日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


食事も被服もスポーツジムも充実

宮古そばの昼食 昼食にもデザート「サーターアンダギー」がついている

自衛隊に入隊したばかりの隊員約350人は 駐屯地内の隊舎で集団生活をしている。この隊舎も築5年と比較的新しい。この隊舎内の部屋割りは1室に10人。自衛隊内で「フランスベッド」と呼ばれている新しいタイプの2段ベッドが置かれている。ここには女性隊員もおり、女性隊舎がある。女性隊舎は電子ロック付きでそこに風呂とトイレがある。

自衛隊の糧食費は概ね1日947円だ。しかし、宮古島駐屯地は離島なので自衛隊のルールで1品多いメニューだ。さらに、食材の運搬費も含めての1日当たりの糧食費は約1,400円となっている。糧食費の値段を高い順に並べると、距離の遠い与那国、石垣、ついで宮古島の順となる。

一般の自衛隊糧食費947円ではおかずの数や量が制限されがちだが、営内の食堂メニューはかなり充実している。他の拠点もこれくらいほしい。さらに、営内には隊員クラブ(飲酒可能)もある。

本土の自衛隊の隊舎や庁舎は、節約のため、夜間や休日に冷暖房を切るところがある。湿度の高い宮古島では油断するとすぐカビだらけになることもあり、24時間冷房はかかせない。スポーツジムや体育館にも冷房があり、休日や課業以外の時間にも申請すれば冷房をきかせてトレーニングができる。

ジムにはランニングマシーン、ウエイトトレーニングなど新しい設備が整っている。古い自衛隊の拠点のジムもこうあってほしいものだ。

沖縄県と海外派遣される隊員たちの一部には特別な防暑服と防暑靴が支給される。これらは戦時に隊員の命を守る耐熱難燃性と対赤外線がある上に脇や背中にスリットが入っており、熱を放出できる。防暑靴も蒸気を放出する穴がある。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。