月刊『 Hanada 』創刊の全真相|花田紀凱

月刊『 Hanada 』創刊の全真相|花田紀凱

『WiLL』の立林昭彦編集長たちがわれわれ6人の飛鳥新社移籍について、余りにもくだらないことを書いているので、正確な記録を残すという意味で以下を記す。


①商標の件

いつまでグダグダとくだらぬことを言っているのか。『WiLL』立林昭彦編集長のことだ。

「『WiLL』の商標が取れた」とか「『WiLL』の旗が守られた」とかを嬉しそうに12月号の「編集長から」に書き連ね、「そのような不法行為が法治国家で許されるハズがありません」と、あたかも、『Hanada』が不法行為をしたかのように書いている。

同社のホームページにも「謹告『WiLL』誌名争奪戦の内幕」なるデタラメな報告が載っている。

こんなくだらぬことに取り合うのは時間のムダ。黙殺しようと思ったのだが、誤解する読者がいるやもしれないので、正確ないきさつを記録しておく。

なぜ、『WiLL』編集部全員とDTP担当者が、飛鳥新社に全員で移ったかは、当時、ブログに書いたものを増補して別稿②として上げているので、興味のある方はそちらもご覧いただきたい。

さて、タイトルのいきさつ。

飛鳥新社に移籍が決まって、タイトルをどうするか。本来、ぼくが考えたタイトルだし(デザインも)、鈴木社長は当初、「編集部ごと移って他社でやってくれ」という話だったから『WiLL』というタイトルも移るハズだった。

ところが、鈴木社長が突如、話を変え、『WiLL』は渡さないと言い出した(この件も別稿②参照)。

しかたない。何か新しいタイトルを考えねばならない。念のため商標登録を調べてみた。すると驚くべきことに『WiLL』の商標登録は10年という期間を過ぎ、猶予期間の6ヶ月も過ぎていた。つまりWAC社はその時点では商標登録していなかったのだ。

で、飛鳥新社はすぐに登録を申請した。商標登録は先願権が認められている。つまり先に出した方に落ちるのだ。当然、一定の審査期間を過ぎれば『WiLL』という商標は飛鳥新社に落ちることになる。

あちらが麗々しく掲げているぼくの名刺はその時点で作ろうとしたものだ。

ところが、その過程で『WiLL』というタイトルは別な業種の会社が登録していることが判明した(同業種でない限りこういうことが認められる)。

つまり、鈴木社長はその程度のチェックすらしていなかったのだ。

で、飛鳥新社は顧問弁護士を通じその会社と譲渡交渉を始めた。

そこにこの移籍騒動を取り上げた『週刊新潮』(16年3月31日号)の記事が出た。

するとその社は「ゴタゴタに巻き込まれるのは困るから交渉は打ち切りたい」と通告してきた。その判断は当然だろう。

飛鳥新社としては新しい誌名を考えるしかない。『月刊Hanada』という誌名は、社長の発案で、ぼくはさすがにおこがましいとも思ったが、読者に少しでも早く知っていただくために、この誌名になったというわけだ。

だからWAC側がホームページ上に麗々しく掲げている『NEW WiLL』の名刺なんか一度も使ったことがない。

いったい、この、どこが不法行為なのか。立林編集長、商標登録に関するそんないきさつを鈴木社長から知らされていなかったのだろうか。

2年も経って、こんなことに拘って、お得意の人の悪口を言っているヒマがあったら、立林編集長、少しは企画を練り、誌面の充実でも考えたらどうだ。

ついでに書いておくが、表紙から本文レイアウトからほとんど、ぼくが考えた時のまんま。レイアウトやデザインにも少しは頭を使ったらどうか。

②移籍の経緯

『週刊新潮』(2016年3月31日号)のワイド特集で『WiLL』集団移籍の件が取り上げられた。入社3年目という若い記者が日曜夜、トツゼン自宅に来た。

コメントとして使うなら事前にチェックさせるという条件で取材に応じた。

若い記者の熱意に打たれ、きちんと説明したつもりだが、チェック済みのぼくのコメント(これはチェックした)の後に〈にわかに信じ難い説明〉と書かれ、全否定された。

よほど若い記者に抗議の電話をしようと思ったが、どうせデスクあたりがつけ加えたと見当がつく。若い記者の熱意に免じて黙っていた。

その記事にはワック関係者なる人物のデタラメな話が長々と書き連ねられていた。

〈「社長が年齢も考慮して花田さんに『一線を退いて編集主幹の肩書では』と打診したところ、あくまで現場にこだわる彼が怒り出してしまった結果、こうなったのです」〉

関連する投稿


花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、WEB連載!花田家のねこをほぼ「毎日」(1年ぶりの復活です!)、紹介いたします。第15回は、「気が強いリスベット」です。名前はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンのミステリー『ミレニアム』の副主人公、小柄で暴れ者、やたらコンピューターに強い、リスベット・サランデルから。


ウィル・スミス、よくやった!|花田紀凱

ウィル・スミス、よくやった!|花田紀凱

今年の米アカデミー賞授賞式で、コメディアンのクリス・ロックを平手打ちした俳優のウィル・スミス。ウィル・スミス擁護の声がアメリカで大きくなると思っていたら――。


「佐渡金山」韓国のプロパガンダと内なる敵『ポプラディア』|和田政宗

「佐渡金山」韓国のプロパガンダと内なる敵『ポプラディア』|和田政宗

佐渡金山の世界文化遺産推薦にあたり、韓国が「強制労働の現場」などと事実に基づかない批判をしている。韓国が仕掛ける歴史戦には、ファクトベースで反論することが重要だが、残念ながら日本国内にも、韓国のプロパガンダを助長する勢力がいる――。嘘を流布する「内なる敵」を告発!


「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「犯罪事実があった」とする伊藤詩織氏の主張は、検察と検察審査会によって、2度にわたって退けられた。日本の法制度上、刑事事件としては完全に終結し、伊藤氏の私を犯罪者にしようという目論見は失敗に終わったのである。ところが、私に一切取材依頼や問い合わせを行わないで、新聞やテレビで発信をしたり、記者会見で発言をしたりした人物が、少なくとも2名いる。そのうちのひとりが金平茂紀であり、もうひとりが望月衣塑子である――。(初出:月刊『Hanada』2018年1月号)


河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんが睡眠薬を飲んで、救急車で運ばれたと聞いて暗澹たる気持ちになった。あんりさんとは昨日午前中に電話で話をしたばかりだった――。


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?