ベルリン慰安婦像でも敗北 河野談話の破壊力|山岡鉄秀

ベルリン慰安婦像でも敗北 河野談話の破壊力|山岡鉄秀

日本外交はなぜ完敗したのか。日本政府の抗議を受けてベルリン市ミッテ区長は「すぐに撤去させる」という方針だったのだが、コリア協議会の圧力に屈し轟沈した。ナチス・ドイツへの反動、声を上げられない日系住民の苦悩、ドイツにいる“反日左翼活動家”、そこには様々な要素が絡み合っているのだが、またもや浮かび上がったのは河野談話の亡霊だった――。


ドイツにいる“反日左翼活動家”

一方、ドイツには反日左翼活動家のような日本人が多く在住している。慰安婦像の除幕式で歓迎のスピーチをした日本人がふたりもいた。これは早速議会で、「像に賛成する日本人もいる」と利用された。
 
しかし、どんな日本人が賛成しているかが問題だ。驚くべきことに、ベルリンには1986年に極左活動家で知られる故小田実氏が設立した「独日平和フォーラム」という団体が未だに存在している。

彼らは韓国反日団体を支援し、コリア協議会のホームページに協力団体としてリストされている。独日平和フォーラムは欧州における反日活動の拠点となり、反日韓国人学者が主導する反靖國活動を支援している。
 
他にも、独日平和フォーラムの共同設立者で「いまになって、従軍慰安婦を否定するような言論を日本政府が発すると、世界に対する日本の信用が没落する。あり得ない」と発言した『週刊金曜日』の執筆者である梶村太一郎氏の奥方が、慰安婦問題担当を務める「ベルリン女の会」という団体もある。
 
この団体は、ブランデンブルク門のような代表的な観光地でわざわざ日本を非難する横断幕を掲げて集会を開いたりしている。どんな思想を持とうと自由だが、はっきり言って恥ずかしい。
 
海外には学生運動崩れのような左翼活動家系の日本人が移住しているケースがままあり、その傾向は北米で顕著だが、欧州ではドイツが際立っている。現地で常軌を逸した反日発言を繰り返すドイツ人を調べてみると、これらの団体のメンバーで、左翼日本人の反日思想をそっくり受けついでいたりする。
 
そのようなドイツ人の発信があまりにも酷いので反論してほしいとの要望が現地邦人からあったので、それらの発信を熟読したうえで、反論文になるような意見書を改めて書いてフォン・ダッセル区長に送った。
 
今回は私がアドバイザーを務める松田政策研究所の松田学代表との連名とし、国会議員からの推薦文をカバーレターとして付けた。山田賢司議員、三谷英弘議員、小熊慎司議員、松川るい議員、池田佳隆議員、長尾敬議員、小野田紀美議員、日独議連に属する7人の国会議員が連名してくれた。

興味のある方はこちらのサイトから参照していただきたい。
https://matsuda-pi.com/report/2020_02.html

英語サイトで村山談話や河野談話を肯定?

対談「戦後70年を語る」村山富市元首相、河野洋平元官房長官 2015年06月09日

対談「戦後70年を語る」村山富市元首相、河野洋平元官房長官 2015年06月09日

関連する投稿


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


【埼玉県川口市 クルドの現場を行く⑤】川口市の混乱は日本の未来か?|西牟田靖

【埼玉県川口市 クルドの現場を行く⑤】川口市の混乱は日本の未来か?|西牟田靖

これまでは、クルド人の人たちが住む一帯や仕事をしている一帯を回り、迷惑・犯罪行為や2世の教育問題について記してきた。最終回である今回は、川口市議会を傍聴、クルドの人たちを受け入れてきた川口市の対応とクルド人の生活実態について記してみたい。


尾崎豊没後31年に想うこと 生き続けることの意味|山岡鉄秀

尾崎豊没後31年に想うこと 生き続けることの意味|山岡鉄秀

尾崎豊がこの世を去ったのは1992年4月25日。尾崎と同い年の私も偏差値に偏重する無味乾燥な管理教育に辟易としていたが、当時の私は、人のバイクを盗んで暴走したり、夜の校舎の窓ガラスを壊して回ったりするのは馬鹿げたことだと思っていた――。(サムネイルはアルバム『ALL TIME BEST』)


国会史上初の答弁! 南京事件「省内に根拠となる文書は存在しない」と林外相|和田政宗

国会史上初の答弁! 南京事件「省内に根拠となる文書は存在しない」と林外相|和田政宗

「日本政府としては、日本軍の南京入城後、非戦闘員の殺害があったことは否定できないと考えている」。この見解の根拠について質問したところ、国会史上初の答弁が出た――。


評価できる新たな謝罪の回避|西岡力

評価できる新たな謝罪の回避|西岡力

尹錫悦韓国大統領が先週訪日した時、私は韓国にいた。韓国のマスコミでは、尹大統領が戦時労働者問題で大きく譲歩したとして、岸田文雄首相が明確な謝罪の言葉を述べるかどうかに注目が集まっていた。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。