「シンゾーと同じ意見だった」トランプ前大統領、緊急メッセージ!|山岡鉄秀

「シンゾーと同じ意見だった」トランプ前大統領、緊急メッセージ!|山岡鉄秀

押し寄せるグローバリズムがなぜ脅威なのか? それは繰り返し述べているとおり、極めて覇権主義的、独裁主義的性格を持っているからだ。そんなグローバリズムの脅威に対抗できるのは、健全な愛国心に基づく国際的連携だ。


CPACでのスピーチから始まった

去る12月3日、東京の六本木で開催されたCPAC Japan 2022に参加し、あるセッションでモデレーターを務めた。

CPACはConservative Political Action Conferenceの略で、保守政治行動会議と訳されている。CPACは、アメリカ国内外から保守派の活動家や議員らが毎年参加する政治会議である。アメリカ保守連合(ACU:1964年12月設立)が主催しており、第1回CPACは1974年に開催され、以来、ロナルド・レーガン氏やドナルド・トランプ氏らがスピーチしたことでも知られている。トランプ氏の共和党での政治家としてのキャリアは、CPACでのスピーチから始まったと言われているほどだ。

そのCPACがアメリカ国外で最初に開催されたのは、意外にも日本だった。ACUの姉妹団体としてJCU(あえば浩明議長)が発足し、CPAC Japanを初めて開催したのが2017年。今年は実に6回目の開催であった。日本に続き、2019年以降、オーストラリア、韓国、ハンガリー、メキシコでも開催された。

私は昨年も登壇を依頼されていたが都合が合わず、ビデオメッセージを送ったが、今年は登壇して、「次世代メディアによる国づくり」というセッションで、GETTRというSNSのエンゲージ部門グローバル統括責任者であるキエラン・ドール氏とThe European Conservativeというメディアの編集主幹であるエレン・クライガ―・ファンティーニ氏を招いた討論で、モデレーターを務めた。

GETTERはトランプ前大統領のシニア・アドバイザーを務めたジェイソン・ミラー氏が設立した、言論統制を行わないSNSであり、全世界で800万人のユーザーを持つ。FacebookとTikTokを合わせたような機能が特徴で、私もこの機会にアカウントを作り、英語での発信を始めた。

私は今年10月、オーストラリアのシドニーで開催されたCPACに参加し、登壇はしなかったが、安倍元総理と親交が深かったトニー・アボット元首相のインタビューを行ったので、CPACの様子はよくわかっていた。シドニーも盛況だったが、今回のCPAC Japanは500席程度の観客席が満席で、海外も含めたオンライン視聴者は2万人を超えたというから大成功だったと言えるだろう。グローバリズムの嵐が吹き荒れる中、保守派の輪も広がっている。

以下、今回CPAC Japanに参加して思ったことをいくつか共有したい。

バイデン政権の日本観とは真逆

まず、元アメリカ合衆国司法長官代行のマシュー・ウィテカー氏のスピーチだ。

「自由主義諸国と全体主義的な政権との戦いにおいて、強さとは軍事力であると思う人々がいます。たしかに、日米は世界でもっとも洗練された軍事力を持っています。しかし、『強さ』は強い経済も意味するのです。それは、強い通商関係、強い金融関係です。

 そして、強い同盟関係と強い経済が平和にとって重要なのです。強いアメリカだけでいいわけではありません。価値観を共有している多くの国が、強さを持たなければならないのです。そのなかで、日本は最も強くなり、世界を先導しなければなりません。日本はアメリカの一番の親友であってほしい。アメリカは日本を一番の親友と思っています。私たちは、こうした関係を強化するために、日本に来ています」(翻訳:JCU)

このウィテカー氏のメッセージは、現在のバイデン政権の日本観とは真逆である。バイデン政権も表面的には似たようなことを言うかもしれないが、本音では典型的なウィークジャパン派であることが明らかだ。バイデンとその背後にいる人々は、日本を属国とみなし、日本が独自の外交や防衛政策を実行するようになることを望んでいない。日本の核武装など論外だ。それどころか、日本を中国に差し出しかねない。

アメリカは一枚岩ではなく、分断が激しいので、どの勢力が政権を取っているかが日本にとって死活的に重要なのだが、特に近年は日本の運命に直接影響すると言っても過言ではない。それは安倍元総理の死に対するトランプ前大統領の態度とバイデン大統領の態度の違いによく象徴されている。

ウィテカー氏のような人物がアメリカにいることは日本にとってありがたいことだが、このスピーチの中に、いかにアメリカの保守派が苦しい戦いを強いられており、日本という同盟国に自立した強いパートナーになってもらうことが必要不可欠であるかという必死のメッセージが込められていると感じるのは私だけではないはずだ。

ウィテカー氏は中間選挙の結果にも冷めた味方をしている。中間選挙の結果がアメリカの対日政策にどう影響するかと聞かれたウィテカー氏は次のように答えた。

「変わりません。外交は行政府が担当していますし、下院で多数を取ったとはいえ議席差はわずかです。そして現在は、国際的な環境が外交政策を形成しているため、バイデンも下院も独自に外交政策を作る余地はほぼありません」(翻訳:JCU)

中間選挙での共和党の大規模な巻き返しを期待していたが、上院を取り返すことはできなかった。もちろん、下院だけでも取り返した意味は大きく、トランプ前大統領を始め、保守派への不当な弾圧を止めることがある程度できるかもしれない。

しかし、アメリカの対日政策を変更するまでには至らないとウィテカー氏は見ている。官僚の任命権を持つ上院が取れなかったので、おそらくその通りだろう。

関連する投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。