【読書亡羊】悪用厳禁! テック的で洗練された政治活動 ユリア・エブナー『ゴーイング・ダーク―12の過激主義組織潜入ルポ』(左右社)

【読書亡羊】悪用厳禁! テック的で洗練された政治活動 ユリア・エブナー『ゴーイング・ダーク―12の過激主義組織潜入ルポ』(左右社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「学ぶべき欧米の若者たち」のダークサイド

自己肯定力が高く政治に対する強い関心があり、デモや政治活動に参加するのは当たり前。

時には政治への怒りを暴動のような形で表明する行動力がある。すぐに仲間を募って連携する組織力もある。テクノロジーに対する感度が高く、ネットを使って政治の新たな潮流を生み出すことに長けている……。

こうしたイメージとしての「欧米の若者」像の評価は、「それに比べて日本の若者は」と、本邦の現状を嘆く際の前置きのように使われている。

だが、「学ぶべき姿勢」「あるべき青年像」として評価される欧米の若者たちの行動力や政治意識、ネットスキルは、時として「ダーク」な方向にも向かい得る。

ユリア・エブナー『ゴーイング・ダーク―12の過激主義組織潜入ルポ』(左右社)は、過激主義者としてネット上に集まる若者たちの組織に潜入した女性研究者の体験記だ。

オルトライト、白人至上主義者、ネオナチ、Qアノンと呼ばれる陰謀論者、トラッドワイフを名乗る反フェミニスト女性たち、そしてISIS……。

身分はもちろん、時にルーツや出身国までを偽って、彼らのネット上の活動に参加し、実際に構成員に接触するユリア・エブナーの体験もとに書かれた本書。過激主義組織に参画する若者たちの思想や、新人勧誘、組織への貢献に従事させるテクノロジーを使った手口などを明かす。

ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ

「白人に対するジェノサイドが迫っている」

社会の分断の激化は、今やあらゆるメディアで警告が発せられている。が、正直ここまでとは思わなかった、というのが本書を読んだ感想だ。

過激主義者たちの危機感は相当、切迫している。

第7章で紹介される「WASPラブ」という白人主義者限定の出会い系サイトには、LGBTの権利拡大を「白人に対するジェノサイドが迫っている」と受け取る人たちが集う。つまり、彼らにとって同性愛者やトランスジェンダーの存在を許すことは、中絶容認と同様「次の世代の白人の誕生を妨害している」ことと同義なのだ。

だからこそ、「白人主義者の男女が出合い、結婚し、白人の子供を産む」ための出会い系サイトが必要なのだ。

また、白人至上主義者の間では、自らのルーツを証明するためのDNA検査が流行っているといい、聞いてもいないのに先祖について「イングランド系のアカディア系フランス人」などと事細かに系統を説明し始める者もいる。

これは「自らのアイデンティティ」に対する恐怖のなせる業だろう。自己肯定力の高さは、あくまでも「白人である」というルーツ込み。それを覆すような事実が見つかりはしないかと怯えてもいるのだ。

そしてこの恐怖心が、ネット上のアルゴリズムやテクノロジーによって増幅させられ、個人同士を結び付け、組織化してしまう。なまじ行動力があり、連帯感もあるだけに、過激主義組織は成長していく。

このことと冒頭で触れた「欧米の青年たちの長所」とは、まさに裏表の関係にあるのだ。

関連するキーワード


梶原麻衣子 書評 読書亡羊

関連する投稿


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評! 今年もよろしくお願いいたします。


【読書亡羊】なぜプーチンや金正恩は核による威嚇をやめないのか ブラッド・ロバーツ著、村野将監訳・解説『正しい核戦略とは何か』(勁草書房)

【読書亡羊】なぜプーチンや金正恩は核による威嚇をやめないのか ブラッド・ロバーツ著、村野将監訳・解説『正しい核戦略とは何か』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末、もとい、今年最後、年末書評!


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。