都痴事・小池がもたらす医療崩壊|九段靖之介

都痴事・小池がもたらす医療崩壊|九段靖之介

3月下旬、東京オリンピック・パラリンピック延期が決定されると、急に政治の表舞台に躍り出てきた小池百合子都知事。もちろん次の再選を狙ってのものだ。一見、リーダーシップを発揮しているように見え、「次の総理に」という声まで出ているが、ちょっと待ってほしい。彼女がこの危機に何をやったのか。本誌で政界を斬りまくる舌鋒鋭い匿名ジャーナリストの今月のコラムを特別公開!(2020年6月号より)


「常に友好関係にある隣国」ってどこだ?

2020年の4月号の本欄で、次のように書いた。

《さきごろ二階(俊博・自民党幹事長)は都知事・小池百合子に、「都がストックするマスクや防護服を中国に贈れ」と申し入れた。

小池は計12万着の防護服を中国に贈った。ストックは都民の血税による都の財産だ。それを二人の一存で処分したのなら小池は背任、二階は背任教唆だ。

それより何より、いまや日本は感染症拡大の不安を抱えている。今後、大量のマスクや防護服を必要とする事態が来るかもしれない。なのにそれらのストックを中国に放出するとは、いかにも危機意識に欠け、職責からして無責任ではないか。日本がマスク不足になろうが、大事なのは中国なのか》

これより先、二階は自民党役員会(2月10日)で中国への支援金を提案した。所属議員全員の3月分の歳費から一律5000円を天引きして中国に贈る。これを役員会は決定した。記者会見で二階は言った。

「常に友好関係にある隣国に何かあった場合、支援するのは当然だ」

常に友好関係にある? 今回のウイルス騒ぎの最中でさえ、中国公船や潜水艦が尖閣の領海を平気で侵犯している。政権党の幹事長として知らないはずはない。さすがに一部の自民党議員らが、

「支援金を出す・出さないは各議員の判断によるべきで、天引きなんぞトンデモナイ」

とする意見書を二階に突き付け、二階のバカげた提案はあえなく撤回された。

すでに日本でも日を追って感染者は増え、死者も出始めていた。2003年のSARSといい、2015年に中国が拡大したMARSといい、今回の新型ウイルスといい、つくづく中国は災いを世界に撒き散らす。

迷惑を被っているのはこちら日本だ。なのに迷惑をかける中国に支援金を贈る? 冗談じゃないというのが二階に反対した議員らの思いだったに違いない。

Getty logo

民の血税による都の財産を中国へ

二階にすれば、人も知る親中派の顔を潰された思いだ。だからであろう、これに懲りるどころか、お次は都知事・小池に前述の提案だ。これで中国へも顔が立つ。

一方の小池は7月に都知事選を控える。気がかりは自民党の都連が独自候補を立てるかどうかで、頼りは自民党幹事長・二階だ。

昨年秋、次期候補の人選に迷う都連を横目に、二階は言った。

「小池さんしかいないじゃないか。小池さんに勝てる候補がいるのか」

この発言に都連が猛反発、二階が詫びを入れた経緯がある。とはいえ小池にとって二階は頼みの綱だ。否応なく二階の意向に沿って防護服12万着を中国に献上した。

のちにこの一件を取材した『週刊文春』によれば、二階はアリババ創業者ジャック・マーの依頼を受けて小池に要請し、小池は10万着を二階が名誉理事長をつとめる「日本医療国際化推進機構」を通じてアリババに寄付した。

その後も献上は続き、合計30万着が都から中国へ贈られた。そのうち政府や公的機関からの依頼でないのは二階が小池に要請したケースだけ。防護服やマスクなどのストックは都民の血税による都の財産だ。これを二階と小池、二人の一存で処分した。

それより何より、日本も感染症拡大の不安に晒されている。いずれ大量のマスクや防護服を必要とする事態が来るかもしれない。その危機意識が少しでもあれば、軽々にそれらのストックを他国に譲れないはずだ。

現に危惧された事態が起こっている。目下、日本の感染者は8722人、死者178人。うち東京都の感染者は2595人、死者53人で、いまだピークアウトの時期は見えて来ない(4月15日時点)。

すでに東京都の感染症指定の病院は急増する患者と医療資材の不足から医療崩壊の危機にある。多くの医師から「防護服もマスクも足りない。これで戦争をやれというのか」といった悲痛な声が聞こえて来る。

中には「これ、見て下さい。3D印刷で作ったんです」と手作りのフェースガードを示す院長もいる。飛沫感染する武漢ウイルスを防ぐには必須の防具だ。

こういう医療現場の声を二階や小池はどう聞く? せめて、あの30万着の防護服があればと後悔しないか? 記者会見で訊いてみてくれ。なのに、いまや小池は「いま求められているのは国の決断です」などと暗に安倍を批判してはしゃぎ出した。

某誌のタイトルに「コロナ危機で総理への道が見えた小池百合子 無能確定の安倍晋三」だとさ。「カイロ大学首席で卒業」の学歴詐称の女天一坊が総理に? いやはや。

関連する投稿


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

衆議院選挙で立憲民主党と日本共産党とが選挙協力をし、立憲が仮に、万が一、あり得ないだろうが、衆院選で政権を取ったら、共産党は「限定的な閣外からの協力」を行うことで合意。いまや「立憲共産党」とも言われているが、この合意から想起するのは、ソ連共産党の権力構図だった――。


菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理はコロナ対応と経済とのバランスを考えたギリギリの判断を行っている。野党もメディアも無責任すぎる!自民党政調会長が「コロナ対応後手、後手」批判に全て答える。(聞き手:政治評論家・田村重信)


「2021年5月号」新聞広告大公開!

「2021年5月号」新聞広告大公開!

5月号の新聞広告のキャッチコピーは、《習近平と小池百合子に騙されるな!》。空っぽな小泉進次郎のEV推進、恫喝とデマがお好きな朝日新聞、「文春砲」に踊らされる野党とメディア、「コロナ、常識の嘘」など5月号も目から鱗の記事が満載!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年5月若葉号

月刊『Hanada』2021年5月若葉号

1年前は「コロナより桜」、いまは「コロナより接待」、そして、戦略はまさかの「ゼロコロナ」。『週刊文春』頼みの野党と、とてつもない既得権益集団である大手メディアにできることは白々しい“追及ごっこ”のみ。中国共産党、朝日新聞、コロナ、接待問題、EVなどあらゆる「闇」にタブーなしで切り込む!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「東京オリンピック1964」など5月号も永久保存版!


最新の投稿


河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんが睡眠薬を飲んで、救急車で運ばれたと聞いて暗澹たる気持ちになった。あんりさんとは昨日午前中に電話で話をしたばかりだった――。


英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

1月14日、BBCは「英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した」と報道。ロンドンの中国大使館は「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とMI5を非難。中国が否定することは目に見えていたが、実際、中国の「魔の手」はどこまで伸びているのか。日・米・欧での「浸透工作」の全体像を初解明した『見えない手』より、英国での「浸透工作」の一部を特別公開!


日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

今回の協定締結により、日豪相互の大部隊展開が円滑に行われるようになったことで、両国は同盟関係に一層近づいたと言える。それは台湾有事への備えにもなるだろう。


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」!