空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

新型コロナウイルス感染症と戦う医療従事者に感謝と敬意を表すため、都心上空を飛行したブルーインパルス。それを政権批判に利用するメディアや文化人たち。繰り返される組織的な妨害活動など知られざるブルーインパルス苦難の歴史を航空自衛隊出身の議員が初めて告発。


河野防衛相(当時)のカウンター

Getty logo

6月1日に河野太郎防衛大臣(当時)は自身のブログにて、予算や都心上空を飛行した経緯について説明しています。

〈なかにはこんなことにいくら予算をかけたんだというご批判めいたメールもありましたが、ブルーインパルスの予算は、T―4練習機の訓練飛行に要する経費と併せて計上していますが、今回、このなかで実施しています。 ブルーインパルスの燃料費、スモークに使う発煙油、随伴機と整備員を輸送するコスト、合計して約360万円です〉  

また、ブルーインパルスを飛ばすより、医療関係者に手当を配るのが先だろうという意見があったことに対しては、河野大臣は「それは別物だと思います」と、はっきりと述べています。  

さらに、今回の飛行経緯について。

〈今回の決定は、私から、航空幕僚監部に対し、医療従事者への敬意と感謝を示すためにブルーインパルスを飛行させることができないか検討するように指示を出し、ブルーインパルスが6機で飛行できるのは5月末までに限られることから、一度の飛行で、全国の医療従事者に敬意と感謝を表すためには、首都東京の上空を飛行させることにしたいという案が報告され、その通り実施するように指示しました〉  

その他にも、東京都多摩地区を飛行しなかったこと、ダイヤモンド・プリンセス号に対応した横浜や、感染者を受け入れたホテル三日月に感謝と敬意を示さなかったのか等、様々な意見が河野大臣に寄せられた、とブログに書かれています。  

このように、防衛大臣がブルーインパルスの都心上空飛行について予算や決定の経緯を公表することは、批判勢力に対する適切なカウンターパンチでした。特に発信力が強く、はっきりと発言される河野太郎氏が防衛大臣で良かったと心の底から思います。  

河野大臣のブログについて、元空将の織田邦男氏は自身のFacebook で次のように述べました。 〈こんなことを大臣が説明しなければならない国なんて、やはり日本だけだろうね……同じことを米国では空軍のサンダーバード、海軍のブルーエンジェルスがやっているが、称賛の拍手こそすれ、誰一人文句を言う人はいない。少なくとも一片のニュースにもなっていない〉  

織田元空将の指摘するとおり、空軍が医療従事者に感謝と敬意を表する飛行は、アメリカやイタリアおよびカナダでも行われています。織田元空将が遺憾に思うように、空軍に対して称賛の拍手こそすれ、誰一人文句を言う人はいません。世界から見て、日本だけが非常識な状況になっています。

反戦団体による組織的な妨害活動

歴史を振り返れば、航空自衛隊とブルーインパルスは苦難の歴史を背負ってきました。2000年7月には、訓練を終えて帰還する途中に宮城県牡鹿郡牡鹿町(現・石巻市)の光山山頂付近にて2機が墜落、3名が殉職する事故が起きています。2011年の東日本大震災では、拠点となる松島基地が津波で被災しています。  

しかしそれだけではなく、航空自衛隊とブルーインパルスが、反戦団体による組織的な妨害活動を受けていたことは、読者の皆様はご存じでしょうか。  

航空自衛隊の各基地における航空祭では、イベントの最後にブルーインパルスの曲技飛行が展示されます。航空祭では多くの航空ファンが全国各地から集い、ブルーインパルスのフライトに歓声を上げていますが、基地の正門前では「ブルーインパルスの展示飛行反対!」という場違いな声も聞こえてきます。  

その反対運動の先頭に立つのは日本平和委員会です。彼らのHPによると、次のように書かれています。 「北海道から沖縄まで全国47都道府県で、草の根から平和を創るために活動しているNGOです」 「当会は、思想・信条・政派の違いをこえて、規約に賛同する個人をもって構成される個人加盟の団体です」  

代表理事の有馬理恵氏は劇団俳優座所属、石川康宏氏はマルクス経済学者、岸松江氏は共産系団体から新宿区長選に立候補経験あり、内藤功氏は共産党元参議院議員です。  

思想・信条の違いをこえて、と書かれていますが、「いわゆる共産党系の団体」といえるでしょう。今年の2月の創立70周年記念レセプションでは、共産党から小池晃氏、井上哲士氏が出席しています。

関連する投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

大田實海軍中将は自決する直前、海軍次官に宛てた最期の電文を発出。「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」。後世の政治家は、この言葉にしっかり応えているのだろうか。思い切った振興政策を行わなければ、こうした状況は改善できない。そこで提唱しているのが、沖縄県を「相続税無税特区」にすることである――。


【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。