映画『熱狂宣言』 奥山和由監督インタビュー|編集部

映画『熱狂宣言』 奥山和由監督インタビュー|編集部

映画『熱狂宣言』は、「外食業界の風雲児」の異名をとり、若年性パーキンソン病であることを告白した、DDホールディングス社長・松村厚久のドキュメンタリーです。普段、奥山さんは映画をプロデュースする立場ですが、今作では監督。


株主全員に許諾を

──株主総会のシーンが長めに使われていて、他のシーンとのギャップを感じました。


奥山 事業家として、唯一向かい風に立っているところですね。ああいうシーンを入れておかないと、パーティで騒いでいるのが大好きな気な社長になってしまうので(笑)。企業家として、こういう場に立ち、仕事をしているシーンとして残りました。


株主総会の映像は、本来、目的外使用は禁止されているから、使用するのに苦労しました。僕がではなく、会社の人がですが(笑)。株主全員に許諾を取ったんですよ。


──あの松村さんにクレームを入れている人にも?


奥山 もちろん。誰かわからないように、映像や音声には加工を施しましたけどね。


個人的には、株主総会のあとで「どうってことない」と言いながらちょっとショックを受けている松村さんの顔が好きですね。あれが正と負の真ん中あたりの表情なのかなと。


──映画のジャンルで言うなら「難病もの」ですが、感動させようとはせず、松村さんと周りの人が楽しんでいるのが伝わってきますね。


奥山 難病と戦う姿よりも、その周りにいる人のほうを撮りたかったというのもあります。「社長がかわいそうだから支えよう」というのではなく、「この人が好きだからサポートしよう」という感じ。たしかに社長と社員という関係ではあるんだけど、腫れ物に触れるようではなく、時には具合の悪い松村さんを引きずったりしていたでしょう(笑)。そういう関係性がよかったですね。


映画内でも使いましたが、あまりに松村さんが元気だから「病気が治っちゃいそうだね」と言ったら、「何言っているんですか、治りますよ!」と。普通、病人のほうが「治るかな」と気弱になって、周りが「治るよ!」と励ますものだけど、逆だった(笑)。そういう人なんですよ

共犯意識が楽しい

──本作の次は何を?


奥山 11月17日にプロデュースした『銃』(武正晴監督、中村文則原作)が公開されます。


いまは大林宣彦監督の『海辺の映画館─キネマの玉手箱』を製作中です。大林監督、元気ですよ。打ち合わせの時は車いす、クランクインが近づいてくると杖になり、撮影に入ったら普通に立って歩いているんですから(笑)。先日はロケ地で大雨が降っているのに、1人で杖もなく山を登っていました。中島貞夫さんといい、山田洋次さんといい、あの年代の人はお元気だ。


──映画製作は楽しいですか?


奥山 先日、中島さんが「皆さんに迷惑かもしれないけど、あと1本撮りたい」とおっしゃっていたので、僕はこう言いました。


「中島さん、そもそも映画製作自体が迷惑なんです。迷惑をかけてやるのが映画ですから」(笑)


当たるかどうかわかりませんし、作らなくてもいいといえば作らなくてもいいんだから、映画製作って迷惑でしかないんですよ(笑)。


でもやっぱりおもしろさはあって、1つは迷惑であるはずの映画が、ある段階で利権になる。つまり、儲かりそうになる。すると、やたら人が群がってくるんですよ。それを排除しながら、いかに自分の思う作品にできるかという権力ゲームみたいなところがあって、それに燃えますね(笑)。


もう1つは、負け戦だろうが勝ち戦だろうが、やっているうちに本当に映画が好きな人間が集まってくる。そういう純化した気持ちを持って一緒に作品を作っていく仲間意識、というより共犯意識みたいなものがあって、それが楽しいですね。


──本作撮影前にあったという閉塞感は、この作品を監督することで突破できましたか?


奥山 うーん、まだあるし、閉塞感それ自体を楽しむことはできないんだけど、許される範囲内で自分をどう熱くさせられるか、おもしろがらせることができるか、ということを考えるようになりました。


そういう意味では、松村さんに会って、この映画を撮ってよかったなと思います。

映画『熱狂宣言』

製作・監督/奥山和由 出演/松村厚久 11月4日 TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開

(配給・KATSU-do/チームオクヤマ) (c)2018 吉本興業/チームオクヤマ

関連する投稿


ストーリー滅茶苦茶!『ゴジラvsコング』はかつてないひどい映画|花田紀凱

ストーリー滅茶苦茶!『ゴジラvsコング』はかつてないひどい映画|花田紀凱

全世界興収500億円突破をした話題作『ゴジラvsコング』。ゴジラ好きの花田編集長は期待を膨らませ、封切り早々、映画館に向かったが……あまりのひどさに物申す!


『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」、編集部が厳選した今月のオススメはこちら! ぜひ「これはウマイ!」と舌つづみを打ってください。


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉗共産党と相性がいい高度テクノロジー監視社会

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉗共産党と相性がいい高度テクノロジー監視社会

『目に見えぬ侵略』『見えない手』の入門書と言える『副読本』を発売! 二冊の大著から奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説しています。その中から三項目を特別公開。今回は三つ目「監視社会」。


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉔脅かされているのは「人権」そのもの

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉔脅かされているのは「人権」そのもの

『目に見えぬ侵略』『見えない手』の入門書と言える『副読本』を発売! 二冊の大著から奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説しています。その中から三項目を特別公開。今回は二つ目「人権」問題について。


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉓国際世論を意のままに作り変える

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉓国際世論を意のままに作り変える

中国共産党の「浸透工作」を全篇実名で解明し、日米欧を震撼させた『目に見えぬ侵略』『見えない手』。その入門書と言える『副読本』を弊社より発売! 2冊で合計900ページ以上の大著から、奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説。その中から三項目を特別公開。一つ目はこちら!


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!