岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


真水30兆円はギリギリの最低ライン

新型コロナ禍からの経済の反転攻勢のために、岸田政権下で新たな経済対策である「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」が決定され、11月26日に補正予算案が閣議決定された。

しかしながら、まだまだ経済の先が見えないなか、GDPを直接増やす効果のある財政出動の「真水」は約30兆円に留まった。最新の四半期GDPの低迷、いまだデフレ状態であること、GDPギャップ35兆円を考えても、こうした時こそ50兆円規模の思い切った「真水」を打つ必要があったと考えるが、30兆円はギリギリの最低ラインと言える。

私は補正予算編成にあたり、直接的に経済活動やGDPを押し上げる効果の高い「GoToトラベルキャンペーン」への予算の積み増しを行い、早期再開をするべきだと党内で主張したが、政権中枢は慎重な姿勢を崩さず、結局予算の積み増しはほとんど行われなかった。

実は、「GoToトラベル」は昨年、私が観光担当の国土交通大臣政務官であった時に、観光庁の職員とともに立案と制度設計にあたった。新型コロナで深刻な経営状態となった観光・宿泊事業者を支えるため、旅行・宿泊代金の割引支援を中心とする施策である。

これは過去に、熊本地震からの観光・宿泊事業者の復興のために行われた「九州ふっこう割」や台風災害からの復興のための「令和元年ふっこう割」などを参考にして立案したものだ。

そして、これまでの「ふっこう割」は、最大の予算規模でも「九州ふっこう割」の約180億円であったが、「GoToトラベル」は、当初4000億円規模で立案するという、観光庁としてこれまでにない大型キャンペーンとなった。

政権中枢が財務当局を説得!

Getty logo

旅行・宿泊代金を最大で50%キャッシュバックする。多くの人に旅行に行ってもらうことによって、地域の基幹産業である観光需要の回復を促し、地域経済の回復と反転攻勢につなげようという狙いがあった。

「GoToトラベルは観光・宿泊事業者だけを助けるのか?」との指摘もあったが、1つの旅館やホテルには約200の取引業者があり、宿泊事業者を支えることは地域経済を支えることなのである。

そして、地域経済の回復のために、「GoToトラベル」の制度設計にあたっては新たな視点を導入した。それは、旅行先のお土産物店や飲食店などで使える「地域共通クーポン券」の導入である。単に旅行・宿泊代金を最大50%割り引くだけであれば、地域経済に効果があるとはいえ、宿泊事業者関連からの広がりは限定的になるかもしれない。

そこで考え出したのが、直接的に観光地の他の事業者にもお金が入る仕組みだ。旅行・宿泊代金は最大35%の割引率とし、残り15%を「地域共通クーポン券」とした。地域の観光関連産業全体を一括で支える仕組みとしたのである。

こうした制度設計を行っている最中に驚愕の出来事が続いた。

途中経過を政権中枢に説明に行くたびにその予算規模が増えていったのである。これは当時の菅義偉官房長官の考えが大きいが、新型コロナ禍の苦境を脱するため、より大きな効果を出すためには4000億円の倍額の8000億円位の規模は予算額として確保しなくてはならないというものであった。

最終的に政権中枢が財務当局を説得し、総予算額1兆3千億円という未曽有の大キャンペーンとなったのである。

関連する投稿


「失望した」との声も! 異次元にならなかった少子化対策|和田政宗

「失望した」との声も! 異次元にならなかった少子化対策|和田政宗

異次元の少子化対策を実現するための「こども未来戦略方針」案が政府より示された。今回の戦略方針案がこのまま決定されるということになれば、3年後には再び「異次元の少子化対策」を策定することになろう。その時はもう「異次元」と用語は使えないだろうから、「宇宙次元」とでも言うのだろうか。


林外相に問う!  エマニュエル大使の「LGBT関連発言」は内政干渉ではないのか|和田政宗

林外相に問う! エマニュエル大使の「LGBT関連発言」は内政干渉ではないのか|和田政宗

我が国における法整備は、我が国の国民や国民から信託を受けた国会議員が決めることであり、外国から何かを言われて進めるものではない!(サムネイルは「アメリカ大使館・領事館 US Embassy Tokyo & Consulates in Japan」チャンネルより)


LGBT法案、女性を守るためにも徹底的に議論を!|和田政宗

LGBT法案、女性を守るためにも徹底的に議論を!|和田政宗

「G7の中で日本だけ、LGBTの方々に対する差別禁止の法律がない」との主張を展開する方がいたが、衆院法制局によって「(G7の)いずれの国にも、性的指向・性自認に特化して差別禁止を定める法律はない」ということが明らかになった――。(サムネイルはエマニュエル駐日米国大使Twitterより)


NHK受信料や電気代を「自腹」で支払う自衛隊員の悲哀|小笠原理恵

NHK受信料や電気代を「自腹」で支払う自衛隊員の悲哀|小笠原理恵

自衛官候補生採用案内には「入隊後は宿舎での生活となります。居住費はかかりません」と書かれているが、果たして本当なのか。電気ポットや冷蔵庫の電気代だけではなく、テレビがないのにNHKの受信料も徴収されていた――。


日本はいま最大の危機にある|岩田清文

日本はいま最大の危機にある|岩田清文

「台湾有事は日本有事」……安倍総理の警告が、いまや現実化しつつある。 いま、日本になにができるのか。陸自トップだった岩田清文氏の新刊『中国を封じ込めよ!』から「はじめに」を全文公開!


最新の投稿


【読書亡羊】『土偶を読む』騒動を知っていますか 縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)

【読書亡羊】『土偶を読む』騒動を知っていますか 縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【埼玉県川口市 クルドの現場を行く②】地元住民の苦悩|西牟田靖

【埼玉県川口市 クルドの現場を行く②】地元住民の苦悩|西牟田靖

入管法改正案についての報道が相次いでいる。そのトーンは反対一色。難民を認定しない日本政府や入管は悪、翻弄される外国人は善――という非常に単純化された報道ばかり。その一方、不良外国人の迷惑・犯罪行為に困る地元住民の声はほぼ封殺されたままだ。


原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

柏崎刈羽原発で東電の社長を厳しく追及し、社員のやる気をなくさせているのが現在の原子力規制委の山中伸介委員長。電力事業者の取り組みがうまくいかないのは、規制委の采配が下手だからだ。我が国でも米国のように、規制委の抜本的改革が必要である。


広島サミット成功と浮かれていいのか|田久保忠衛

広島サミット成功と浮かれていいのか|田久保忠衛

お祭り騒ぎや日本式のおもてなしではどうにも片付かない冷厳な現実が待ち受けている。己を知らない国に救いはない。


動くか拉致問題、北が協議提案に即反応|西岡力

動くか拉致問題、北が協議提案に即反応|西岡力

水面下での秘密協議がすでに始まっているか、近く始まる可能性が高い。ただし、そこで、合同調査委員会設置案など「全拉致被害者の即時一括帰国」ではないごまかしの提案が出てくる危険性がある。推移を注意深く見守るべき時だ。