【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


何一つ「おみやげ」がなかった本

どんな本や記事にも言えることだが、大事なのは「おみやげ」である。

読み終わった後に、ページを閉じても頭や心に残っていること、思わず人に話したくなる一文やエピソードが残っているか。初めて明かされる事実であってもいいし、必ずしも共感でなくてもいい。本の世界から現実に戻った時に手元に残っているもの、それを「おみやげ」と呼んでいる。

いい本や記事にはそうした箇所がいくつもある。お金を出して読んだ本なら、三つくらいはあってほしい。図書館で借りた本なら、一か所あればまあいいか。だが、世の中には本当に「何一つおみやげがない」本も存在する。

立憲民主党代表・枝野幸男『枝野ビジョン』(文春新書)は、そうしたおみやげがほとんどなかった。文章が難解なわけではない。極めて分かりやすく書かれている。悪辣な政権批判のようなノイズが邪魔しているわけでもない。

「資本主義は限界だ」「生産性、という言葉が本来と違う意味で使われていないか」「支え合う社会であるべきだ」という認識や理想にも特に異論はないどころか、むしろ賛成ではある。

だが、「読んでどうだった?」と聞かれても「うん、面白くない」という感想しか出てこないのだ。

枝野ビジョン 支え合う日本

政権担当当時のエピソードが全然ない

あるベテラン記者が「政治家の本なんて、面白くなくて当然だよ」と言っていて、確かにそうだなとは思った。しかし、だ。この枝野本は「面白くない」も度を越していて、読者、つまり有権者について一体どう考えているのかと迫りたくなるほどなのだ。

例えば政治における自身の実績。政治家本では自慢話にしかならないのは仕方ないが、党内の同僚議員が登場したり、その政策を実現したいと思ったきっかけとして、市井の人々から聞いた話といったエピソードが盛り込まれていれば読む方としては分かりやすい。

しかし枝野本にはそうしたものがごくわずかしかない。実績がないからではという声が聞こえてきそうだが、ならば失敗談を詳細に書き、それを現在はいかに経験値に変えるか書いてくれればいい。

だが本書では、政権担当当時の話が盛り込まれているものの、実にさらりと撫でるような記述で終わっている。

関連するキーワード


梶原麻衣子 読書亡羊 書評

関連する投稿


【読書亡羊】やっぱりロシアは「おそロシア」

【読書亡羊】やっぱりロシアは「おそロシア」

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


著者インタビュー|高樹のぶ子『小説伊勢物語 業平』

著者インタビュー|高樹のぶ子『小説伊勢物語 業平』

千年読み継がれてきた歌物語の沃野に分け入り、美麗な容貌と色好みで知られる在原業平の生涯を日本で初めて小説化。「古典との関わり方として、私は現代語訳ではなく小説化で人物を蘇らせたいと思ってきました」(「あとがき」より)という著者に業平の魅力などを語っていただきました!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!


コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対策でにわかに注目されている厚労省の「医系技官」。 しかし、彼らは霞が関の「獅子身中の虫」だった! 医療界の内情に詳しい筆者が、その知られざる実態を暴く!