「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

2021年10月6日、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が匿名アカウントのツイートで名誉を傷つけられたとして、計880万円の損害賠償と投稿一本の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。「Dappi」のどのツイートが名誉棄損なのか。安倍晋三元総理を「人格破綻者」などと罵る小西議員こそ「人格破綻者」ではないのか。「Dappi」問題の真相に迫る! (写真/杉尾ひでやHP)


「安倍真理教を打破」で大炎上!

2019年4月6日、小西氏は以下のようにツイート。
《Japan in depth での島田洋一福井県立大教授の「憲法改正と小西洋之参議院議員」という記事は私への悪質な誹謗中傷の名誉毀損記事だ。直ちに法的措置を取る。
安倍政権では、内閣法制局長官だけでなく公立大教授も国会議員に違法攻撃をする。本当に恐ろしい時代だ》

自身が批判されると激しく憤るのが小西氏の“習性”だが、他者を批判することはお構いなしである。

2021年5月26日、菅総理が意見交換などのため各大臣と昼食をともにしていることについて、
《あり得ない。コロナの国難にある中に、総理が日中に暇があるとは。無能だから暇だというほかはない》とツイートし、一国の総理を無能呼ばわり。

6月16日には自身の性格などについて、
《『国民の命や生活よりも選挙が大事』、『(国民の命が託されている)憲法なんか無視していい』という人格破綻者としか思えない安倍総理や菅総理と闘っているから人格が変わっているように見えるのでしょうか。。悩?》とツイート。

2018年7月7日には、
《オウム真理教では教祖が唱える荒唐無稽な教義に洗脳されたエリートらが大量殺人を犯した。
今の日本は、安倍総理が唱える「昭和47年見解の中に9条の基本論理が書かれている」という荒唐無稽な虚偽を各層エリートらが黙殺し、国民を戦争に巻き込もうとしている。
皆で、安倍真理教を打破しなければ》とツイートし、大炎上。

名誉を毀損しているのは、どうみても小西氏だろう。「国会のクイズ王」の異名を持つ小西氏は2013年3月、国会で安倍総理に次のように問いかけ、大恥をかいたこともある。
小西 高橋カズヒロさんという憲法学者をご存じですか?
安倍 存じ上げておりません。
小西 憲法を学ぶ学生なら、誰でも知っている学者ですよ!

高橋カズヒロなる学者は存在していなかった……。後日、小西氏は《高橋和之先生の名前を読み間違えたのは、直前に安倍総理が憲法学の第一人者である芦部信喜先生を「存じ上げておりません」と言ったのに驚愕したからです》と言い訳をしている。

立憲民主党議員の“体質”にうんざり

憲法51条は「両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない」と規定し、議員に対し免責特権を与えている。だから、院内の演説や質疑のなかでどのような発言をしても、名誉毀損などに問われることはない。

しかし、これは院内での発言などに対するもので、議会活動の一環とは言えないツイッターなどでの発言は当然のことだが、一般人と同じ“常識”が求められる。その常識すらかなぐり捨て、一国の総理を「無能」「人格破綻者」と罵っているのだ。

こうした傾向があるのは小西氏だけではない。

立憲民主党の石垣のりこ参議院議員は、安倍総理が健康上の問題で辞職せざるを得なかった際、《「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」を総理総裁に担ぎ続けた自民党の「選任責任」は厳しく問われるべきです》とツイートしている。

「言っていいことなのか悪いことなのか」という幼児レベルの常識が欠如している。これ以上、ツイートを紹介することは止めるが、立憲民主党を中心とした野党議員のツイートには、相手に対する敬意などを決定的に欠いたものが多く、常に“上から目線”で批判するだけだ。

「モリカケ桜」を激しく追及してきた立憲民主党の辻元清美氏、黒岩宇洋氏、今井雅人氏、川内博史氏は今回の衆院選挙で落選。国民が立憲民主党議員の“体質”にうんざりしているからだ。「自民によるネット工作だ!」とキャンキャン吠える前に、わが身を振り返るのが先決だ。

(初出:月刊『Hanada』2022年1月号)

関連する投稿


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。