【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


もう一冊の政治家の「ビジョン」本

そもそもどうかと思うのは、タイトルである。

『枝野ビジョン――支え合う日本』……確かにわかりやすい。だが、昨年9月に自民党の岸田文雄氏が『岸田ビジョン――分断から協調へ』(講談社)なる書籍を出している。後から出して被せてくる、とはどういうわけか。

この岸田本、おそらく前々から準備していたのだろうが、安倍前総理の突然の辞任により総裁選が早まったことで、あえなく総裁選当日の発売となった。間に合わなかったのだ。

その「持ってなさ」に涙しつつ読んでみると、前半はいわゆる「理念」を並べてあり、そうそう面白くはない。が、さすがに長く外務大臣を務めただけあって具体的な成果や興味深いエピソードはある(核廃絶のための賢人会議の様子や、海外要人とのやりとりなど)。

また後半では若干の身内臭はするものの、「人間・岸田文雄」に焦点を当てたり、「宏池会」内のエピソードを綴ってもいる。ドライマティーニを作るべくシェーカーを振る石原伸晃も登場。ちょっと見てみたい光景だ。

「加藤の乱」の内幕やその後日談などは、ついつい読んでしまう内容だ。「みんなが知っているあの事件の裏側」を差しさわりない程度だが記しておく、ある種の読者サービスともいえる。また、「岸田って誰?」の声にお応えしようとの意図も感じられる。

一方、枝野本からは、本人の人となりも、党内の様子も伝わってこない。暴露話を読みたいわけではなく、「ああなるほど、枝野さんってこんな人なんだ」という情報に触れたいと思うのが人情ではないか。

これでは「そもそも枝野氏自身、党内の議員との交流がないのではないか」と邪推してしまうほどだ。

岸田ビジョン 分断から協調へ

有権者や読者は「利益」を求めている

枝野本のあとがきには〈あえてこの時期に、少し理屈っぽくて難しい、「理念」について記した本を世に問うことにした〉とこうした批判を先手で封じるようなことを書いている。わかっていて敢えてやっているなら何も言うまい。

ただ、有権者は「この議員、この政党を支持すれば、有権者である私にも何らかの利益がもたらされる」と思うから支持する。それは経済的利益とは限らない。

「自分の不満、思いをわかってくれている」「それを政治の現場で進めてくれる」「意外に柔軟で、人望のある人なんだ、じゃあもう少し応援してみようか」という期待でもいい。

支持した以上は何らかのおみやげが欲しいと思うのは「読者」に限らないのだ。

関連するキーワード


梶原麻衣子 読書亡羊 書評

関連する投稿


【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】「笑顔が多い政治家はこの人!」「『日曜討論』はガチ」木下健、オフェル・フェルドマン『政治家のレトリック』(勁草書房)

【読書亡羊】「笑顔が多い政治家はこの人!」「『日曜討論』はガチ」木下健、オフェル・フェルドマン『政治家のレトリック』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。