嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

嘘にまみれた駐日中国大使・孔鉉佑氏に反論する|櫻井よしこ

日本政府も外務省もなぜこれを未だに放置しているのか? 書かれてあること全てが嘘の論文を堂々と駐日中国大使館のホームページに日本語で公開した孔鉉佑大使。大使に問う「なぜここまで平気で嘘がつけるのか?」と。「嘘も100回言えば真実になる」ことを許してはならない!


駐日中国大使館HPより

孔大使の主張はおよそ全て事実に反する

隣国中国は経済大国で軍事大国である。彼らは世界制覇の野望をもはや隠さない。孔大使の指摘からも読みとれるように、もはやどの国にも気兼ねせずに、中国の時代が来た、中国が世界の在り方を定義すると、事実上、宣言している。日本はこのような中国共産党政府との距離を近づけすぎてはならない。これ以上中国に接近して搦めとられ、日本の運命を彼らに託さざるを得ない状況を作ってはならない。孔大使の論文は、その意味で日本にとって大きな警告である。  

孔大使はまず問うている。強大になったら、中国は対外拡張をするだろうか、と。そして自ら答えている。「侵略・拡張は中国の政策の選択肢ではなく、そうなることはありえない」と。  

大事なことは、日本のみならず全世界で進行中の事実を孔大使の言葉に照らし合わせて見ることだ。米国のオバマ政権が国際社会への軍事介入に慎重であると見極めた時点で、中国は南シナ海を奪いにかかった。オバマ政権第二期の4年間で、中国は南シナ海の実効支配をほぼ確立した。南シナ海沿岸諸国の抗議も、国際司法裁判所・常設仲裁裁判所の判決も、中国は無視した。そのうえで「侵略・拡張」の道を彼らは今日も驀進する。  

孔大使が否定する「中国の侵略・拡張」は南シナ海に限らない。中印国境におけるたびたびの侵犯はどうだ。ブータンの国土を削り取り続けていることはどう説明するのか。わが国の尖閣諸島を奪おうと、この十年あまり、日々わが国領海、接続水域に侵入し、わが物顔に振る舞っているではないか。

孔大使の主張はおよそ全て事実に反する。世間ではこれを真っ赤な嘘と呼ぶ。

侵略は中華人民共和国の歴史とぴったり重なる

中国は嘘をつく国、という指摘は決して目新しくはない。『China 2049秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』(日経BP)の著者、マイケル・ピルズベリー氏は、長年米国が中国の巧妙かつ国家ぐるみの嘘に騙され続け、米国も西側社会も容易でない状況に追い込まれていることを詳細に書いた。著書ではおよそ全ての事柄を、人名、時期、場所も含めて実名で発表した。  

中国が嘘をつく国であることは、同書によっても他の事例によっても国際社会周知の事実となったが、私は孔大使が嘘をつく祖国を「立派な国」に見せかける理屈を展開していることに注目したい。

それは以下の件だ。「中華民族の『和を以て貴しとなす』精神は今日まで受け継がれて」おり、それゆえに「新中国成立後70年間、中国は終始変わらず平和的発展の道を歩」んできた、という部分だ。  

チベットやモンゴルの人々は、この件を読んで心からの抗議の叫び声を上げるだろう。中華民族が和を尊ぶ民族であったなら、20世紀から21世紀にかけての多くの民族の悲劇、幾百万の、否、幾千万の人々が殺害され、死にも等しい責め苦に喘ぐ不幸はなかったはずだ。中国共産党は、中華人民共和国の建国直後から人民解放軍を他民族弾圧のために派遣した。侵略は中華人民共和国の歴史とぴったり重なる形で進められたのではないか。

関連する投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


最新の投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。