事実を言って何が悪い!『反日種族の常識』発刊|室谷克実

事実を言って何が悪い!『反日種族の常識』発刊|室谷克実

これまで日本ではほとんど伝えられていなかった反日種族の常態(思考の仕方と行動)を一冊に纏めました。本書に書かれた「18のファクト」は全て韓国も認め報じています。ところが日本では「ヘイトだ!」と批判され一切報じられません。「韓国に関しては、事実であっても書いてはいけないことがある」と自制している限り、日本の国益は永遠に損なわれ続けるでしょう。今こそ全国民が知っておきたい韓国批判の新常識。


反日種族の思考の仕方と行動を知ってほしい!

Getty logo

Getty logo

反日種族=現代韓国人の常態を、さまざまな角度から切り、その断面を解析した結果が、この本(『反日種族の常識』)の内容である。

いわば反日種族のCT分析だ。MRI分析に至らないのは、筆者の力不足による。それでも、読者の多くは、これまで日本ではほとんど伝えられていなかった反日種族の常態(思考の仕方と行動)を知り、反日種族がいま形づくっている韓国という国家に対する認識レベルを高めるだろう。

「韓国に関しては、事実であっても書いてはいけないことがある」

Getty logo

もっとも日本には「反日日本人」とでも呼ぶべき不可解な人々がいる。

彼らは、こと韓国となると、事実を知ることによる日本人の知的利益向上よりも〝情弱の時代〟に捏造された「良い国=韓国」のイメージを守ろうと必死になる。

新聞社のソウル特派員を務めた人の中からも「韓国に関しては、事実であっても書いてはいけないことがある」といった声が聞こえてくる。

彼らの言動を追えば、「日韓は隣国だから、日韓関係は良好な状態でなくてはならない」という命題があることが分かる。

絶望した病的親韓派の悲鳴が「ヘイトだ!」

Getty logo

しかし、世界のどこを見ても、「仲の良い隣国関係」など、ほとんど存在しない。彼らの多くは「隣国だから……」と言いつつ、台湾との関係となると興味すら示さない。

「日韓は隣国だから……」とは、日本人が事実を知ることで得る利益よりも、知らせないことで韓国の利益に奉仕しようとする病的なアンチ知性主義の主張に正当性を装うための誤魔化しの言葉に過ぎないのだ。

しかし、彼らの努力にもかかわらず、反日種族の思考の仕方と行動がどんなものであるかは、ネット(韓国メディアの日本語サイト、韓国語サイトの記事を翻訳して紹介する日本のサイトなど)を通じて、どんどん入ってくる。

そうした状況に、なかば絶望した病的親韓派の悲鳴が「ヘイトだ!」なのではなかろうか。

韓国メディアが伝えるところや、韓国の公式統計を引用した内容ですら、彼らは見境なく「ヘイトだ!」と叫ぶ。まさしく「事実であっても日本人が知ると嫌韓を助長する内容」を論述することは、彼らが言う「ヘイト」なのだ。

Getty logo

Getty logo

「事実を書いてどこが悪い」と言い返す

韓国批判、これが世界の新常識

そういえば、レッテル張りによる非難は、反日種族の得意技だ。

旭日旗を「戦犯旗」と言い換え、政敵を「積弊」と呼ぶことで、思考の暇を与えずに「悪いものに決まっている」と思い込ませる手法だ。

反日日本人が使う「ヘイト」という用語も、それに類する。

ところが、日本には在日韓国人ら数人の文筆家が「ヘイトだ!」と言っただけで、慌てて謝罪するような大手出版社もある。なぜ「事実を書いてどこが悪い」と言い返せないのだろうか。

幸い、この本の出版社は、そんな腰抜けではない。だから、反日種族の常態を「事実は事実」の姿勢を曲げずに書けた。

この本が、日本人の対韓理解の一助になることを願う。

令和2年1月                         室谷克実

『反日種族の常識』まえがき より

『反日種族の常識』絶賛発売中!

室谷克実

https://hanada-plus.jp/articles/293

1949年、東京都生まれ。評論家。慶應義塾大学法学部を卒業後、時事通信社入社。政治部記者、ソウル特派員、宇都宮支局長、「時事解説」編集長を歴任。2009年に定年退社し、評論活動に入る。著者に『日韓がタブーにする半島の歴史』(新潮新書)、『呆韓論』(産経新聞出版)、『なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか』(飛鳥新社)など多数。

関連するキーワード


韓国 文在寅

関連する投稿


2025年までに「統一朝鮮」が誕生する!|茂木誠

2025年までに「統一朝鮮」が誕生する!|茂木誠

米中覇権争いが激化していく一方で、朝鮮半島は2025年に向けて「統一朝鮮」への動きが活発化、それをアメリカは認めるだろう……起ころうとしている世界の大転換に日本はどう対峙すればよいのか。『地政学(地理+歴史+イデオロギー)』を武器に、駿台予備校大人気講師がズバリと指摘!(初出:『Hanada』2019年12月号)


韓国最大の反日組織「VANK」の正体|山崎文明

韓国最大の反日組織「VANK」の正体|山崎文明

いま世界中のインテリジェンス機関が注視しているのがインフルエンスオペレーション(誘導工作)だ。その脅威に日本が長年にわたって晒され続けていることはほとんど知られていない。異常な反日工作、情報操作、フェイクニュース―韓国最大の反日組織「VANK」の驚くべき実態をインテリジェンスの専門家が暴く!


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


문재인 대통령, 선거 개입의 "전과"(文在寅大統領に選挙介入の"前科")|변희재(邊熙宰)

문재인 대통령, 선거 개입의 "전과"(文在寅大統領に選挙介入の"前科")|변희재(邊熙宰)

"문재인 정권은 울산 시장과 같은 공직자의 선거 뿐만 아니라, 독립적인 민간 단체에까지 개입하고, 반대자나 보수파, 반공파들을 경찰과 검찰의 수사, 정부기관의 감사를 사용하고 섬멸시키고 있다. 보도되지 않는 문재인의 ‘전과’를 고발한다!


最新の投稿


なべやかん遺産|「大魔神」

なべやかん遺産|「大魔神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し!


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


 Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

In Japan today, parental child abductions occur on a daily basis, and false DV claims are fabricated to justify them. A father, whose child was abducted, accuses so-called "human rights groups" of defamation. His case shows their fraudulent business in quite some detail. Their dirty tricks are finally revealed!


2025年までに「統一朝鮮」が誕生する!|茂木誠

2025年までに「統一朝鮮」が誕生する!|茂木誠

米中覇権争いが激化していく一方で、朝鮮半島は2025年に向けて「統一朝鮮」への動きが活発化、それをアメリカは認めるだろう……起ころうとしている世界の大転換に日本はどう対峙すればよいのか。『地政学(地理+歴史+イデオロギー)』を武器に、駿台予備校大人気講師がズバリと指摘!(初出:『Hanada』2019年12月号)