森ゆうこ議員は「除染詐欺」の広告塔【告発!】|松崎いたる

森ゆうこ議員は「除染詐欺」の広告塔【告発!】|松崎いたる

官僚へのパワハラ、民間人である原英史氏への名誉毀損、人権侵害だけではない!少なくない被害者に代わり、未だ反省も一言の謝罪も一切ない森ゆうこ議員の悪行をここに告発する。彼女に政治家の資格はない。即刻議員辞職すべきだ!


平野氏は著書で、ナノ銀除染を福島第一原発の汚染水を浄化する「新技術」として大絶賛したうえで、「小沢氏が民主党政権から排除されなければ、この技術は放射能対策にただちに活用されたであろう」とまで述べている(『戦後政治の叡智』イースト新書 2014年2月)。  

森氏は、陸山会事件での小沢氏を擁護するために『検察の罠』という著書を出しており、その続編の『日本を破壊する5つの罠』(2013年6月発行)のなかで「原発再稼働の罠」という章をたて、原発は「コストが高い」という自説を前提にして「経済合理性の低い産業にしがみついて、新たな産業創出を阻む“原子力村の住人たち”は既得権益層の典型である。 彼らを排除することこそ、真の構造改革であるはずだ」と書いている。  

そして、「原子力発電はコストが安いということで推進されてきたのだが、 実は最終の処理、高レベルの廃棄物の処理についてもまったく解決策はないし、いくらかかるかもわからないぐらい膨大なコストがかかる話だし、ましてや福島の原発はまだまだまったく収束していない」という小沢一郎氏の言葉を「とつとつと語るその声のなかには、静かな憤りと、絶対にこのままなし崩しは許さない、という決意がにじんでいた」というコメントを添えて紹介している。  

森氏の選挙区である新潟県は柏崎刈羽原発の再稼働問題を抱えており、原発の問題は森氏の政治命題ともいえる。この著書には、その森氏の反原発の後ろ楯となっているのは小沢氏であり、敵は既得権益に固執する“原子力村の住人たち”である、という森氏の考えがよく表れている。

虚偽に満ちた「実績」

話を「ナノ銀除染」に戻そう。“発明者”の阿部宣男氏は前述のとおり、板橋区職員という公務員だった。ホタル飼育一筋という「実績」もある。  

しかし、阿部氏の「実績」は虚偽に満ちたものだ。  

阿部氏は1980(昭和55)年に板橋区立こども動物園の飼育員として区職員に入職したが、2012年に出版した著書『ホタルよ、福島にふたたび』のなかで、この入職が地域で影響力があった父親のコネで実現したことを明かしている。  

その後、1989(平成元)年1月に区立温室植物園に異動。同年7月からホタル飼育を担当することになったが、2014年に退職(当初は懲戒免職だったが、のちに普通退職扱いに変更された)するまで、ホタル飼育専門の区職員であった。場所は植物園からホタル館へと変わったが、25年間も異動がないのは地方公務員としては異例中の異例といえる。  

これも阿部氏自身が著書で明かしていることだが、元暴走族で窃盗、暴行、恐喝などで更生施設送致という「不良ぶり」を誇らしげに自慢している。そんな人物が、希望どおりに異動なしで好きな仕事を続けられてきたことを「ホタル館は阿部専用のペット小屋だ」と他の職員は揶揄していた。

血税10億円を投入したが・・・

阿部氏はホタルについても、余所の養殖場から買ってきたホタルを「館内で飼育している」とウソをついていた。  

板橋区ホタル生態環境館では毎年、ゲンジボタル、ヘイケボタル2万匹超を羽化(成虫になること)させてきた、と阿部氏は区に報告してきた。しかも1989年にゲンジの卵300個を福島県大熊町から、ヘイケの卵700個を栃木県日光市からそれぞれ導入し孵化させて以降は、いっさい他の遺伝子を他から導入しない「累代飼育」という特別な飼育法を続けてきた、と報告してきた。その予算は年間約3000万円、25年間の税金投入の総額は10億円をゆうに超える。  

阿部氏のウソが発覚するきっかけは、「ホタルは持ち込まれたものだ」という密告が区にもたらされたからだ。区は1年近い内偵調査を経て、2014年1月にホタル館のホタル幼虫を捕獲する飼育数調査を実施した。  

その結果、発見された幼虫はわずか2匹。発見漏れを考慮し、計算した推定数でも23匹しかホタル館内にはいないという結果になった。阿部氏の報告どおり、2万匹を羽化させるには、幼虫時には少なくとも7万匹が存在しなければならない。大量飼育の実態がないことは明らかだった。  

ホタル飼育のために支出された公金の大半は、阿部氏の知人で、阿部氏の推薦でホタル館管理の業務を委託されていた観賞魚関連の業者に委託料として支払われ、一部はこの業者を通じて阿部氏の仲間の女性に手渡されていた。区は警察にも相談していたが、阿部氏本人にカネが渡った直接の証拠がつかめず、捜査は中断した。  

公金横領、詐欺事件として立件されなかったが、カネを受け取った女性は現在、阿部氏とともにホタルやナノ銀関係の一般社団法人を設立し共同代表になっており、阿部氏と一心同体の関係にある(ちなみに阿部氏の知人業者は共産党員で、この事実を党中央に報告して党内調査を求めた私は、逆に党から何度も査問を受け、権利停止などの処分を受けた挙げ句に除籍され、党から追放されてしまった)。

関連する投稿


中国共産党「100年の秘密兵器」|石平

中国共産党「100年の秘密兵器」|石平

結党当時、党員数五十数名しかいない弱小政党だった中国共産党はいかにして勢力を拡大し暴力による政権奪取をはたしたのか。我々日本国民全員が、中国共産党という極悪政党の伝統的浸透工作の正体を正しく認識する必要がある。


「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「犯罪事実があった」とする伊藤詩織氏の主張は、検察と検察審査会によって、2度にわたって退けられた。日本の法制度上、刑事事件としては完全に終結し、伊藤氏の私を犯罪者にしようという目論見は失敗に終わったのである。ところが、私に一切取材依頼や問い合わせを行わないで、新聞やテレビで発信をしたり、記者会見で発言をしたりした人物が、少なくとも2名いる。そのうちのひとりが金平茂紀であり、もうひとりが望月衣塑子である――。(初出:月刊『Hanada』2018年1月号)


【日本政治とイデオロギーを再検証】 安倍政権は超リベラル政権だった|藤原かずえ

【日本政治とイデオロギーを再検証】 安倍政権は超リベラル政権だった|藤原かずえ

「保守」とは何か。「リベラル」とは何か。日本ではイデオロギーの定義が誤解されているため、政党のイデオロギーを適正に問う実質的な議論は行われてこなかった。政治の根本的な問題点を解決するために、いまこそ、主要政党のイデオロギーを再チェックすることが重要だ。


住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

東京都武蔵野市で外国人にも住民投票権を認めた住民投票条例が制定されようとしている。これは住民投票に名を借りた外国人参政権条例であり、憲法違反と思われる。断じて許してはならない!


改憲を国民の手で成し遂げよう|田久保忠衛

改憲を国民の手で成し遂げよう|田久保忠衛

国民全体が議論をするまで待とうなどとの態度は、結局何もしない口実にすぎないと思う。気がついた時には改憲の環境は消えているかもしれない。不誠実な政治家に国の運命を託してはいけない。改憲をわれわれ国民の手で成し遂げる時機が到来した。


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!