岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


総額2兆7千億円の大キャンペーン

昨年10月、交流のある自動車販売会社の社長さんのもとを訪問した。その時に真っ先にかけられた言葉が「和田さん、GoToトラベルをやってくれて有難う」というものであった。

私は「え?社長のところ旅館経営してましたか?」と聞き返したところ、「いやいや違うんです。GoToトラベルのおかげで地域経済が回りだし、車が飛ぶように売れてます」という答えであった。

実際にトヨタとホンダの自動車生産台数は昨年9月は過去最高となり、その後もトヨタは3カ月連続で過去最高となった。直接的に消費につながる「真水」を経済対策で投入すればこれだけの効果があるという実証である。

そして、「GoToトラベル」の予算額1兆3千億円は昨年度末を待たずに使い切ってしまう可能性があったことから、昨年度3次補正予算でさらに1兆4千億を積み増すこととなった。経済への好影響から、何と当初予算額と同規模を積み増し、総額2兆7千億円のキャンペーンとなったのである。

皆さんはお気づきだろうか。
「GoToトラベル」は旅行・宿泊代金の半額キャッシュバック。すなわち、残りの2兆7千億円は皆様のお財布から出していただいているのである。

つまり、5兆4千億円という巨大な「真水」が地域経済に投入されるわけで、日本のGDPの規模は約550兆円であるので、直接的に約1%のGDP押し上げ効果があり、そこからの波及効果を考えれば、2%以上のGDP押し上げ効果があるという試算もある。これだけの施策を打てば、経済を支えられるわけであり、その後の反転攻勢にもつながるのだ。

国民のため、日本経済のために決断を!

Getty logo

しかしながら、今回の補正予算においては、「GoToトラベル」の予算額は、執行残額がまだ約1兆円あるということで、その実施にかかる費用が積み増されただけで、実質的な増額にならなかった。

また、割引率も旅行・宿泊代金においては30%に下げられ、地域共通クーポン券も最大で3000円となる。そして再開時期についても、まず同一都道府県内の旅行について各都道府県が行う「県民割」、その後、対象地域を隣県や地域ブロックに広げたうえで、最終的に「GoToトラベル」の再開時期を判断するというものである。

これだけ経済への直接的な効果が上がるキャンペーンをなぜ思い切って実行できないのか。

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっているキャンペーンを速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。

「GoToトラベル」が再開されれば予算はかなりのスピードで使われてしまうはずだ。それは経済が潤うということであるから喜ばしいことであり、その際には絶対に予算を積み増ししなければならない。予備費の活用であったり新たな補正予算であったり、いくらでも方法がある。

日本経済の再生のために、私は引き続き「GoToトラベル」の早期再開と予算積み増しを主張し、実現していきたい。

関連する投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

岸田内閣の支持率低下、何が原因となっているのか。メディアは、旧統一教会問題が足を引っ張っていると言うが、皆様から強く聞く声は、「岸田内閣は実績が見えない」「決断が遅い」というものである――。


沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

再選直後、玉城デニー氏は次のように述べている。「沖縄の未来を描いていくため、基地問題の解決を図っていくこと。私はこれまでもこれからも1ミリもぶれない」。「今回は辺野古の新基地建設が大きな争点だった」とも語っているが、辺野古移設や基地問題は沖縄県民の第一の関心ではなかった――。(サムネイルは玉城デニー氏のTwitterより)


オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。そんななか、銃弾や砲弾を作るための機器類が日々、オークションにかけられている……。山上徹也容疑者のように一人静かに自宅で銃弾や砲弾等の爆発物を作っている人物がどこかにいる可能性は否めない。


玉城デニー氏の公約達成率はわずか2.7%!|和田政宗

玉城デニー氏の公約達成率はわずか2.7%!|和田政宗

玉城デニー候補は、選挙の法定ビラに「公約の実現率98.6%」と記載しているが、これに対しては沖縄タイムスからも「不正確」だと追及された。また、玉城候補はSNSなどで、「相手候補は沖縄を潰しにかかっている」と攻撃しているが、抽象的な論争でなく、政策議論をすべきではないか。


最新の投稿


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。