韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

禁断の書として世界各国で出版停止が相次いだ衝撃作。日本でも6万部を突破したベストセラー『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』と『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』を徹底的に分かり易く解説した『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(すべて飛鳥新社刊)が、遂に韓国語で11月中旬に発売!ハミルトン教授による韓国語版の序文を掲載する!


韓国語版『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』

中華人民共和国(以下、中国と表記)湖北省武漢市で発生したコロナウイルスが世界をパンデミックの衝撃の中に押し込め、国際的戦略地形が変化している。本文を書いている現在も今後事態が鎮静するまで一~二年かかるのか否、五年掛かるのか予測が難しい状況である。だが昨年一年余の間、パンデミックを経験し我々は中国共産党(Chinese Communist Party :CCP)(以下、中共)と表記。の本質と行動について大変重要な洞察を得た。

我々が脅威を感じれば中国は逆に過敏に反応し、批判を鎮めるためなら躊躇(ためら)わず脅迫に出る事を知った。特に、コロナウイルスのみならず自国の利益に関わる全ての世界的な叙事を統制しようとする北京の意志を、より確実に悟る事となった。中共は国際秩序を変えて世界を自らの思いのままにすると決定した。本書で説明するが、中共は今、高度な体系を用い他国に向けた影響力を広めている。支持者を包摂し批判する者たちの口には轡(くつわ)をはめ、機関を転覆する方法を用いる。目標は中共に対する反発を弱体化させる事だ。

周知の如く、中共指導部は偏執症的だ。中国の四方に潜む「敵対勢力」に向け、果てしない理念闘争を展開するより他ないと信じている。西欧の軍事大国は歴史が―時には戦争で途切れる事もあるが―長い平和の物語で成り立っていると理解する。しかし、中共が統治する中国は自ら永遠に終わらない戦争を繰り広げていると考える。大部分は政治的であれ、理念的であれ、政治と理念が混合した形態の戦争だが、これは動的戦争、言い換えれば銃を用いたり、ミサイルを発射したりする戦争を避けるための「別の手段による戦争」であるだけだ。

北京が国際的に最も注力し推進する戦略目標は対米同盟解体であり、北京がインド太平洋地域で狙う主要国家が豪州と日本、韓国だ。北京は韓国と米国の関係を引き離すため多様な手段を動員している。韓米同盟を弱化させない限り韓国を支配出来ないという事実を知っている。北京が使用する主要武器は交易と投資である。北京は「経済策略」正確に言えば「経済脅迫」の名手である。中国に対する経済的依存を利用し、他国の政治的譲歩を引き出す。

関連する投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!