映画『熱狂宣言』 奥山和由監督インタビュー|編集部

映画『熱狂宣言』 奥山和由監督インタビュー|編集部

映画『熱狂宣言』は、「外食業界の風雲児」の異名をとり、若年性パーキンソン病であることを告白した、DDホールディングス社長・松村厚久のドキュメンタリーです。普段、奥山さんは映画をプロデュースする立場ですが、今作では監督。


身近な人が撮影を

──本作の特徴は、奥山さんが常に松村さんの傍にいて、彼に向けてカメラを構えているのではなく、松村さんの身近にいる社員さんなどにカメラを託してしまっているところです。監督がカメラを放棄するドキュメンタリーってないですよね。


奥山 初めて会ってすぐに「この人は映画にできるな」と思ったんだけど、いざこちらがカメラを構えると、サービス精神旺盛だから演じちゃうんですよ。逆に不自然で、本当の松村さんの姿を捉えられない。だったら、もう身近な人にカメラを渡して、普段の姿を撮ってもらおうと考えたんです。


ドキュメンタリー映画の特権は、画面がぶれていようが、焦点が合ってなかろうが、そこで何をしているのかさえわかれば画面の質は二の次になること。だから素人である社員でも、ボタン1つで映しておいてもらえば、それが映画の素材になったんです。


深作欣二さんは、「人間を見て、その人が楽しければカメラを向ける、それだけでドキュメンタリーはできあがる」という発想の人でした。だけど、それは名匠、巨匠だからなんですよね。僕1人の力ではとても無理だから、いろいろな人の力を借りました。あとから見返してみたら、僕が撮ったところは使えず、社員が撮った映像のほうがいいものばかりでしたよ。


──全部で何時間分くらい?


奥山 どれくらいだろう。たぶん、映画本編で使ったのは1%くらいです。


──編集が大変だったのでは。


奥山 まず、ざっくり作ったら2時間45分くらいになって、どこをどう削っておもしろくしようかと悩みました。いつも松村さんのそばにいる社員とそばにいない僕とで、どこがおもしろいか、どこに興味を持ったのかを話しながら編集していきました。

奥山和由監督

奥山和由(おくやま かずよし)
1954年生まれ。大学在学中に深作欣二、斎藤耕一などに師事。1982年『海燕ジョーの奇跡』で映画製作に初めて携わり、その後『ハチ公物語』『226』『その男、凶暴につき』など多数のヒット映画をプロデュース。1994年『RAMPO』で映画初監督、日本アカデミー優秀監督賞などを受賞。1997年製作の『うなぎ』(監督/今村昌平)では第50回カンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞。『地雷を踏んだらサヨウナラ』でロングラン記録を樹立。

負の部分が魅力

──序盤で監督が画面に登場して、この映画の撮影の意図を説明しだしたのには驚きました。


奥山 僕がプロデューサーだったら、ドキュメンタリーで監督が出て来て説明するなんて「ふざけるな」と言うところですが(笑)、インチキ監督なので、「こういう無責任な撮り方をしましたよ」と言い訳をしておいたんです。ただ、結果的にはいろいろな人がカメラを持つことで、松村厚久という人物のプリズム状の光を撮れたと思います。


この撮影方法について、『キネマ旬報』の元編集長が楽しんでくれたり、脚本家の鎌田敏夫さんも褒めてくれましたよ。鎌田さんなんかテレビドラマの巨匠だから、こんなやり方は怒られるかと思った(笑)。


あと、試写会に安倍昭恵さんも来られて、「熱狂しました」と仰ってくれました。「私もハンディカメラで主人を撮ったら映画になるのかな」とも(笑)。そりゃなりますよね。


──ナレーションや説明などは一切ありませんでした。


奥山 当初は役所広司さんにナレーションをお願いできたらと思ってたんですが、ナレーション原稿を考えると、どうも合わない。言葉にしてしまうと分かりやすいんだけど、カッチリしすぎてイメージが固定化されるんです。松村さんの魅力というのは、活字にならない行間みたいなところにある。ロジックで考えるとそぎ落とされる負の部分と言えばいいのかな。


僕には外食産業のことはわからない。松村さんのビジネスマンとしての評価もわからない。だけど、とにかくストレートで、オープンマインドなのはわかる。では、何でそうなったかといえば、やはり病気になったからでしょう。


映画の素材として病気以前の資料を見たけれど、正直言っておもしろくもなんともない(笑)。もちろん百店舗百業態という目標を掲げてイケイケでやっていたけど、それは狙いすぎだったように僕には見えました。


そんな折に若年性パーキンソン病になり、発症まであと5年と言われてから、ありていな言葉でいえば「駄目でもともと」という感覚で、自然にアグレッシブになっていった。


人に会う時に具合悪そうに見られるのが嫌だから、華やかな格好をする。それが受けたからよりおしゃれに気を使う。足腰が自由に動かないのに、人の前に出てパフォーマンスもしたくなる。パフォーマンスをすれば、あとでぐったりしてしまう。そういう負を押し返そうとし、また反動が返ってきて……という狭間みたいなところがおもしろいなと思いました。

関連する投稿


ストーリー滅茶苦茶!『ゴジラvsコング』はかつてないひどい映画|花田紀凱

ストーリー滅茶苦茶!『ゴジラvsコング』はかつてないひどい映画|花田紀凱

全世界興収500億円突破をした話題作『ゴジラvsコング』。ゴジラ好きの花田編集長は期待を膨らませ、封切り早々、映画館に向かったが……あまりのひどさに物申す!


『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」、編集部が厳選した今月のオススメはこちら! ぜひ「これはウマイ!」と舌つづみを打ってください。


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉗共産党と相性がいい高度テクノロジー監視社会

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉗共産党と相性がいい高度テクノロジー監視社会

『目に見えぬ侵略』『見えない手』の入門書と言える『副読本』を発売! 二冊の大著から奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説しています。その中から三項目を特別公開。今回は三つ目「監視社会」。


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉔脅かされているのは「人権」そのもの

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉔脅かされているのは「人権」そのもの

『目に見えぬ侵略』『見えない手』の入門書と言える『副読本』を発売! 二冊の大著から奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説しています。その中から三項目を特別公開。今回は二つ目「人権」問題について。


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉓国際世論を意のままに作り変える

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉓国際世論を意のままに作り変える

中国共産党の「浸透工作」を全篇実名で解明し、日米欧を震撼させた『目に見えぬ侵略』『見えない手』。その入門書と言える『副読本』を弊社より発売! 2冊で合計900ページ以上の大著から、奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説。その中から三項目を特別公開。一つ目はこちら!


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!