国民が呆れた メディアと野党の茶番劇|阿比留瑠比

国民が呆れた メディアと野党の茶番劇|阿比留瑠比

♪野党議員は、気楽な稼業ときたもんだ~。何しろ、国会やテレビカメラの前で、ナントカの1つ覚えのように「モリ、カケ」とだけ唱えていれば高給がもらえるほか、文書交通費や政党助成金も支給される。3人の公設秘書もついてくる。こんなに簡単で楽な商売が、世の中にあっていいのだろうか。


同日の参院予算委員会では、社民党の福島瑞穂氏がこんな無茶な質問をしていた。

「官僚に刑法犯を犯させてまで守ってもらったんでしょ。総理を守るための書類の改竄で、さらに人が死んでいる」

これには安倍首相も「全て決めつけだ。そう決めつけるのであれば、その理由を示してもらいたい」と反論したが、福島氏の目的はテレビ視聴者に首相の悪いイメージを植え付けることだろう。理由も定かでない1人の人間の自死まで政治利用して政権攻撃に使っているのは、福島氏だけでなく野党議員に数多い。

メディアも、官僚による安倍首相への忖度をやたらと強調するが、はたして実態はどうか。首相自身は最近、近しい大物官僚OBに、面と向かってこんな本音を囁かれている。

「申し訳ありませんが、官僚にとっては首相も大臣もどうでもいいんですよ」

どうせ数年で交代する首相や閣僚よりも、もっと長い時間をともにし、出世にかかわってくる役所内の上司のほうがよほど重要な存在なのである。そんなことは永田町では常識だったはずなのに、野党議員もメディアもそれは指摘しない。財務省OBもこう語る。

「財務省では、上司にこびへつらうことはあっても、政治家など外部にそれをする必要はない」

与野党問わず多くの政治家を若手の頃から取り込んでおり、国税庁という捜査機関を持ち、マス・メディアや経済界も押さえている財務省の官僚が、省内ならともかく省外で忖度する理由などないというのである。

安倍首相自身も、それでも官僚の忖度説に固執するある政治評論家に、直接こう問いかけたことがあるという。 「あなたは政治部の若手記者だった頃、社長の意向や思惑なんて忖度することがありましたか」

すると評論家は、「なるほどそうですね。下っ端の頃は、社長がどうのこうのなんてまるで考えませんでした」と納得した。日本という超巨大組織のトップがどう思っているかなど、末端職員の知るところでも慮るところでもないのは当たり前だろう。

昭恵夫人への個人攻撃

そもそも自殺した近畿財務局職員が残した遺書とメモ(書き置き)には、本省理財局職員の名前はあるものの、安倍首相も昭恵夫人も出てこない。筆者が聞き及んだところでは、遺書とメモにはたくさんの固有名詞が出てくるが、とりわけある職員への恨みつらみが記されているという。

にもかかわらず、次に示すようにまるで安倍首相や昭恵夫人が自死に追い込んだかのように言うのは、明らかな人権侵害であり、故人の名誉をも弄び、傷つけることである。

「昭恵さん、貴方も人間でしょ。貴方が(森友学園の)名誉校長になり校地予定地を視察し、講演で『何かお役に立てれば』と言い、感涙しなければ、人ひとり死ななくて済んだんですよ! 良心の呵責というものがないんですか?」

「昭恵さん、いずれにせよ貴方が関与した学校をめぐる問題で自殺者がでたんでしょ。普通の神経の人間なら、そのショックでふさぎこんでいると思っていた。どこまで貴方は『ノー天気』なんですか。国会に出てきて証人喚問を受けなさい! それがせめてもの、犠牲になった方への『お悔み』でしょうが!!」(ともに3月13日の無所属の会の江田憲司衆院議員のツイッター)

一方、参院予算委を受けた20日付の朝日新聞朝刊には、1面に大きく「昭恵氏記述巡り論戦」 「理財局長『総理夫人だから記述』」との見出しが載り、2面でも派手に「昭恵氏影響釈明に終始」とあった。読者に昭恵夫人には何かあると思い込ませたいのか。個人攻撃だとの印象を受ける。

野党も一部メディアも、自分たちがなりふり構わずやっていることや主張していることが恥ずかしくないのか。本当に、こんなことでいいと信じているのか。これがはたして民主主義国家にふさわしいやり方だろうか。

官僚の「働き方改革」を阻害したのは?

そして、森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書がなぜ改竄されたかについては、衆参両院で3月27日に行われた佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を通じ、背景が浮かび上がってきた。

佐川氏は理財局長当時に「交渉記録は廃棄した」などと、改竄前文書とは食い違う「丁寧さを欠いた」(佐川氏)答弁をしていた理由について、「お叱りを受けると思うが」 「言い訳になるが」と断りつつも、こう説明した。

「当時、局内は私も含めて連日連夜、朝までという日々で、本当に休むこともできないような、月曜日から金曜日まで毎日ご質問を受ける中で、そうした(確認の)余裕はなかった。全く余裕がなかったのが実態で、相当、局内も騒然としていた」(自民党の丸川珠代参院議員への答弁)

「局内の騒然とした状況の中で、やはりそれ(確認)を怠ったということだろう」(公明党の横山信一参院議員への答弁)

「レクチャーを受ける時間もほとんどなく、原課で作った答弁資料を入れてもらい、順次読み込んでいるという状況だった」(日本維新の会の浅田均参院議員への答弁)

また、答弁内容については省内や首相官邸と十分協議していたはずではないかとの問いには、次のように答えた。

「昨年、例えば予算委員会7時間コースだと、ほとんど全員の質問者が、森友の質問をされるケースもあった。本当に何十問なのか、100問を超えるのか分からないが、(答弁準備が)事実上間に合わないケースもあった。それぞれ協議をしているという余裕もなかった」(民進党の小川敏夫参院議員への答弁)

「何月何日に現場で職員と業者とか、相手側と会ったとか、極めて実務的な話で、そういうものを首相官邸と調整することは通常は考えられない」(共産党の小池晃参院議員への答弁)

そして、立憲民主党の逢坂誠二衆院議員が「局内はなぜ混乱していたか」と尋ねると、こう強調した。

「国有財産の部局は個別案件の話も多いし、そんなに毎年国会でたくさん質問をいただく部局ではない。そういう中で毎日月曜から金曜まで毎週何十問も通告され、資料の利用もあり、外部からも情報開示請求をされ、いろいろなチェックをしないといけない。大変だったことは事実だ。これまでにない状況だった」

何のことはない。野党議員らによる質問攻めや資料請求などへの対応に忙殺されたため理財局内に混乱が生じ、丁寧さを欠く答弁になった──というのである。

もちろん、これは佐川氏自身も認めているとおり「言い訳」の類であり、だからといっていい加減な国会答弁が許されるわけではない。佐川氏の答弁との矛盾が文書改竄にがったとしたら責任は重い。

とはいえ、当時の理財局がそうした状況に置かれていたのは事実だろう。現在の太田充理財局長も3月28日の参院予算委員会で、次のように語っていた。

「答弁はとにかく朝までかかってということだし、週末もほとんど全部出勤している。今国会が始まってから、休んだのは2月の3連休のうち1日だけだ」

もし本当に、真相解明を求める野党の過酷な追及も手伝ってのこんな過酷な状況が佐川氏の誤答弁を生み、文書改竄という最悪の結果を導いていたとしたらどうか。その場合、近畿財務局職員の自殺の遠因は、本省を混乱させてそのツケを近畿財務局に回させた野党の姿勢にあるともいえる。

もとより、人一人の自死をあまり憶測や当て推量で語るべきではない。ただ、全てを昭恵夫人の言動のせいにしようとする野党議員のやり方をみると、ついこんなことも言いたくなるのである。

5月から6月初旬にかけて行われる予定の米朝首脳会談の結果次第では、東アジアの安全保障環境は激変する。「朝鮮半島の非核化」で米朝が合意すれば、在韓米軍は撤退することになるとみられているからだ。そんな時期に、モリカケしか関心のない野党議員やメディアには、怒りよりも絶望を覚える。

関連する投稿


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

「『サヨナラ』なんて言いたくない!」「なぜ『さようなら』ではなく『サヨナラ』なのか?」……。増刊のタイトルについて編集部内でも様々な意見がありました。ですが、編集長は「サヨナラ」一択でした。なぜなのか。その理由を初めて明かします!


安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

選挙運動中の人物を銃撃し殺害することが、「民主主義への挑戦」でなくて何であろうか。メディアの安倍元総理の国葬に対する攻撃は、「疑惑が払しょくされていない人物を国葬にして良いのか」などの論であるが、無理矢理その流れを一部メディアが作り出そうとしている――。


世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

安倍総理が兇弾に斃れたあの日から、安倍総理について思わない日はない。 同時に、いわれなき批判を浴びせ続けた朝日新聞をはじめとする無責任なメディアに腹が立つ。花田編集長、怒りと悲しみの安倍総理追悼文。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。