ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

「人権の党」である公明党はなぜ、ウイグル対中制裁に慎重なのか。「根拠なければ」と山口那津男代表は述べているが、真っ赤なナイキのシューズがウイグル人の血で染まっていることをご存じないのだろうか。我々の日常の購買行為が、中国による少数民族の弾圧に加担していた──。月刊『Hanada』2021年1月号に掲載され大反響を呼んだ、衝撃のレポートがついに解禁!


自由を奪われたウイグル人女性たち

Getty logo

ASPIレポートはいくつかのケーススタディを含んでいる。そのひとつが、米国靴メーカーであるナイキの例だ。ナイキは、自社の靴の製造を韓国企業であるテグァン産業の現地法人である青島泰光製靴有限公司に委託している。
 
この山東省青島に位置する工場には、2007年以来、60以上のグループに分けられた約9,800人のウイグル人が移送され、そのほとんどが、中国政府が危険な後進地域と見なすホータンやカシュガル出身の女性だという。
 
ウイグル人労働者は、日中はナイキのシューズ製造に従事し、夜は夜間学校で北京語を学び、中国の国歌を歌い、職業訓練と愛国教育を受ける。そのカリキュラムは、基本的に新疆ウイグル自治区の再教育収容所で実施されるものと同じだ。
 
夜間学校は「ザクロの種夜間学校」と命名されている。これは、習近平がスピーチのなかで「すべての民族はザクロの種のように堅く束ねられねばならない」と述べたことに由来する。
 
2020年1月のワシントンポストの報道によると、これらの労働者は自らの意思で来たのではなく、新疆ウイグル自治区政府によって移送され、休暇を取って帰宅することも許されていないという。ワシントンポストが掲載した写真によれば、工場には監視塔があり、有刺鉄線で覆われた塀で囲まれている。
 
労働者は工場周辺を自由に歩くことができるが、敷地からの出入りはゲートに設置されている顔認証カメラで常時監視されている。青島の工場では年間700万足以上のナイキのシューズが製造されており、中国政府高官に模倣拡散すべきモデルと見なされているという。

2018年1月、ホータンのローカルメディアが、青島の工場で働く130人のウイグル人労働者がホータンの自治体政府に送った感謝状を掲載した。そこには、彼女たちが工場に送られる前は貧困にあえいでいたが、いまは月額2,850元(約45,400円)を稼ぐことができ、過激な宗教的信条の危険さを学び、美しい生活を送っている、と北京語で書いてあった。

民族弾圧、世界中の消費者も同罪か

上記からわかるように、海外有名企業は、中国国内においてサプライヤーに業務委託しており、そのサプライヤーが中国政府のスキームに則ってウイグル人労働者を使用しているという構図がある。ASPIは82社に対して、それらの中国政府のスキームを採用しているサプライヤーとの関係を確認した。
 
少数の企業がそれらのサプライヤーとの契約を停止したと伝えてきたが、アディダスとボッシュとパナソニックは、それらのサプライヤーと直接契約していないと回答してきたという。とは言え、下請けサプライチェーンのどこかでウイグル人労働者を使用している可能性は否定できまい。
 
このように、西側自由主義国に住む我々は、中国による仮借なき人権弾圧に眉を顰めながらも、いつのまにか中国による人権弾圧、少数民族搾取、思想改造のスキームのなかに取り込まれてしまっているのだ。
 
西側諸国は中国を世界の工場として利用することで、廉価で高品質の製品を享受してきた。中国の労働コストが上昇していると言われていたが、その対応策として中国は少数民族を強制的に労働力として駆り出し、同時に思想改造教育を行っていたのだ。
 
我々は普通に生活しながら少数民族を弾圧し、搾取する恐ろしい世界に住んでいる。これこそが、中国が支配する世界だ。

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

今年6月に入管法(出入国管理及び難民認定法)が改正された。改正を受けた難民審査の工程表作成を出入国在留管理庁(入管庁)に要請してきたが、先週その回答があった。今回は、不法滞在者や不法滞在での就労等を狙う外国人をいかに減らしていくか、取り組みの詳細について記していく。(写真提供/時事)


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。