英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

1月14日、BBCは「英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した」と報道。ロンドンの中国大使館は「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とMI5を非難。中国が否定することは目に見えていたが、実際、中国の「魔の手」はどこまで伸びているのか。日・米・欧での「浸透工作」の全体像を初解明した『見えない手』より、英国での「浸透工作」の一部を特別公開!


中国共産党の公式メディアからも称賛

Getty logo

バリー・ガーディナーはブレア政権で大臣を務めた

クリスティン・リーのブログでは、中国共産党の華人参政プログラムについて説明し、中国系イギリス人が影響力をもつやり方についてアドバイスをしている。

また「イギリス華僑プロジェクト」は、元保守党議員のエドモンド・ヨー(マレーシア出身)、英国華人工党(Chinese for Labor:華僑による英労働党の支援団体)の委員長であるソニー・レオン、華人自由民主党(the Chinese Liberal Democratic Party:華僑による英自由民主党の支援団体)の共同委員長であるマーリーン・エマーソンとともに活動していると書いている。

リーの仕事は中国共産党の公式メディアからも称賛されており、2011年にはチャイナ・デイリー(中国日報)紙が、イギリスにおける中国人の権利向上のために彼女が多大な努力をしたと報じた。

リーは中国を訪問する代表団のために多くのイベントを企画し、習近平をはじめとする北京のトップリーダーたちと会談してきた。キャメロン政権時代には同首相と良好な関係を築いていたようだ。

2012年には、史上最大規模の華人参政団を率いて北京を訪問している。彼女はソニー・レオンと自由民主党の議長を伴って訪中し、当時の僑務弁公室の副室長だった譚天星(タン・ティエンシン)に迎えられた。

リーとソニー・レオンは、2016年にも譚天星と会談しており、そのときは自由民主党イギリス華人会の副代表を連れてきていた。譚天星はその際に、中国系イギリス人たちに政治面でも主流派のほうに参加するよう促している。その翌年、リー、レオン、そしてイギリスの華人参政推進派の一行は再び北京に戻って、また譚天星と話し合っている。

2015年、リーは再び華人参政工作の件で称賛された。今回は人民日報が「中国人の投票を戸別訪問で奨励し、選挙の知識を普及させ、中国人が投票カードに記入するのを手助けした」と報じた。

2016年には、僑務の公式サイトがリーの仕事について「中国人は自分の運命をコントロールしなければならない」と述べた。2019年1月31日、クリスティン・リーは「イギリス華僑プロジェクト」の貢献が認められ、メイ首相から「ポインツ・オブ・ライト賞」を受賞した。

首相官邸の前に立つリーの写真の横には、英中関係の「黄金時代」を告げる、新年を記念した漢字の書かれた赤い垂れ幕で飾られた入り口のドアが写っている。それが示す象徴的な姿は、露骨で力強いものだ。リーは、イギリス政府のまさに中枢に行って称賛された。(中略)

クリスティン・リーはイギリスのトップエリートたちに近づくことに成功し「中国の視点」を広めることができるようになったのだ。

(『見えない手』より抜粋)

『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』

『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』

関連する投稿


中国共産党「100年の秘密兵器」|石平

中国共産党「100年の秘密兵器」|石平

結党当時、党員数五十数名しかいない弱小政党だった中国共産党はいかにして勢力を拡大し暴力による政権奪取をはたしたのか。我々日本国民全員が、中国共産党という極悪政党の伝統的浸透工作の正体を正しく認識する必要がある。


韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

禁断の書として世界各国で出版停止が相次いだ衝撃作。日本でも6万部を突破したベストセラー『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』と『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』を徹底的に分かり易く解説した『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(すべて飛鳥新社刊)が、遂に韓国語で11月中旬に発売!ハミルトン教授による韓国語版の序文を掲載する!


『習近平vs.櫻井よしこ』

『習近平vs.櫻井よしこ』

2021年7月1日に結党100年を迎えた中国共産党。中国共産党の暴走は一体いつまで続くのか。親中派は一体いつまで中国の代弁者でいるつもりなのか。「中国共産党の弱みを知り、今こそ、自衛隊の強化と憲法改正に向かって走るべきときだ」。櫻井よしこさんがいま最も伝えたい中国共産党100年の“真実”が1冊に!


背筋が凍りついた中国による『目に見えぬ侵略』|石平

背筋が凍りついた中国による『目に見えぬ侵略』|石平

『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』(飛鳥新社刊)を読むのは、私にとっては近年に滅多にない、強烈な読書体験であった。


日本は民主主義の守護者の役割を担え/『見えない手』日本語版前書き

日本は民主主義の守護者の役割を担え/『見えない手』日本語版前書き

6万部突破のベストセラー『目に見えぬ侵略』の第二弾『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』が発売! アメリカ、イギリス、EU各国での中国の影響力工作を実名で暴露、前作以上の衝撃があります。さらに日本についても特別加筆があり、必読の書です。その日本語版前書きを特別公開! 「言論の自由と報道の自由は中国共産党にとって最大の敵であり、我々はこれを最優先事項として守らなければならない」(本文より)


最新の投稿


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】