朝日新聞記者が福島でデマ拡散|上念司

朝日新聞記者が福島でデマ拡散|上念司

朝日新聞に問う!一体、いつまで続けるつもりだろうか? 福島は10年前とは全然違う。着実に復興している。ところが、朝日新聞は自分たちに都合のいいように事実を捻じ曲げ、いまだにデマを訂正せず、むしろ拡散し続けている。


事実に明確に反する

一体、いつまで続けるつもりだろうか? 福島は10年前とは全然違う。着実に復興している。福島に行けば誰もがその事実に気づくだろう。ところが、朝日新聞は自分たちに都合のいいように事実を捻じ曲げ、いまだにデマを訂正せず、むしろ拡散し続けている。  

その先兵として活動しているのが入社4年目の小手川太朗記者だ。令和3年2月17日、小手川記者は次のような記事を書き、ツイッターで拡散した。小手川記者のツイートは次のようなものだ。 〈かつて「原発事故で死亡者は出ていない」と発言した政治家がいたが、実際は全く違った。原発から4・5キロの双葉病院では、自衛隊や警察が放射性物質に阻まれて救出活動ができず、約50人が衰弱して亡くなった。当時の記憶を訪ね歩きました〉(https://twitter.com/tarokote/status/1362008943900299267)  

まず、このツイートのファクトチェックから始めよう。そもそも、このツイートは明確に事実に反している。「自衛隊や警察が放射性物質に阻まれて救出活動ができず」などという事実は存在しない。実際は「現場の医療者が順次、救出活動を行っているなか、自衛隊の支援も入って患者を搬送し、全員の搬送が15日に完了した」というのが事実だ。  

もう少し正確に事情を説明しよう。福島原発事故についての政府事故調・最終報告書には「12日15時ごろ、陸上自衛隊第十二旅団輸送支援隊は、避難区域内の残留者を避難させるため、オフサイトセンターに向け郡山駐屯地を出発した。しかしながら、同輸送支援隊は、オフサイトセンターを発見できず、かつ、福島第一原発一号機で水素爆発があったことをラジオで知り、郡山に戻った。そのため、双葉病院の患者らの救出は、翌日以降となった」という趣旨の記述がある(https://scienceportal.jst.go.jp/newsflash/20120918_06/)。  

自衛隊はたしかに一回帰っている。しかし、仮に原発の爆発がなく12日に救出作業をしたとしても、双葉病院に自衛隊が至った可能性は基本的にない。なぜなら、県災対本部がオフサイトセンターから「双葉病院などに患者が残留している。県災対本部で対応してほしい」との依頼を受けたのは13日午前、県災対本部に派遣されていた陸上自衛隊リエゾンに救助・搬送要請を行ったのは同日午後1時だからだ。もちろん、自衛隊はこの要請に応えて動いている。時系列でみても、論理的にみても「阻まれて」いるわけではないし、救助活動も実際に行われているのだ。  

小手川記者がツイートしたこの話は、当初、福島県が誤った発表(院長らが患者をおいて逃亡したかのような情報を出し、のちに誤りを認めて謝罪した)をしたことに始まる。当時のマスコミはこの発表を検証せず、鵜みにして報道してしまった。この事件はのちに「報道被害」と認定されており、政府事故調なども事の経過を事細かに検証している。  

小手川記者がいくら入社4年目の駆け出しだからといって、この件を知らないとは言わせない。インターネットで検索すれば、事実確認をするための資料等はいくらでも出てくる。それすらも知らなかったというなら、ジャーナリスト失格だ。

小手川記者が執筆した問題の記事(朝日新聞DIGITALより)

過剰に放射能忌避を煽り立てた朝日新聞

(小手川記者のTwitterより)

関連する投稿


「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「接点」「ズブズブ」と連日のように「魔女狩り報道」を行っているメディア。「接点」があって何が問題なのか? 「ズブズブ」の定義とはいったい何か?


韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

なぜ韓国は「反日プロパガンダ」から卒業できないのか。韓国のプロパガンダの元になっているのは、日本の朝鮮統治が「植民地支配」「侵略」であったというものだが、当時の日本の統治は、「植民地支配」とも「侵略」とも言えないのである――。


安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

選挙運動中の人物を銃撃し殺害することが、「民主主義への挑戦」でなくて何であろうか。メディアの安倍元総理の国葬に対する攻撃は、「疑惑が払しょくされていない人物を国葬にして良いのか」などの論であるが、無理矢理その流れを一部メディアが作り出そうとしている――。


朝日はどこまで安倍総理を貶めれば気が済むのか|花田紀凱

朝日はどこまで安倍総理を貶めれば気が済むのか|花田紀凱

安倍総理の死の翌日、安倍総理を批判する記事を掲載した朝日新聞。しかし、朝日の「反安倍」はなまやさしいものではなかった……。


世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

安倍総理が兇弾に斃れたあの日から、安倍総理について思わない日はない。 同時に、いわれなき批判を浴びせ続けた朝日新聞をはじめとする無責任なメディアに腹が立つ。花田編集長、怒りと悲しみの安倍総理追悼文。


最新の投稿


なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「なつやすみ大作戦2022」!


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!