ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

「人権の党」である公明党はなぜ、ウイグル対中制裁に慎重なのか。「根拠なければ」と山口那津男代表は述べているが、真っ赤なナイキのシューズがウイグル人の血で染まっていることをご存じないのだろうか。我々の日常の購買行為が、中国による少数民族の弾圧に加担していた──。月刊『Hanada』2021年1月号に掲載され大反響を呼んだ、衝撃のレポートがついに解禁!


自由を奪われたウイグル人女性たち

Getty logo

ASPIレポートはいくつかのケーススタディを含んでいる。そのひとつが、米国靴メーカーであるナイキの例だ。ナイキは、自社の靴の製造を韓国企業であるテグァン産業の現地法人である青島泰光製靴有限公司に委託している。
 
この山東省青島に位置する工場には、2007年以来、60以上のグループに分けられた約9,800人のウイグル人が移送され、そのほとんどが、中国政府が危険な後進地域と見なすホータンやカシュガル出身の女性だという。
 
ウイグル人労働者は、日中はナイキのシューズ製造に従事し、夜は夜間学校で北京語を学び、中国の国歌を歌い、職業訓練と愛国教育を受ける。そのカリキュラムは、基本的に新疆ウイグル自治区の再教育収容所で実施されるものと同じだ。
 
夜間学校は「ザクロの種夜間学校」と命名されている。これは、習近平がスピーチのなかで「すべての民族はザクロの種のように堅く束ねられねばならない」と述べたことに由来する。
 
2020年1月のワシントンポストの報道によると、これらの労働者は自らの意思で来たのではなく、新疆ウイグル自治区政府によって移送され、休暇を取って帰宅することも許されていないという。ワシントンポストが掲載した写真によれば、工場には監視塔があり、有刺鉄線で覆われた塀で囲まれている。
 
労働者は工場周辺を自由に歩くことができるが、敷地からの出入りはゲートに設置されている顔認証カメラで常時監視されている。青島の工場では年間700万足以上のナイキのシューズが製造されており、中国政府高官に模倣拡散すべきモデルと見なされているという。

2018年1月、ホータンのローカルメディアが、青島の工場で働く130人のウイグル人労働者がホータンの自治体政府に送った感謝状を掲載した。そこには、彼女たちが工場に送られる前は貧困にあえいでいたが、いまは月額2,850元(約45,400円)を稼ぐことができ、過激な宗教的信条の危険さを学び、美しい生活を送っている、と北京語で書いてあった。

民族弾圧、世界中の消費者も同罪か

上記からわかるように、海外有名企業は、中国国内においてサプライヤーに業務委託しており、そのサプライヤーが中国政府のスキームに則ってウイグル人労働者を使用しているという構図がある。ASPIは82社に対して、それらの中国政府のスキームを採用しているサプライヤーとの関係を確認した。
 
少数の企業がそれらのサプライヤーとの契約を停止したと伝えてきたが、アディダスとボッシュとパナソニックは、それらのサプライヤーと直接契約していないと回答してきたという。とは言え、下請けサプライチェーンのどこかでウイグル人労働者を使用している可能性は否定できまい。
 
このように、西側自由主義国に住む我々は、中国による仮借なき人権弾圧に眉を顰めながらも、いつのまにか中国による人権弾圧、少数民族搾取、思想改造のスキームのなかに取り込まれてしまっているのだ。
 
西側諸国は中国を世界の工場として利用することで、廉価で高品質の製品を享受してきた。中国の労働コストが上昇していると言われていたが、その対応策として中国は少数民族を強制的に労働力として駆り出し、同時に思想改造教育を行っていたのだ。
 
我々は普通に生活しながら少数民族を弾圧し、搾取する恐ろしい世界に住んでいる。これこそが、中国が支配する世界だ。

関連する投稿


中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

現実は、信じ難い状況にある。5月10日現在、わが国政府は先進7か国(G7)の中で唯一、中国に対して何の制裁もしていない。立法府も立ち上がっていない。わが国の国会には、チベット、ウイグル、南モンゴルの3つの超党派議員連盟が存在する。3議連はジェノサイドに認定された中国政府の人権弾圧に関して抗議の国会決議案を4月末にまとめたが、その内容には落胆するしかない。


易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

中国のお家芸「易姓革命」はいかにして生まれたのか。そしてなぜ永遠に終わることがないのか。中国の悲惨な「4000年の病」を徹底解明する。


日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の国公私立大学計45校が、中国人民解放軍と関係が深く、軍事関連技術研究を行う国防七大学と大学間交流協定を結んでおり、うち9校は共同研究の実績があるという。懸念される技術流出と軍事転用。スパイ防止法がない日本の危機だ!


【動画】月刊『Hanada』最新6月号の読みどころ|花田紀凱×和田憲治

【動画】月刊『Hanada』最新6月号の読みどころ|花田紀凱×和田憲治

興味のある記事から読んでほしい!「“コムロ禍”という皇室の重大危機」(櫻井よしこ×竹田恒泰 )、「 絶対に治らない中国共産党の病理」(櫻井よしこ×有本香)、「小池百合子都知事のコロナ暗愚都政」(上田令子)、「“実子誘拐”は犯罪だ」(橋本崇載)、「朝日がつくった福島"汚染水"の風評」(藤原かずえ)など、花田編集長が「最新号の読みどころ」を解説!


孔鉉佑中国大使の暴言、日本は対中制裁を|和田政宗

孔鉉佑中国大使の暴言、日本は対中制裁を|和田政宗

中国大使館のホームページに掲載された孔鉉佑駐日中国大使のトンデモ論文。いま孔駐日大使をはじめとする世界各国の中国大使の動きを見ると、中国が対外宣伝工作を強化していることが分かる。そして、このように中国が対外宣伝工作を強めているのは、習近平国家主席が自らへの権力集中を進めようとしているためである。  


最新の投稿


We Do Not Need Lawmakers Who Can’t Protest China |Yoshiko Sakurai

We Do Not Need Lawmakers Who Can’t Protest China |Yoshiko Sakurai

Japan must make more efforts than any other country to respect human rights and protect democracy.


中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

現実は、信じ難い状況にある。5月10日現在、わが国政府は先進7か国(G7)の中で唯一、中国に対して何の制裁もしていない。立法府も立ち上がっていない。わが国の国会には、チベット、ウイグル、南モンゴルの3つの超党派議員連盟が存在する。3議連はジェノサイドに認定された中国政府の人権弾圧に関して抗議の国会決議案を4月末にまとめたが、その内容には落胆するしかない。


易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

中国のお家芸「易姓革命」はいかにして生まれたのか。そしてなぜ永遠に終わることがないのか。中国の悲惨な「4000年の病」を徹底解明する。


今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

シベリア抑留者に対して、共産主義思想を浸透させるために配布された「日本新聞」。第一級の史料である同紙の謎多き実態を明らかにすると同時に、その後の日本社会に波及した影響についても考察を加えていく。 日本新聞の「亡霊」は令和の時代になっても決して消えてはいない。


日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の国公私立大学計45校が、中国人民解放軍と関係が深く、軍事関連技術研究を行う国防七大学と大学間交流協定を結んでおり、うち9校は共同研究の実績があるという。懸念される技術流出と軍事転用。スパイ防止法がない日本の危機だ!