韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

なぜ韓国は「反日プロパガンダ」から卒業できないのか。韓国のプロパガンダの元になっているのは、日本の朝鮮統治が「植民地支配」「侵略」であったというものだが、当時の日本の統治は、「植民地支配」とも「侵略」とも言えないのである――。


旧朝鮮半島出身労働者問題は韓国の国内問題

韓国における「旧朝鮮半島出身労働者」訴訟で賠償が命じられた日本企業の韓国内資産売却の可否について、韓国主要メディアは8月19日、「遅くとも8月中に韓国最高裁の決定が出る見通し」と伝えた。

日本政府は、資産が売却された場合には報復措置を取る構えである。そもそもこの問題は日韓請求権協定によって国際法上二国間では完全に解決している問題であり、韓国が旧朝鮮半島出身者に何らかの支払いを行うとしてもすべては韓国国内の問題だ。

現在の尹錫悦政権は、韓国国内で解決する方策も模索しているが、歴代韓国政権は支持率が低落すると「反日」姿勢を強めることから、国際法上解決している問題を韓国側が蒸し返しているということを我々はしっかりと認識し、国際社会に主張していかなくてはならない。

日韓請求権協定2条3項には、「一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日[この協定の署名の日]以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする」と明示されている。

これに対し韓国最高裁の判断は、交渉で取り上げなかった問題は日韓請求権協定の対象外だという理解を前提にしているが、「日韓請求権協定は、交渉で取り上げた問題も取り上げなかった問題も含め、韓国・韓国人と日本・日本人との間の請求権の問題をすべて包括的に解決したと解するのが自然である」(和仁健太郎・大阪大学大学院教授ほか)というのが国際法の専門家の通常の解釈である。

だからこそ韓国現政権は国内での収拾策を模索しているわけだが、これができないとなると、今度は「日本が悪い」と日本への攻撃を強める恐れがあることを、我々は過去の韓国政権の歴史から警戒しておかなくてはならない。

「旭日旗=戦争犯罪」という嘘

パリ・サンジェルマンが削除した、旭日旗を使用した広報映像

韓国による反日プロパガンダは、世界に浸透している。サッカーのフランス1部、パリ・サンジェルマン(PSG)は、今年7月の日本ツアー向けに、旭日旗を使用した広報映像を制作したが、韓国のネットユーザーに加え、韓国在住フランス人タレントのファビアン氏から指摘され、PSGはその後、旭日旗が写っている部分を削除した。

ファビアン氏は韓国側に立った主張を行う「大韓外国人」として韓国で支持されており、「旭日旗=戦争犯罪」との認識に立っている。

旭日旗は、現在も陸上自衛隊、海上自衛隊の旗のみならず、朝日新聞社の社旗にも使われており、戦前戦中も含め使用に全く問題はないわけだし、政府も同様の見解である。

私は平成29(2017)年5月11日の参院内閣委員会で、その年の4月に韓国で行われたサッカー・アジアチャンピオンズリーグで、サポーターが旭日旗を掲げたJ1の川崎に対し、アジアサッカー連盟が旭日旗は差別的だとして処分を下したことに関連し、旭日旗についての政府の見解を質した。

政府の答弁は、「旭日旗の意匠は太陽をかたどっており、使用実態としては、例えば大漁旗や出産、節句の祝い旗等、日本国内で現在まで広く使用されてきたものであり、何ら差別的なものではないと認識をしております」というものであった。

こうした事実に基づく見解をもっと世界に広めていかなければ、今回のPSGが旭日旗の映像を削除したように、韓国側の主張が正しいとされてしまう。

韓国系団体が反日プロパガンダを繰り広げていたオーストラリアにおいては、国立戦争記念館の第二次世界大戦展示室入口で、旭日旗が照明器具によって床面に投影され、来館者がその旭日旗の映像を土足で踏んで展示室内に入るという状況を平成25年9月に私は現地で確認し、駐豪日本大使館を通じてオーストラリア政府に抗議し撤回を求めた。

これに対し、オーストラリア政府は当該装置を約1か月後に撤去し、「恒久的な撤去とする」との回答があった。どういう作用があり設置されたのかは不明であったが、私が正しい事実に基づき抗議したところ撤回されたのである。

関連する投稿


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


「異次元の少子化対策」増税ではなく国債で!|和田政宗

「異次元の少子化対策」増税ではなく国債で!|和田政宗

岸田総理は「異次元の少子化対策」を年頭会見で打ち出したが、自民党税制調査会幹部が「将来の消費税も含め、地に足をつけた議論をしなければならない」とテレビ番組で述べたことから、不満の声が国民から上がっている――。


朝鮮半島に局地戦と大飢饉の暗い影|西岡力

朝鮮半島に局地戦と大飢饉の暗い影|西岡力

朝鮮半島で再び軍事的緊張が高まっている。今回は尹錫悦韓国大統領が一戦辞さずの覚悟を示している。関係者は、北朝鮮が今年中に南北境界線近くの延坪島などで局地戦を仕掛ける危険があると述べた。


「消費税大増税」の本心を露呈した岸田首相|山口敬之【WEB連載第22回】

「消費税大増税」の本心を露呈した岸田首相|山口敬之【WEB連載第22回】

岸田政権の「実績」は大半が「言うだけ」「検討するだけ」だが、岸田首相が「消費税大増税」にありとあらゆる手段を講じて邁進する腹づもりであることが年頭記者会見で露呈した――。(サムネイルは首相官邸HP)


最新の投稿


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

1月20日、三浦瑠麗氏は「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です。私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です」とコメントを発表。本当に「まったく」「関与」していないのか? (サムネイルは「三浦瑠麗チャンネル」より)


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。