嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

日本政府も外務省もなぜこれを未だに放置しているのか? 書かれてあること全てが嘘の論文を堂々と駐日中国大使館のホームページに日本語で公開した孔鉉佑大使。大使に問う「なぜここまで平気で嘘がつけるのか?」と。「嘘も100回言えば真実になる」ことを許してはならない!


虚偽満載、騙しの論法

日本記者クラブで会見する孔鉉佑駐日中国大使(YouTube動画より)

駐日中国大使の孔鉉佑氏が、日本における中国に対する物の見方についての論考を駐日中国大使館のホームページ上に日本語で発表した。

(論文「孔鉉佑大使:中国関連の問題を見るいくつかの視点」はこちら

二度三度と読んで第一に浮かんだ率直な疑問は、もしこの種の一方的かつ虚偽満載で、日本が中国におよそ全ての責任を押しつけるような内容の論文を、北京の日本大使、垂秀夫氏が大使館のホームページに発表したら、どんな騒ぎが起きるだろうかというものだった。中国の一般民衆は怒り狂い、中国外務省は直ちに垂大使を呼びつけて厳重に抗議するだろう。怒った大衆が日本大使館を襲撃するやもしれない。それほど孔大使の主張は一方的で、嘘にまみれている。  

このような主張を公開した理由を、孔大使は「日本国内の議論における政治化、感情化の傾向」が日中関係の「正常な発展の雰囲気を壊している」ために、日本人が中国および日中関係について「より全面的、立体的にとらえ、新時代の日中関係のあるべき姿を共に考えられるよう」、物の見方を示したいからだと書いている。  

日本人の対中観を、矯正といって悪ければ、正しくしてやりたいというのである。孔大使の考える正しい視点や中国側の主張する事実については後述するとして、それらのおよそ全てが客観的に見て事実に反することを、まず本稿の冒頭で確認しておきたい。  

孔大使の論文から見てとれるのは、中国の得意とする騙しの論法である。このような内容を大使たる人物が発表したことについて、当然の疑問を抱かずにはいられない。なぜ孔大使、そして中国人はここまで嘘をつけるのか、と。外交において自国の利益を追求するのは当然である。策略も恫喝も手の内ではあろう。とはいえ、世界中の国々、政治家、研究者、人々が知っている公知の事実を、中国ほど臆面なく修正しようとする国は多くはないだろう。  

孔大使の論考を繰り返し読んで、間違いを犯すことはあるにしても、事に当たっては出来得る限り誠実であろうとする日本人の精神とは決して相容れないものを感じざるを得なかった。そして、彼らは本気なのだと改めて実感した。

関連する投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


最新の投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。