氏を吊るし上げ、それによって赤木氏が自殺してしまったと読める点だ。ここは反省が必要だろう。

だが、所詮「この程度」なのである。朝日をはじめとした左派メディア、野党と野党支持者による「反安倍キャンペーン」に比べれば、取るに足らない。

さらに驚くべきことは、小西氏が先のライブ配信で、産経新聞と門田氏に対しても訴訟を起こしたと明らかにしたことだ。

実は、小西氏は事あるごとに「法的措置を取る」とツイートしている。

関連する投稿


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

「『サヨナラ』なんて言いたくない!」「なぜ『さようなら』ではなく『サヨナラ』なのか?」……。増刊のタイトルについて編集部内でも様々な意見がありました。ですが、編集長は「サヨナラ」一択でした。なぜなのか。その理由を初めて明かします!


安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

選挙運動中の人物を銃撃し殺害することが、「民主主義への挑戦」でなくて何であろうか。メディアの安倍元総理の国葬に対する攻撃は、「疑惑が払しょくされていない人物を国葬にして良いのか」などの論であるが、無理矢理その流れを一部メディアが作り出そうとしている――。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。