【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


二〇〇九年からの民主党政権が、なぜ国民の期待に応えることができなかったか。その答えは(中略)外に向かって大声で叫ぶものではないと考えている。ただ、経験不足が様々な現象の根っこにあったことは間違いなく……

経験不足が災いしたことは渦中にいた人物でなくてもわかることで、〈(立憲民主党は)経験値を生かした「安定感」を示すことが重要であり…〉と言われても、何によってどう安定感を示せるのか、読み取るのは難しい。

読者や有権者のことが見えていない

もう一つ、「読者や有権者のことが見えていないのか」と思わざるを得ないのは、まえがきはともかくとして第一章の内容だ。

このコロナ禍に出版するのだ。通常は、コロナで仕事を失った人や経営が圧迫されている飲食店、映画館などの関係者の立場に寄り添い、「政権は何をやっているのか!」と厳しく指摘するか、もしくは「ダメな政権だが自分たちは様々な提案をしてギリギリの線を保っている。もっとあれもこれも必要だ」と述べてくれることを期待する。

枝野氏の本を手に取るのは多くが野党支持者、政権不支持者なのだから、「枝野さんは分かってくれている」「自民党ではもうダメだ、立憲頑張れ」と思ってもらうようなメッセージを発しなければならない。

ところが。コロナ禍については第3章に引っ込んでおり、頭から〈「新自由主義」的傾向に偏った社会経済システムが(中略)いかに脆弱であったかが明らかになった〉となんだか評論家のような文言から始まる。

間で確かに飲食店など厳しい状況下にある人に寄り添う姿勢は見せており、章末では自己責任社会への批判として〈「官から民へ」「民間でできることは民間へ」というスローガンとプロパガンダが与野党を問わず叫ばれ続けてきた。私自身、そうした流れに乗っていた部分があったことを反省する〉としているが、なんとしても現状を変えたいという熱や意思というものが伝わってこない。

あえてそうした感情的な記述を排しているようなのだが、おかげでどこか他人ごとのようにしか読めない文章になっている。つまるところここが問題で、納得する記述もないではないのだが、全体を通じて「あなたは何目線で政治を論評しているんですか?」というトーンが続いているのだ。

一方、肝心の第1章で何を扱っているかと言えば、〈「リベラル」な日本を「保守」する〉と題し、「安倍的な保守派の国家観は明治を起点としているが、我こそはそれ以前の日本の歴史をも重んじる本当の保守である」というお題目が飛び出してくる。

記述自体はこれまた同感ではあるのだが、それだけに読んですぐに思ったのはこういうことだ。

「政権を獲る準備ができた、と宣言したうえで、自らのビジョンを綴る本で、最初に言いたいことが、それなの???」

なぜ、と不思議に思っていたが、安倍晋三前総理の『新しい国―美しい国 完全版』(文春新書)を手に取って「なぁーんだ」と気づいた。

『美しい国』の第一章の冒頭で安倍氏が「リベラルと保守」について語っているのだ。その向こうを張ったということなのではないかと思うが、これまた読者(国民)置き去りの感が否めない。

新しい国へ 美しい国へ 完全版

関連するキーワード


梶原麻衣子 読書亡羊 書評

関連する投稿


【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】「笑顔が多い政治家はこの人!」「『日曜討論』はガチ」木下健、オフェル・フェルドマン『政治家のレトリック』(勁草書房)

【読書亡羊】「笑顔が多い政治家はこの人!」「『日曜討論』はガチ」木下健、オフェル・フェルドマン『政治家のレトリック』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。