日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、日本にさまざまなことを突きつけた。いまこそタブーなき議論で日本を守るための手を講じよ!


だが、開戦3日目に、国内の反対デモの勢いと怒りの大きさにショルツ首相は方針を転換。一転、SWIFTからの排除に賛成し、全面的な対ロ制裁に乗り出したのだ。一挙に勝負は決した。ドイツの方針転換で西側の徹底制裁方針が実際に動き出し、いつも“しっかり検討する”だけの情けない日本の岸田文雄政権をも呑み込んだ。
 
開戦当日、大阪の薛剣・中国総領事が「ウクライナ問題から学ぶべき教訓」として勝ち誇ったように〈弱い人は絶対に強い人に喧嘩を売ってはいけない。仮に強い人が後ろに立って応援すると約束してくれてもだ。人に唆され、火中の栗を拾ってはいけない〉とツイート。

台湾に中国が侵攻しても弱い日本は関与してはいけない、たとえ後ろにアメリカがいても、という意味である。

文革で荒野と化した中国のインフラ整備のために必死だった日本。その姿を現地で見ていた私には、いうべき言葉もない。だが大阪総領事のこの驕りをウクライナ人が吹き飛ばしてくれた。
 
ウクライナの抵抗は続き、3月15日現在、まだキーフも持ちこたえている。逆に経済制裁でルーブルは下落の一途、ロシア国債もデフォルト(債務不履行)寸前に陥っている。対話での戦争阻止の難しさと核威嚇の怖さ、そして歯を食いしばって戦うことの大切さをウクライナは私たちに教えてくれた。

しかし、日本では非核三原則すら「議論することは考えていない」と岸田首相。抑止力で平和と国民の命を守る最後のチャンスを日本は失おうとしているのである。
 
同じ敗戦国のドイツやイタリアもNPT(核不拡散条約)の批准国である。三国とも規定に従って独自の核兵器はゼロ。だがドイツとイタリアは国内に米国の核を共有する“核シェアリング”を行い、国民の命を守っている。核武装ではなくシェアリングだ。
 
日本には核の共有に国土を提供することもなく、米国にお願いして、米原子力潜水艦による「核抑止力」だけを共有させてもらう方法がある。もちろん、そのためには憲法も、自衛隊法も変えなければならない。だが「核武装」、つまり核開発・核実験・核保有を日本がするのではなく、ただ「核抑止力」だけを共有させてもらう、という方法である。

非核三原則の「持ち込ませず」が有名無実であることは、政治家も、また国民も、皆、知っている。だが今と同じ状況で「核シェアリングを宣言する」だけで、日本は中国などの核威嚇が効かない国となれるのである。

 核シェアリングではなくとも、今後はINF(中距離核ミサイル)の第一列島線への配備要求も米国から出てくるだろう。しかし、それよりも前に核シェアリングの宣言があれば、土地提供の必要もなくなる。タブーなき議論で、国民の生命、財産、そして領土を子々孫々まで守って欲しいと願う。

(初出:月刊『Hanada』2022年5月号)

門田隆将

https://hanada-plus.jp/articles/187

作家、ジャーナリスト。1958年、高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。週刊新潮編集部に配属され、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社、のちに角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。近著に『オウム死刑囚 魂の遍歴―井上嘉浩 すべての罪はわが身にあり』(PHP研究所)、『新聞という病』(産経新聞出版)がある。

関連する投稿


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。