日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


高級幹部の住居グレードである3LDK

宮古島駐屯地の隊員は、宮古島出身者が720人中35人、沖縄県出身者が70人、九州出身者が約6割となっている。離島の宮古島では十分な賃貸住宅が存在しないため、官舎は無料で光熱費と自治会費だけで隊員たちは居住できる。

駐屯地に一番近い千代田隊舎は2019年に造られ、平良地区は2020年、友利地区は今年完成予定だ。どれも新しく、高級幹部の住居グレードである3LDKと広い。

官舎のエアコンは隊員が自腹で設置していたが、今年から国費でエアコンが設置されることとなった。新しく広くしかも安い官舎は自衛隊員増に効果がある。重要拠点の隊員数を維持するために国も努力しているのだ。

地代等が都心と比較すればかからないなどの理由はあるが、国を守る自衛隊員への敬意は具体的であってほしい。自衛隊員を支える家族もその仕事を誇りに思えるような官舎であってほしい。自衛隊員を応援する人々はそう考えている。その願いが宮古島では実現しているのだ。

広い対面式のキッチンスペースにはレンジフードもついている。老朽化した古い官舎の転居時には、転居の度に自衛隊員の家族が「MY換気扇」を取り外して、次の官舎で再び工事費を出して設置する様子に驚いた。しかし、ここでは一般企業の社宅のようにレンジフードやエアコンがあり、お風呂の脱衣所に洗濯機の防水パンがあった。

当然と言えば当然だが、当然のものが自衛隊官舎にはほとんどなかったのだ。

中村夫妻と天晴君 広いリビングと新しいキッチンの官舎(筆者撮影)

奥様(いくみさん)も、ご主人(翔平さん)も自衛官という仲村家の自衛隊官舎にお邪魔した。日当たりのいい広いリビングに夫妻と赤ちゃんの3人暮らしだ。沖縄で2人は結婚し共に宮古島に異動となった。自衛隊員夫妻の転勤はできるかぎり同じ地域にするという配慮がある。

この官舎から5km以内の上野地区に保育園があり、送迎バスが官舎までやってくる。子育てにはとてもいい環境だ。「お休みはどこで過ごしますか?」と聞くと、「キレイな海でマリンスポーツや釣りをする人が多いです。ウミガメが来る場所で、ウミガメと一緒に泳ぎます」と返事があった。

2人の長男、天晴君はお母さんに抱かれてニコニコしていた。天晴君もウミガメといつか一緒に泳ぐのだろうか。南国の美しい島ならではの余暇の過ごし方だ。

NHK受信料や電気代を「自腹」で支払う自衛隊員の悲哀|小笠原理恵 | Hanadaプラス

https://hanada-plus.jp/articles/1279

自衛官候補生採用案内には「入隊後は宿舎での生活となります。居住費はかかりません」と書かれているが、果たして本当なのか。電気ポットや冷蔵庫の電気代だけではなく、テレビがないのにNHKの受信料も徴収されていた――。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。