立民という泥船 蓮舫と小沢一郎は「自分たちの生活が第一」|坂井広志

立民という泥船 蓮舫と小沢一郎は「自分たちの生活が第一」|坂井広志

私利私欲を捨てて国家、国民のために尽くす。そんな憂国の士と呼べる政治家がほとんどいないのが立憲民主党である。立民は今後どこに向かうのか。蓮舫と小沢一郎は今後どう出るつもりなのか。(サムネイルは蓮舫議員Twitterより)


「最終的に都知事を狙っている」

「コップの中の争い」のように見えるこの騒動を本稿で取り上げたのは、党の左派系の本質を印象付ける出来事だったからだ。

立民は憲法改正に後ろ向きで、現実的な外交・安全保障政策を打ち出すことができない。このことに保守系の松原氏はかねて忸怩たる思いを抱いていた。立民は結果として、その松原氏ではなく、日米安全保障条約の廃棄を掲げる共産との連携を狙う手塚氏に軍配を上げたことになる。

中国、ロシア、北朝鮮という専制国家に囲まれている日本は、防衛力や日米同盟を強化し、抑止力を高めるべきであり、それをせずして、どうして国民を守れよう。立民の支持率が低迷し、国民から十分に信頼を得られないのは、外交・安保で現実路線に明確に舵を切っていないからであり、そのことを立民は理解していないのではないだろうか。

立民が生き残りたければ、現実路線にしっかりと舵を切ることである。その役割を担い得る松原氏をみすみす逃し、私利私欲で行動し、左派勢力とがっちり手を組む議員の言いなりになる政党に、良質な人材が集まるとは思えない。

蓮舫氏について党重鎮が「最終的に都知事を狙っている。衆院への鞍替えを狙っているのは箔をつけるためだ」と語れば、別の党関係者は「いやいや、狙っているのは党代表だ」と話すなど、その動向には注目が集まっている。もっとも、手塚氏とともにすっかり「悪者」になってしまった蓮舫氏の鞍替えは、もはや不可能との見方も強まっている。

Getty logo

「死ぬに死にきれない」と小沢一郎

さて、その蓮舫、手塚両氏と連携している小沢一郎衆院議員は、党内グループ「一清会」を結成した。旧民主時代の小沢グループ「一新会」と名前が似ており、筆者にはデジャブ感しかない。

手塚氏や一昨年の党代表選に出馬した小川淳也衆院議員らと「野党候補の一本化で政権交代を実現する有志の会」を立ち上げたばかりである。

共産との連携に慎重な泉氏を引きずり降ろすためには、有志の会を発足させるだけでは不十分で、小沢氏に忠誠を誓う実動部隊が必要だったのだろう。その実動部隊こそが「一清会」にほかならない。

小沢氏は周囲に「政権交代を果たさなければ死ぬに死にきれない」と漏らしており、小沢氏周辺によると、次期衆院選での政権交代を目指しているという。あまりにも性急な野望と言わざるを得ない。政策そっちのけで、政権交代を目的化した言動は、野合であり、自らが権力を握るための、これまた私利私欲といえよう。

旧民主政権末期に小沢氏は、時の首相である野田氏と消費税増税を巡り対立を深めた。2人は協議を重ねたが、最終的に決裂した。野田氏が小沢氏の意のままに動くことはなかった。小沢氏は側近議員らとともに、党を割り、「国民の生活が第一」という名称の新党を結成した。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。