ストーリー滅茶苦茶!『ゴジラvsコング』はかつてないひどい映画|花田紀凱

ストーリー滅茶苦茶!『ゴジラvsコング』はかつてないひどい映画|花田紀凱

全世界興収500億円突破をした話題作『ゴジラvsコング』。ゴジラ好きの花田編集長は期待を膨らませ、封切り早々、映画館に向かったが……あまりのひどさに物申す!


映画『ゴジラvsコング』公式サイト

どこが究極のエンタメ!?

メチャクチャな映画だ。
 
こんなにひどい映画を、かつて見たことがない。
 
ハリウッド版ゴジラシリーズの最新作『ゴジラVSコング』。
〈究極のエンターテインメントへとさらに昇華させる“夢の共演”がついに実現!〉
 とパンフにあるが、どこが!?

封切り早々の日曜、二子玉川に見に行った。IMAXで2700円(シニアだから2200円だけど)、パンフレットが1100円。
 
3000円も出して、こんな映画を見せられたんじゃ、たまったもんじゃない。
 
終わった後、隣の席の人に思わず聞いてしまった。

「おもしろかったですか?」
「ええ、まぁ……」
 
何しろストーリーが滅茶苦茶。帰ってきたカミさんに「どんな話なの?」と聞かれても答えようがない。
 
ゴジラとコングがなんで、どうやって、突然、香港に現れて、闘うのかがわからない(一説には中国が製作費の一部を負担しているからとも)。
 
パンフレットのSTORYを読んでもよくわからない。
 
小栗旬が初めてハリウッド進出と話題になったが、小栗の役もよくわからない。存在感ゼロで、全然冴えない。
〈もともとの台本では各キャラクターの背景が描かれていましたが、本編ではそこをそぎ落としてシンプルにゴジラとコングの戦いに特化したことで、結果的にとても爽快な作品になったと思います。〉
 
本人がパンフレットにそう書いているが、苦しい。
 
吉川ひなのが、かつて出演したホラー映画『デスライド』があんまりひどいので、自らの経歴から消したがっていたと聞いたことがあるが、小栗旬も、出演を悔やんでいるのではないか。
 

口直しに第1作を見直そう

この映画をひと言で評すれば「怪獣のプロレス」。
 
ゴジラとコングの闘いはさすがに迫力があるが、なら、そのシーンだけ見せてくれた方がスッキリする。時間も短縮できるし。
 
ゴジラ映画は新作が出る度に必ず見ているが、やはりぼくにとってのベスト、ゴジラ映画は昭和29年、本多猪四郎監督、円谷英二特撮監督の『ゴジラ』だ。
 
それと、第2作の『ゴジラの逆襲』。

〈放射能を吐く大怪獣の暴威は日本全土を恐怖のドン底に叩き込んだ〉というキャッチフレーズも決まっている。
 
当時、ぼくは小学校6年。ビキニ環礁の水爆実験で第5福竜丸が被爆し、プロデューサーの田中友幸が、この事件からヒントを得てゴジラを発想したなんてことはむろん知らなかった。
 
しかし、第一作で大戸島の山の端から、ゴジラがヌッと顔を出すシーン。有楽町、日劇前でゴジラが走ってくる国電をひきちぎるシーン。第2作でゴジラとアンギラス(ぼくはこの怪獣がとても好きだった)が、大阪城の天守閣で取っ組み合うシーンは今でも鮮明に思い出すことができる。
 
ビデオで、DVDで、また映画館の特集上映で、何度、見たかわからないが、その度におもしろく見られる。飽きない。
 
SF研究家の大伴昌司がこのゴジラ第1作についてこう言っている。
「不安やパニックの描写に優れ、本篇と特撮とが融合している唯一の作品、映画史上に残る傑作。それ以降に出現したさまざまな怪獣映画は『ゴジラ』の蛇足に過ぎない」
 
口直しに、今からDVDで第1作を見よう。

関連する投稿


『作家の値うち』小川榮太郎インタビュー「いまの文壇は不真面目過ぎる」

『作家の値うち』小川榮太郎インタビュー「いまの文壇は不真面目過ぎる」

現役作家100人の主要505作品を、文藝評論家の小川榮太郎氏が100点満点で採点した話題の新刊『作家の値うち』(飛鳥新社)。筆者の小川氏が執筆の苦労や、いまの文壇の問題点まで、語り尽くす! (聞き手・花田紀凱)


「明かり」発言叩き、関口宏、坂上忍両氏は菅前総理に謝れ!|花田紀凱

「明かり」発言叩き、関口宏、坂上忍両氏は菅前総理に謝れ!|花田紀凱

8月、菅義偉総理(当時)は、コロナ感染者数の見通しについて、「明かりははっきりと見え始めている」と発言。マスコミは、一斉にこの発言を叩いたが、結果はどうだったか。あの「明かり」発言を叩いた連中よ、自ら言ったことの責任をとれ!


菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラvs.コング」!


なべやかん遺産|立て看板

なべやかん遺産|立て看板

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「立て看板」!


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)