朝日新聞記者が福島でデマ拡散|上念司

朝日新聞記者が福島でデマ拡散|上念司

朝日新聞に問う!一体、いつまで続けるつもりだろうか? 福島は10年前とは全然違う。着実に復興している。ところが、朝日新聞は自分たちに都合のいいように事実を捻じ曲げ、いまだにデマを訂正せず、むしろ拡散し続けている。


悲劇の真相

最後に、この記事のヘッドラインにある「双葉病院で50人死亡」の件をファクトチェックしておこう。この件についての事実関係は森功氏の著作、『なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか――見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間』(講談社)に詳しく書かれている。  

まず、事実を確認しておくと、実際に双葉病院で亡くなった方は4人だ。それ以外の方は、搬送先で22人、さらに16日以降に24人が亡くなった。たしかに合計では50人亡くなっている。  

しかし、小手川記者の言うように「自衛隊や警察が放射性物質に阻まれて救出活動ができず、約50人が衰弱して亡くなった」わけではない。多くが病院から救出されたが、その後に亡くなった。しかも、その死因は放射能によるものではない。亡くなった原因は、救助の初動の遅れとその後の過剰避難である。  

そもそも、双葉病院は浜通り最大級の医療施設であり、介護施設も運営していた。被災した時点で双葉病院に338人、介護施設ドーヴィル双葉に98人の合計436人が入院、入所していたことが分かっている。  

震災の翌日(3月12日)に、バス5台で双葉病院の入院患者209人と病院スタッフ64人が避難した。これが大問題だった。なぜなら、病院にはバスで避難することが困難な重症患者が129人も残されたからだ。双葉病院の重症患者129人とドーヴィル双葉に残った入所者98人を、次のバスが迎えに来るまで、残った鈴木院長と数名のスタッフが面倒を見ることになってしまったのだ。  

最初の避難から2日経った3月14日、やっと次のバスが来た。このバスでドーヴィル双葉98人、双葉病院34人の合計132人が避難したが、それでもまだ95人が取り残される。そして悲劇が起こった。この混乱のなかで4名の患者が亡くなったのだ。  

もちろん、その死因が放射能でないことは明らかだろう。129人の重症患者と98人の介護施設入所者を、数名のスタッフで約2日間もケアするのは不可能である。  

その後、バスは毎日やってきて、15日に55人、16日に36人が搬送され避難は完了した。しかし前述のとおり、搬送先の病院で22人、16日以降に24人が死亡した。もちろん、この死因も放射能によるものではない。

事実関係が逆さま

しかも、この問題は小手川記者個人の問題に留まらない。朝日は双葉病院に関するミスリード記事を未だに読める状態で掲載し続けている。

〈福島第一原発の半径20キロ圏内にあり、避難指示を受けた双葉病院(福島県大熊町)から運ばれた患者が相次いで死亡した問題で、病院関係者が搬送時に付き添っていなかったことがわかった。福島県が17日に発表した。 県によると、同病院には338人が入院し、うち146人は寝たきりや病状が重い患者だった。14日午前11時すぎに同原発3号機が爆発したのに伴い、陸上自衛隊などは1415の両日に患者を3回に分けて救出した。 陸自が14日に救出した時は、病院には病院長のほか職員が数人いた。しかし避難所までは付き添わず、15日の午前と午後に計55人を搬送した際も病院関係者の付き添いはなかったという。県によると、移動時に患者の病状が確認できない状態で、搬送中や搬送後に計21人が亡くなったという。 県が15日深夜に病院長と連絡を取ったところ、「第一原発が爆発したので、川内村で自衛隊を待っていた」などと説明したという。県の担当者は「付き添うべきだった」と話している〉(患者避難、医師ら付き添わず 21人死亡の双葉病院)(http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103170566.html)  

事実関係が逆さまだ。病院関係者が避難先まで付き添ったために、残された患者と入所者約200人を数名のスタッフでケアせざるを得なくなって悲劇が起きた。後年、何度も検証され明らかになっている事実関係に基づき、なぜこの記事を訂正しないのか。これは悪意の問題というより、むしろ大手メディアとしての驕りではないだろうか。朝日新聞にとって、こんな小さな話はどうでもいいという感覚なのかもしれない。  

さらに、この記事には興味深い点がある。 「14日午前11時すぎに同原発3号機が爆発したのに伴い、陸上自衛隊などは1415の両日に患者を3回に分けて救出した」としっかり書かれているが、この部分は冒頭紹介した小手川記者の「自衛隊や警察が放射性物質に阻まれて救出活動ができず」というツイートを完全否定している。  

小手川記者は、最低限自社の記事すら調べずに記事を書いたのだろうか? そうでもない限り、こんな変なストーリーありきのツイートと記事は書けないのではないか。ますます疑惑が深まった。

関連する投稿


朝日新聞による“衝撃”の世論調査|和田政宗

朝日新聞による“衝撃”の世論調査|和田政宗

「反自民」の傾向が出やすい朝日新聞の世論調査。《自民過半数大幅超「よかった」47%》《「野党に期待できず」65%》という今回の世論調査は、野党や野党支援者はもちろん、朝日新聞にとっても衝撃的な数字だったのではないだろうか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が2021衆院選を徹底分析!


なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

「原発事故と福島」は情報戦である。「正しい情報を発信すればわかってくれる」という相手の善意を基本とした風評対策では、中国や韓国の悪意あるプロパガンダには太刀打ちできない。国と県が連携して、相手国内において積極的なロビー活動やPR活動を展開すべきである。


朝日に問う!高校球児の“健康を「賭け」の対象”にするのはいいのか|花田紀凱

朝日に問う!高校球児の“健康を「賭け」の対象”にするのはいいのか|花田紀凱

いよいよ甲子園が始まった。しかし、すでに選手のなかから陽性者が……。散々、東京五輪を感染拡大の原因になると批判していた朝日。五輪はやめろ、自社主催の高校野球はOK――ダブルスタンダードも甚だしい朝日の社説にちょっと小細工してみると……。


「2021年9月号」新聞広告大公開!

「2021年9月号」新聞広告大公開!

スポンサー以外、東京五輪を応援してはいけない?3社とも「弊誌は東京五輪を応援します!」というキャッチコピーがNGに…。何に変更したのか、ぜひご覧ください。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


最新の投稿


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!