朝日新聞記者が福島でデマ拡散|上念司

朝日新聞記者が福島でデマ拡散|上念司

朝日新聞に問う!一体、いつまで続けるつもりだろうか? 福島は10年前とは全然違う。着実に復興している。ところが、朝日新聞は自分たちに都合のいいように事実を捻じ曲げ、いまだにデマを訂正せず、むしろ拡散し続けている。


そもそも、双葉病院は精神科の入院患者が多く、受け入れ先の確保が難しいことなど特殊要因もあった。混乱のなかで、自衛隊・警察等による救出活動はどの医療機関、福祉施設においても十分だと言える状況にはなかった。にもかかわらず、そういった状況判断に不可欠な基礎事実に全く触れないこの論理は、極めて一面的かつ事実誤認にもとづいた記述と言わざるをえない。  

小手川記者は「約50人が衰弱して亡くなった」ことを「原発事故」という大きく曖昧な主語に委ねながら、誤った事実を提示している。しかし、「約50人が衰弱して亡くなった」のは、インフラが正常に使えなくなり人手も不足するなかで、重症者中心に体調が急激に悪化したことに加え、「原発事故後の混乱のなかでなされた過剰避難」が原因である。  

とりわけ、3・11後の福島で過剰避難こそが最も人命を奪ったことは、10年経ったいま、むしろ明確になっている。たとえば、福島県では地震・津波で1600人ほどが亡くなった一方、避難の過程・長期化によって亡くなった「震災関連死」は2300人を越えている。  

さらに言えば、その過剰避難を生み出した一因は、根拠も不明確なままに過剰に放射能忌避を煽り立てた朝日新聞を含むメディアの側にある。たとえば、『AERA』(朝日新聞出版) 2011年3月28日号『放射能がくる』などはその典型だろう。3月11日から二週間と経たないうちに、被災者が目にしたら当然恐怖心を感じ、避難等の行動をとるような情報を流していたのは明白だ。  

原発事故後1カ月以上経ってから全村避難することになった飯舘村では、被曝のリスクより避難のリスクが高いと判断し、高齢者施設にいる住民を避難させず、実際に避難による死者を出さなかった。長時間の移動のストレスや、見知らぬ避難先での生活環境などがお年寄りの負担となり、リスクを高めることは明らかだ、と現場の介護従事者も指摘している(https://helpmanjapan.com/article/2679)。これが事実だ。  

もちろん、これは小手川記者が入社する前の話であり、その責任を彼に押し付けるのはさすがに酷だと思う。しかし、小手川記者がもし「人殺し」を追及し糾弾したいのであれば、朝日新聞の先輩記者たちを取材したほうがいい。取材対象が完全に間違っている。

「防護服」で印象操作

次に、小手川記者が執筆し、ツイートで引用した2月17日付の朝日新聞記事「双葉病院、50人はなぜ死んだ 避難の惨劇と誤報の悲劇(Web版)」(https://www.asahi.com/articles/ASP2J01WMP2FUTIL00V.html)についてもファクトチェックしておこう。  

まず、この記事の冒頭で公開されている1分28秒の動画「取材の前に防護服を身にまとう」についてだ。この動画は「事実と違った印象を与える」という点で、ファクトチェック的にはアウトである。そもそも、帰還困難区域に入るのに防護服を着る義務はないし、現在ではよほど粉塵が舞うような作業をする人でも防護服を着ることはなくなってきている。一つエビデンスを挙げておこう。この資料はインターネット上で公開されているものだ。 〈令和元年9月5日改訂版 原子力被災者生活支援チーム 「避難指示区域内における活動について」 (https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/hinanshiji/pdf/190905_katudounituite3.pdf)〉  

このなかに、「一時立入りを実施する場合には、スクリーニングを確実に実施し、個人線量管理や長袖・長ズボン又は防護服などの必要な防護装備を着用することが求められます」という記述がある。つまり、長袖・長ズボンなら、それで問題ない。実際、農地の管理で立ち入って泥などが付着する作業をするような人でも、放射性物質のリスクは低くなっていることを知っているから、いちいち「防護服を身にまとう」ことはしない。  

さらに、ここで小手川記者が着ている「防護服」は一般に流通するものとは違った見慣れないもので、防護服として機能するものかもよくわからない。  

あたかも、帰還困難区域に入る人間が全員「防護服」を着るべき状況があるかのように印象操作するために、小手川記者は不必要な防護服で「コスプレ」をしていたと批判されても仕方ないだろう。

小手川記者はまだ「放射能が残っている」ことをアピールしたかったのかもしれないが、それは印象操作という手法であり、ジャーナリストとしては禁じ手だ。入社時の研修で、職業倫理についてのレクチャーはあったのだろうか? 経営の悪化で新人教育が切り捨てられていたとしたら大問題である。

「人の気配はない」と書きたいがために日曜日を狙って取材?

次に、記事の冒頭からして事実に反する点を指摘しておこう。前掲記事にはこのように書かれている。

〈静まりかえった雑木林の先にタイル張り6階建ての建物が現れた。人の気配はない。聞こえるのは身に着けた防護服が擦れる音とマスク下の自分の息づかいだけだ〉  

まず、小手川記者が取材した令和3年1月31日という日付がポイントだ。カレンダーで見ていただければわかるとおり、この日は日曜日だ。当たり前のことだが、土日は復興関係の工事等が大幅に減る。そんなことは地元では皆知っていることで、人の気配がなくなるのは当然だ。  

むしろ、小手川記者は「人の気配はない」と書きたいがために日曜日を狙って取材に行ったのではないか? という疑惑が深まっている。 「モリカケ」問題などでも、朝日新聞のロジックによれば、疑惑は持たれた側が潔白を証明しなければならないそうだ。だとしたら、小手川記者はわざと日曜日に取材したわけではないことを丁寧に説明する責任があるだろう。それができないなら、小手川記者の記事は、背景の説明がないなかで、「絶対的に終わった土地」であるかのような印象を与える部分を恣意的に切り取った表現ということになる。  

なお、事実を言うと、これまで避難指示が出された地域において、ピーク時には2万人規模が働いてきた経緯がある。それは主に除染事業によるものだが、それが落ち着いてきた現在も、家屋解体等の環境再生のための工事は続いているため、帰還困難区域だからといって人の気配がないということはない。  

実際に私も昨年12月22日(火曜日)に現地を視察して回ったが、至る所で工事が行われていた。夕方5時ごろに早めの夕食をとるために居酒屋に立ち寄ったが、5時の開店前にはちょっとした行列ができるほど盛況で、その客のほとんどが作業服だった。おそらく復興関係の土木、建築関係の人だったと思われる。

関連する投稿


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


朝日新聞社説が象徴する五輪反対思考の危うさ|小林信也

朝日新聞社説が象徴する五輪反対思考の危うさ|小林信也

組織委が懸命に準備を重ねる安全対策に目を向けず、不安を盾に中止を叫ぶ全体論こそ危険ではないだろうか。詳しい情報も得ず、精査もせず、不安や怒りから反対を叫ぶ世論こそ、そしてそんな世論を煽る意図的なメディアこそ危うい。この矛先が東京五輪でなく、軍拡や戦争容認であったらと思うと背筋が凍りつく。


河野談話を今すぐ破棄せよ!|山岡鉄秀

河野談話を今すぐ破棄せよ!|山岡鉄秀

軍や官憲による強制連行を裏付ける資料は一切見つかっていない。にもかかわらず、なぜ日本政府は河野談話を「継承」し続けるのか。「慰安婦=性奴隷」という歴史の捏造を放置すれば、日本は歴史問題で惨めな敗北を続けるだろう。オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した山岡鉄秀氏が加藤勝信官房長官に物申す!


朝日新聞5000万円恫喝訴訟、私は負けない|小川榮太郎 花田紀凱

朝日新聞5000万円恫喝訴訟、私は負けない|小川榮太郎 花田紀凱

《小川榮太郎氏の著書『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の記述は事実に反し名誉毀損にあたるとして、朝日新聞社が小川氏と出版元の「飛鳥新社」を訴えていた裁判で、東京地裁は3月10日、朝日新聞社の主張をほぼ認め、小川氏と飛鳥新社に連帯して200万円の損害賠償を支払うよう命じる判決を言い渡しました》(朝日新聞)。主張が「ほぼ認められた」にもかかわらず、朝日も判決を不服として控訴。なぜ朝日は言論で闘わないのか。朝日による恫喝訴訟を許してはならない!


森喜朗氏“集団リンチ事件”と朝日新聞|門田隆将

森喜朗氏“集団リンチ事件”と朝日新聞|門田隆将

朝日をはじめとするマスコミの常軌を逸した森喜朗氏への“集団リンチ”。 朝日の手の内を知り尽くした筆者が、その裏に隠された真の目的を暴く!


最新の投稿


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


中国経済「死に至る病」(上)

中国経済「死に至る病」(上)

中国経済は本当にV字回復しているのか?経済成長の内実を示すいくつかの数字を詳細に分析することで判明した中国経済の実像と不治の病。


被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

近代文明は、常に明るい未来を強迫観念的に展望し、過ぎ去った悲惨も犠牲となった死者も忘却へ押しやろうとしてきた。だが、一人一人のこころのうちから惨禍や死者の記憶を消すことはできない。


東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

「オリンピック出て行け」などと叫んでいる人たちを見ると、まるで鎖国していたころの尊皇攘夷派と一緒だという気がしてならない。 コロナ禍のいまだからこそ、人間の限界に挑戦する選手の活躍から勇気をもらうことが「夢の力」につながる。  


立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!