嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

日本政府も外務省もなぜこれを未だに放置しているのか? 書かれてあること全てが嘘の論文を堂々と駐日中国大使館のホームページに日本語で公開した孔鉉佑大使。大使に問う「なぜここまで平気で嘘がつけるのか?」と。「嘘も100回言えば真実になる」ことを許してはならない!


ウイグル人やモンゴル人へのジェノサイド

具体的に辿ってみよう。1949年10月、中華人民共和国が建国されると、翌年10月にはチベットを侵略した。チベット人の国土は中国に奪われ、ダライ・ラマ法王はインドに亡命して今日に至る。  

内蒙古のモンゴル人のケースを、モンゴル学者で日本国籍を取得した楊海英氏が書いている。1万5000ページに上る『モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料』(風響社)のどの頁にも、モンゴル人が体験した中華人民共和国による虐殺、拷問、搾取の具体例が記されている。楊氏の研究は、そうした悲劇がいまも続いていることを明確に示している。  

新疆ウイグル自治区で強制収容されている100万人とも200万人ともいわれるウイグル人への弾圧、拷問、虐殺はどう説明できるのか。香港はなぜ自由な言論空間を奪われたのか。果敢に真実を伝え続けた「リンゴ日報」の社主、ジミー・ライ氏はなぜ収監されているのか。周庭氏や黄之鋒氏はなぜ、逮捕されなければならないのか。  

孔大使には答えられまい。氏の言葉とは裏腹に、新中国は成立直後からあらゆる意味で侵略・圧政に手を染め続けている。国土、水資源、文化、思想、言語まで、他国、他民族のみならず、共産党に従わなければ自国民からも奪うのが共産党の中国だ。中国共産党は実に醜い政党だと強く実感する。この国は決して信用してはならないとの思いを改めて強くする。

究極の物言えば唇寒しの国

それでも孔氏は、新中国は「和を以て貴しとなす」精神で、70年間、終始平和的発展の道を歩んできたと言う。言葉で書き残しさえすれば、それが本物の歴史になると考えるのが中国人なのか。中華人民共和国憲法を読むと、その想いを強くする。そこには数々の民主的な条文が並んでいる。  

たとえば、中国は人権を尊重し(33条)、言論・出版・集会・結社・行進・示威の自由を保障する(35条)。宗教・信仰の自由(36条)も通信の自由及び通信の秘密も保護される(40条)。高齢者や貧しい国民には社会保険・救済及び医療事業を施す(45条)など、延々と美しい条文が続く。

問題は、どう見てもこれらの条文が文字だけに終わっていることだ。ジャーナリストや編集者が習近平国家主席の政治思想に関するテストを受け、合格しなければ記者証が更新されない中国に、言論の自由があるとは誰も言うまい。  

気の毒なことに、中国人は政治思想テストに合格して記者証を貰えたからといって、自由に報道できるわけではない。「リンゴ日報」の社主、ジミー・ライ氏が拘束されたように、中国共産党の主張に沿う記事しか書けないのである。  

言論の自由がないのはジャーナリズムにおける現象だけではない。共産党政府にはおとなしく従うべし、というのが中国万民に課された共通の原則である。アリババグループ創業者、ジャック・マー氏は国際社会に広く知られる実業家だ。世界的な成功を手にした氏でさえも例外ではあり得なかった。

氏は習近平国家主席の金融規制などを批判しただけで、史上最大規模の資金調達となるはずだったアントの新規株式公開を前日になって取り消された。中国はその国民、13億人全員にとって、究極の物言えば唇寒しの国である。

結論はひとつ、中共政府の言葉を信じてはいけない

関連する投稿


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

今年6月に入管法(出入国管理及び難民認定法)が改正された。改正を受けた難民審査の工程表作成を出入国在留管理庁(入管庁)に要請してきたが、先週その回答があった。今回は、不法滞在者や不法滞在での就労等を狙う外国人をいかに減らしていくか、取り組みの詳細について記していく。(写真提供/時事)


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


最新の投稿


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。