【埼玉県川口市 クルドの現場を行く⑤】川口市の混乱は日本の未来か?|西牟田靖

【埼玉県川口市 クルドの現場を行く⑤】川口市の混乱は日本の未来か?|西牟田靖

これまでは、クルド人の人たちが住む一帯や仕事をしている一帯を回り、迷惑・犯罪行為や2世の教育問題について記してきた。最終回である今回は、川口市議会を傍聴、クルドの人たちを受け入れてきた川口市の対応とクルド人の生活実態について記してみたい。


川口市はどんな回答をしたのか

不良外国人による暴走行為や暴力的行為、ゴミの不法投棄やたむろといった迷惑行為がここ数年続発している。そうした問題に対し、川口市役所や警察は対応し切れていない印象を受ける。

この問題について孤軍奮闘で警鐘をならしているのは奥富精一議員である。その彼が6月19日、川口市議会の定例会で「外国人による犯罪・迷惑行為」に関して質問するというので議会を傍聴してみた。

傍聴前に気になっていたのは、「多文化共生の推進」を推進してきた奥ノ木信夫市長の方針と外国人による不法行為に対し警鐘を鳴らす奥富氏の主張が、はたしてかみ合うのかということだ。

というのも奥ノ木市政は、これまで外国人住民の住みやすさに考慮した政策を打ち出す一方、彼らの迷惑・犯罪行為に対して、有効な対策を打ち出してこなかったという印象が強いからだ。

それにこの手の質問は、排外主義やレイシストとして、とかく世の中から非難を浴びやすい難しい問題でもある。それゆえに、非難を恐れた市側が問題の存在自体を認めない可能性も考えられるのだ。

はたして、川口市はどんな回答をしたのか。問題の存在そのものを認めなかったのか。それとも真摯に認め、「解決のために善処する」と約束したのか。

《6月19日午後の川口市議会。その定例会の模様》

仮放免者の就労は禁止なのだが……

一部のトルコ系住民の不法行為の実態とその対処という最も重要なポイントについて尋ねる前に、奥富氏はトルコ系住民の居住実態について質問した。

市側は答えた。「仮放免者全体の居住実態の把握には至っていない状況」だと。

というのも、東京出入国在留管理局が把握している仮放免者の個人情報は、本人の希望によって市への情報提供をとめることができるからだ。約1300人といわれる、トルコ系住民の人口はあくまで、在留資格があり住民登録されている人口、つまりカウントされていないトルコ系住民がかなりいて、その数は不明だということだ。

次の質問は、黙認されている仮放免者の労働、そして、その対価である報酬に課されるはずの税金についてだ。市は回答する。

「仮放免者は、『出入国管理法及び難民認定法』において、就労が禁止されていることもあり、事業主や本人からの課税資料の提出がないことが多く、課税することができていない状況です」

本来、働いてはいけなのに働いている。その上、市民税を払っていないとすれば脱税にあたることになる。こうした状況に対し、市はなにか対策を打つつもりはあるのだろうか。

「所得税法、地方税法において、源泉徴収票や給与支払報告書を故意に提出しなかった場合、1年以下の懲役又は、50万円以下の罰金に処するという規定があります。国は強力な調査権を持ち、不法や違法な行為に対し、厳格な対応を行うことが可能でありますことから、市としても、国税・県税・市町村税の三税協力のもと、緊密な連携を取り、対処して参ります

仮放免者やその雇い主から税金をとるために、川口市は厳格な態度を約束した。

トルコ系住民の主産業である解体関連やレストラン関連の企業のなかには適切に税金を払っていない会社があるはずだ。そうした会社は税に関する調査によって、脱税が発覚するだろう。これを機会に、耳を揃えてしっかり払うべきだ。逃げたり、誤魔化したりする会社があれば、見つけ出し、社会的な制裁を課すべきである。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!