ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

「人権の党」である公明党はなぜ、ウイグル対中制裁に慎重なのか。「根拠なければ」と山口那津男代表は述べているが、真っ赤なナイキのシューズがウイグル人の血で染まっていることをご存じないのだろうか。我々の日常の購買行為が、中国による少数民族の弾圧に加担していた──。月刊『Hanada』2021年1月号に掲載され大反響を呼んだ、衝撃のレポートがついに解禁!


ウイグル人の血で染まったナイキのシューズ

Getty logo

いまの中国は共産主義ではなく、ファシズムだと指摘する人がいる。しかし、中国はこれまで人類が遭遇したことのない、まったく新しいタイプの脅威であり、かつ、最も強力だと考えるのが適切だろう。それは、徹底した国家統制主義でありながら、利益追求という人間の欲望をとことん刺激し支配するからだ。
 
中国は、レーニン式の全体主義国家運営を維持しながらも、ふたつの方法で全世界を中国に依存させることに成功した。まず、安価な労働力を使って世界の工場となり、サプライチェーンを支配した。メイド・イン・チャイナなしでは生活できなくなり、新型コロナのパンデミックに際しては、マスクすら中国でしか作っていないことがわかって慄然とさせられた。

もうひとつ。中国はその巨大な市場を武器とした。世界中の企業が売り上げ拡大を目指して中国に殺到。十分な購買力を持った中国市場の出現はグッドニュースでしかなかった。これからは、没落するアメリカに代わって中国の時代がやってくるから中国に付いていくのが正しい、と考えた国も少なくなかった。
 
しかし、中国はただ巨大な購買力を提供しているだけではなかった。様々な規制をかけて外国企業の技術を抜き取り、メイド・イン・チャイナの品質を飛躍的に向上させた。やがて自信をつけた中国は暴走する。
 
全世界の面前で、香港の民主主義を圧殺した。ここに至ってようやく世界は中国の本質に気付いたが、もはや手遅れかもしれない。西側先進国は金儲けが人権に優先するほど腐敗し堕落しており、それゆえにすでに中国に支配されているからだ。
 
中国の毒は、我々一般庶民の生活にも深く浸透している。真っ赤なナイキのシューズに憧れる人は、そのお洒落なシューズがウイグル人の血で染められているとは想像もしなかっただろう。我々の日常の購買行為が、中国による少数民族の弾圧に加担していたのだ──。

有名ブランド82社の下で強制労働

オーストラリアのシンクタンク、ASPI(Australian Strategic Policy Institute)のレポート“Uyghurs for sale”は衝撃的だった。
 
中国政府によるウイグル族の弾圧は以前から報じられていた。過激な宗教を封じるとの名目で、2017年から100万人以上のウイグル人が再教育施設に収容された──。このような報道を見聞きし、我々はウイグル人は虜囚の民だという認識だった。
 
だが、ASPIのレポートによると、中国政府のウイグル人政策はすでに次のフェーズに移行しているという。中国政府はすべてのウイグル人が再教育プログラムを卒業したと発表。思想改造を終えたウイグル人は中国全土の工場に送られ、厳しい監視下で強制労働に従事させられているというのである。
なかには収容所から直接工場に送られたケースもある。そして、我々が日常的に目にしている多くの有名企業が、その強制労働を利用しているというのだ。
 
ASPIは、中国の9つの省でウイグル人を労働者として使用している工場が27あることを確認。2017年から2019年の間に、新疆ウイグル自治区から少なくとも8万人がそれらの工場に移送された。それらの工場は、世界的に有名なブランド82社の製品製造に携わっている。

ブランド82社には、アップル、BMW、GAP、ナイキ、サムスン、フォルクスワーゲンなどの他、日立製作所、ジャパンディスプレイ、三菱電機、ミツミ電機、任天堂、パナソニック、ソニー、TDK、東芝、ユニクロ、シャープの日本企業11社も含まれている。
 
ウイグル人労働者たちは隔離された寮に住まわされ、労働時間外は中国語(北京語)と思想教育を受ける。カメラ等による監視の他に番人が配属され、行動範囲は制限され、すべての宗教行為は禁止されている。
 
工場での労働を拒否すれば強制収容所に送られる危険が常にある。地方政府と民間ブローカーには、労働者の獲得にあたって1人当たりいくらという報酬が支払われているという。
 
また、新疆ウイグル自治区の労働者の自宅には漢人が派遣され、家族を監視し、人質としている。中国政府は、このウイグル人強制労働プログラムを「職業訓練」と呼んでいる。

関連する投稿


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


米国は没落するか再起するか|田久保忠衛

米国は没落するか再起するか|田久保忠衛

バイデン、トランプ両政権の違いはどこにあるか。両大統領の対中発言に大きな差はない。が、バイデン大統領には、来年80歳という年齢問題が付きまとう。米国の混乱は同盟国を憂慮させ、独裁国を喜ばせる。


北京五輪対応で同志国と連携せよ|櫻井よしこ

北京五輪対応で同志国と連携せよ|櫻井よしこ

五輪対応で遅すぎる決定は、決定しないのと同じだ。中国に気兼ねして日本国は大事な価値観を守るための意志決定もできないのか。日本の価値観、国益のおよそ全てに逆行する中国に、いま、明確に異義を唱えずして、日本の存在価値はない。


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)