「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


「汚染魚」はNGだが「汚染水」はOK

日本共産党の元福山市議・村井あけみ氏のポスト

「高島屋に行ける方は、ごくわずかの方たちです。どうぞ、もっとしっかり汚染魚を食べて、10年後の健康状態をお知らせください」

これは日本共産党の元福山市議で次期衆院選において広島6区から党公認での候補者として発表されていた村井明美氏のX(旧ツイッター)での9月7日の投稿である。

同党の小池晃書記局長は9月11日の記者会見で、「汚染魚」という表現を問題視し、村井氏の公認取り消しを発表した。

「日本近海の魚が放射性物質によって汚染されているということは、わが党の認識と見解に反する。党書記局として、ツイートを削除し、謝罪するよう本人に指示した」と小池氏は述べた。

だが同時に同党が使い続けている「汚染水」という言葉については 「汚染水、あるいはアルプス処理水という言い方を私たちはしています。汚染水という言葉を使ってはいけないかのような議論にわれわれはくみするものではありません。汚染水って言い方自体もきちんと科学的だと思います」と、これからも「汚染水」と言い続けることを宣言した。

「汚染魚」はNGだが「汚染水」はOKだというのだが、これほど矛盾した話はない。「汚染水」を泳いだ魚は汚染されないとでもいうのだろうか。魚を汚染させないような水なら、何の問題もない普通の水ではないか。

それでも共産党が「汚染水」と呼び続けるのは、海洋放出を自民党政権や東京電力の〝失点〟にして攻撃したいだけのことである。その反面「汚染魚はいない」と言うのは、漁業関係者の票が欲しいからだろう。

小池氏は「科学的だ」と強弁するが、科学とは無縁の政治的な意図をもった言辞を弄し、漁業者が一番心配している風評を広げているのが共産党だ。

暴言投稿でも明らかとなった歪んだ階級意識

村井氏の暴言投稿をさらに深掘りしてみよう。

この投稿は、ALPS処理水の海洋放出に反発した中国が日本産水産物の輸入を全面的に停止したことに対し、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が「安全でおいしい日本のお魚をたくさん食べて中国に勝ちましょう」とXに投稿したことへの村井氏の反論だった。櫻井氏は7日の投稿で、櫻井氏に共感した友人の金美齢氏が『高島屋で新鮮な魚を買ってきたわよ』と話してくれたことを「嬉しいですね」と書き込んでいたが、村井氏はこのエピソードに反発したのだ。

もちろん、高島屋に汚染された魚が売られているはずもなく、その上、裕福な人しか来店しないかのような言い方は、古参の共産党員である村井氏の歪んだ階級意識が生んだひがみ根性の表れでしかない。庶民の味方アピールをしたかったのかもしれないが、高島屋にとってはとんだとばっちりで、業務妨害にもなる信用棄損である。

小池氏は村井暴言のこの部分に何も触れず、高島屋への謝罪もなかった。西武百貨店の従業員のストライキに連帯を表明した共産党だが、高島屋の営業や従業員の生活のどうでもいいのだろうか。

関連する投稿


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


役に立たない日本学術会議は要らない|奈良林直

役に立たない日本学術会議は要らない|奈良林直

新会長に選ばれた光石衛(まもる)・東京大学名誉教授(機械工学)は、菅義偉前首相が任命を拒否した6人について「改めて任命を求めていく」と語っており、左翼イデオロギーによる学術会議支配が今も続いていることが分かる。


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

福島第一原子力発電所の処理水放出を開始した途端、喧しく反対する中国。日本はどのように国際社会に訴えるべきか。


志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

誤りを一切認めない独善的体質は党史『日本共産党の百年』の編纂でもいかんなく発揮された!志位委員長による歴史の偽造を元党員で『日本共産党 暗黒の百年史』の著者・松崎いたる氏が指弾する。ここが変だよ日本共産党第7弾!


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!