国民が呆れた メディアと野党の茶番劇|阿比留瑠比

国民が呆れた メディアと野党の茶番劇|阿比留瑠比

♪野党議員は、気楽な稼業ときたもんだ~。何しろ、国会やテレビカメラの前で、ナントカの1つ覚えのように「モリ、カケ」とだけ唱えていれば高給がもらえるほか、文書交通費や政党助成金も支給される。3人の公設秘書もついてくる。こんなに簡単で楽な商売が、世の中にあっていいのだろうか。


メディアと国会に狂気が蔓延

作家の筒井康隆氏の戯曲『12人の浮かれる男』を思い出す。アリバイがあり、無罪が濃厚な少年を「マスコミも注目している。無罪では面白くない」と12人の陪審員たちがよってたかって屁理屈をこね、有罪にしてしまうというストーリーである。

もちろん、米テレビドラマ・映画の名作『12人の怒れる男』の設定を裏返したパロディーだが、いまはとても笑えない。

実際、この1年数カ月、野党議員や一部メディアが主張し、国民を誘導しようとしてきたことは、筆者の目には魔女を作り出すために論理を逆立ちさせた次のような倒錯そのものだと映る。

「圧力団体の既得権益は尊く、省庁の岩盤規制は正義だ。たとえ国民や地域のニーズがあろうと、規制緩和による公正な競争の導入など許せない」

「『面従腹背』を座右の銘とし、暴力団の資金源だとの噂もある風俗店に通い詰めていた違法な天下りの元締めは、無謬の聖人君子で立派だ」

「天皇陛下まで持ち出し利用するほどの虚言癖があり、補助金詐欺を行った男の証言は信用できるし、その発言は重い。一方、安倍首相の言葉はみんな嘘だ」

「官僚は常に善にして義なる者で決して悪いことはしない。それに対し、有権者が選んだ政治家はいつも悪いことをする。政治主導は悪しき手法であり、官僚支配のほうがいい」

「行政府の長であり、憲法第72条が『行政各部を指揮監督する』と定める首相が行政に口出しすると、行政は歪められる。政治家は行政に口出し無用だ」

「メディアは、事実や証拠に基づかなくても政権を批判するべきだ。権力の監視のためなら、国益を減じようと国が滅ぼうと、どうでもいい」

洒落や冗談ではない。連日、テレビのニュース番組や新聞紙面で論じられていることを要約すると、こう結論せざるを得ない。

「狂気は個人にあっては稀有なことである。しかし、集団・党派・民族・時代にあっては通例である」

ドイツの哲学者、ニーチェはこう喝破している。いままさに日本で、そうした狂気が蔓延していることに恐怖すら覚える。詐欺などの罪で起訴され、大阪拘置所に勾留中の森友学園前理事長・籠池泰典被告に、野党議員らが雁首並べて話を聞きに行くなど、狂気の沙汰以外の何物でもなかろう。

野党議員「安倍政権に致命傷を与えるだけの材料はない」

加計学園の新獣医学部設置をめぐっては、新規参入を目指した学園側がひたすら悪者にされた。一方で、既得権益固守に動き、政治献金で働きかけを強めてきた日本獣医師会側や、大学学部の許認可権を恣意的に運用し、天下り利権を確保してきた文部科学省側は、何ら問題にされなかった。

森友学園への国有地売却問題では、設置予定の小学校名を「安倍晋三記念小学校」だと虚偽の証言をした籠池氏の言葉は、確認なしに事実として垂れ流された。安倍昭恵首相夫人が本当に言ったかどうか怪しいどころか極めて不自然なセリフ、違うと分かっている発言も、事実である前提で取り沙汰された。

これが現代日本で進行中のことだと思うと、暗澹たる気持ちとなる。まるで、中世ヨーロッパの暗黒裁判と変わらない。正義の仮面を被った理不尽と不条理と悪意が、大手を振って堂々と横行している。

ある野党幹部は3月、産経新聞の記者にこんな本音を漏らした。

「こっちも安倍政権に致命傷を与えるだけの材料はないけれど、追及を続ければ、国民は安倍首相たちは何かやっていそうだと思い、内閣支持率は下がる」

まさに、その狙いどおりの事態となっている。野党もメディアも、森友学園への国有地売却時の土地価格の値下げに安倍首相らが直接関与した、と本心から思っているかは疑わしい。

むしろ、財務省が3月19日に新たに提示した削除文書によると、土地を所有していた国土交通省大阪航空局がゴミ撤去に費用がかかるとして自ら8億円余の値引きを見積もり、財務省近畿財務局に提案していた。そんな地方の些末なやりとりに、どう安倍首相がかかわるというのか。

官僚OBのホンネ

関連する投稿


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

「『サヨナラ』なんて言いたくない!」「なぜ『さようなら』ではなく『サヨナラ』なのか?」……。増刊のタイトルについて編集部内でも様々な意見がありました。ですが、編集長は「サヨナラ」一択でした。なぜなのか。その理由を初めて明かします!


安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

安倍元総理の国葬「反対」 日本人の想いをゆがめるメディアの世論誘導|和田政宗

選挙運動中の人物を銃撃し殺害することが、「民主主義への挑戦」でなくて何であろうか。メディアの安倍元総理の国葬に対する攻撃は、「疑惑が払しょくされていない人物を国葬にして良いのか」などの論であるが、無理矢理その流れを一部メディアが作り出そうとしている――。


世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

安倍総理が兇弾に斃れたあの日から、安倍総理について思わない日はない。 同時に、いわれなき批判を浴びせ続けた朝日新聞をはじめとする無責任なメディアに腹が立つ。花田編集長、怒りと悲しみの安倍総理追悼文。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。