嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

日本政府も外務省もなぜこれを未だに放置しているのか? 書かれてあること全てが嘘の論文を堂々と駐日中国大使館のホームページに日本語で公開した孔鉉佑大使。大使に問う「なぜここまで平気で嘘がつけるのか?」と。「嘘も100回言えば真実になる」ことを許してはならない!


ウイグル人やモンゴル人へのジェノサイド

具体的に辿ってみよう。1949年10月、中華人民共和国が建国されると、翌年10月にはチベットを侵略した。チベット人の国土は中国に奪われ、ダライ・ラマ法王はインドに亡命して今日に至る。  

内蒙古のモンゴル人のケースを、モンゴル学者で日本国籍を取得した楊海英氏が書いている。1万5000ページに上る『モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料』(風響社)のどの頁にも、モンゴル人が体験した中華人民共和国による虐殺、拷問、搾取の具体例が記されている。楊氏の研究は、そうした悲劇がいまも続いていることを明確に示している。  

新疆ウイグル自治区で強制収容されている100万人とも200万人ともいわれるウイグル人への弾圧、拷問、虐殺はどう説明できるのか。香港はなぜ自由な言論空間を奪われたのか。果敢に真実を伝え続けた「リンゴ日報」の社主、ジミー・ライ氏はなぜ収監されているのか。周庭氏や黄之鋒氏はなぜ、逮捕されなければならないのか。  

孔大使には答えられまい。氏の言葉とは裏腹に、新中国は成立直後からあらゆる意味で侵略・圧政に手を染め続けている。国土、水資源、文化、思想、言語まで、他国、他民族のみならず、共産党に従わなければ自国民からも奪うのが共産党の中国だ。中国共産党は実に醜い政党だと強く実感する。この国は決して信用してはならないとの思いを改めて強くする。

究極の物言えば唇寒しの国

それでも孔氏は、新中国は「和を以て貴しとなす」精神で、70年間、終始平和的発展の道を歩んできたと言う。言葉で書き残しさえすれば、それが本物の歴史になると考えるのが中国人なのか。中華人民共和国憲法を読むと、その想いを強くする。そこには数々の民主的な条文が並んでいる。  

たとえば、中国は人権を尊重し(33条)、言論・出版・集会・結社・行進・示威の自由を保障する(35条)。宗教・信仰の自由(36条)も通信の自由及び通信の秘密も保護される(40条)。高齢者や貧しい国民には社会保険・救済及び医療事業を施す(45条)など、延々と美しい条文が続く。

問題は、どう見てもこれらの条文が文字だけに終わっていることだ。ジャーナリストや編集者が習近平国家主席の政治思想に関するテストを受け、合格しなければ記者証が更新されない中国に、言論の自由があるとは誰も言うまい。  

気の毒なことに、中国人は政治思想テストに合格して記者証を貰えたからといって、自由に報道できるわけではない。「リンゴ日報」の社主、ジミー・ライ氏が拘束されたように、中国共産党の主張に沿う記事しか書けないのである。  

言論の自由がないのはジャーナリズムにおける現象だけではない。共産党政府にはおとなしく従うべし、というのが中国万民に課された共通の原則である。アリババグループ創業者、ジャック・マー氏は国際社会に広く知られる実業家だ。世界的な成功を手にした氏でさえも例外ではあり得なかった。

氏は習近平国家主席の金融規制などを批判しただけで、史上最大規模の資金調達となるはずだったアントの新規株式公開を前日になって取り消された。中国はその国民、13億人全員にとって、究極の物言えば唇寒しの国である。

結論はひとつ、中共政府の言葉を信じてはいけない

関連する投稿


ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

脱中国に舵を切り、関係諸国と「中国包囲網」を形成する英国のジョンソン首相。自由貿易協定、ウイグル人権制裁、北京五輪ボイコット――日本は英国と手を携えて自由主義国の気概を示せ。今こそ「新・日英同盟」を!


対米交渉続行が中国の本音|田久保忠衛

対米交渉続行が中国の本音|田久保忠衛

冒頭から激しい応酬があった米中外交トップ会談。会談のやり取りから感情の部分を除去すると中国側の意外な本音が見えてくる。


日本人社員とその家族たちが中国で「人質」となる日|佐々木類

日本人社員とその家族たちが中国で「人質」となる日|佐々木類

外資の国外逃亡が加速して経済的に追い詰められた中国が態度を硬化させ、日系企業への締め付けを強めれば、中国在留約12万4000人の日本人の生命と財産が脅かされかねず、帰国もままならなくなれば事実上の「人質」となる。日本の中国進出企業はこのことにあまりに無頓着であり、無警戒すぎる!  


異様だった中国外相の記者会見|矢板明夫

異様だった中国外相の記者会見|矢板明夫

王毅・国務委員兼外相が全人代の記者会見で習近平国家主席に公然と忠誠心を誓う光景は異様に感じられた。王毅氏の発言は、これからの中国の外交がますます強硬になる可能性を示唆したともいえる。


米国は衰退するのか ― P・ケネディ氏と鼎談|櫻井よしこ

米国は衰退するのか ― P・ケネディ氏と鼎談|櫻井よしこ

果たしてアメリカは衰退しているのか。衰退は今後も続くのか。衰退は相対的か、絶対的か―。世界的ベストセラー『大国の興亡』の著者でイエール大学教授のポール・ケネディ氏は米国の未来への自信を示した。


最新の投稿


世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

平成23年(2011年)3月11日は、いまを生きる私たちにとって忘れ得ぬ日となりました――安倍晋三前総理が初めて綴った東日本大震災と日本論。


ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

脱中国に舵を切り、関係諸国と「中国包囲網」を形成する英国のジョンソン首相。自由貿易協定、ウイグル人権制裁、北京五輪ボイコット――日本は英国と手を携えて自由主義国の気概を示せ。今こそ「新・日英同盟」を!


台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事が実際に起きた際、同盟国軍が血を流している時に、自衛隊だけは後方支援に徹するのか。そして、中国によるウイグル人抑圧を虐殺と断じて怒った米国の隣で、法律がないことを理由に知らぬ顔をする国でいいのか。北朝鮮との間で拉致問題という人道案件を抱える日本は、どのような顔をして米国に助力を要請するのだろうか。


習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

知的財産を頭脳ごと盗み出す習近平による「千人計画」の全貌。対象者は学者だけでなくメディア関係者にも及ぶ。日本は今、野放し状態で中国などの草刈り場となっている!


なべやかん遺産|「歯」

なべやかん遺産|「歯」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歯」!