日中首脳会談 勝利を収めたのはどちらか|福島香織

日中首脳会談 勝利を収めたのはどちらか|福島香織

10月に行われた7年ぶりの日本首相の中国公式訪問および日中首脳会談について、『月刊Hanada』2018年1月号に寄稿されていた矢板明夫氏の「安倍訪中は日本外交の大勝利」論文をたいへん興味深く読んだ。というのも、私は今回の日中首脳会談は、「外交の安倍」にしては稀にみる失態ではなかったか、という危惧をずっと抱いていたからだ。


これに5月の李克強首相訪日の際に決定された2千億元のRQFII(人民元適格海外機関投資家)枠を日本企業に付与されたこと、つまり日本企業が人民元建て債券(パンダ債)を通じて中国の資本市場に積極投資できる環境を整えたことが加わる。

米国から貿易戦争を仕掛けられて人民元が急落、上海株式総合指数が2千5百のラインを割り、中国の社会消費の鈍化が目に見えてきた。そんな時に、こうした金融協力が一気に発表されたことの中国社会および国際社会に与えるインパクトはそれなりに大きかっただろう。

米中貿易戦争はまだ一時停戦発表前のことであり、日本はリスクを覚悟で中国の味方に付こうとしている、というふうにも見える。日中首脳会談のネットニュースにつけられた中国人ネットユーザーのSNSコメントをみると、「日本は米国支配から脱却し、中国のパートナーとなることを選んだ」 「日本が米国の包囲網を突破してくれる」といったコメントが並んでいる。

加えて「日中イノベーション協力対話」の創設。「知財権の協力関係を進化させる」 「対話を通じて日本企業が持つ知財権を中国が適切に管理する仕組みづくりを」などという。中国の知財権窃取に米国がピリピリしているときに、日本は知財権協力を呼び掛けている。

「中国製造2025戦略」の正体

米中貿易戦争の本当の狙いは、米国が持つ知財権を収奪できる中国の知財権ルールを変更させ、中国のハイテク産業の芽をこの際、徹底的につぶしてしまおうというところにあると見られ、具体的には習近平政権が掲げる中国製造2025戦略をつぶすということだといわれている。

中国製造2025戦略は、習近平政権が2015年に打ち出した製造業高度化戦略で、2025年までにハイテク製造強国入りを目指すもの。次世代情報技術、NC制御装置・ロボット、宇宙・航空、海洋エンジニアリング・ハイテク船舶、先進軌道交通インフラ、EV・新エネルギー車、電力設備、農業機械、新素材、バイオ医療といった10大分野で、中国は巨額の補助金を出し、必要とあらば市場原理を無視して、先端技術を持つ外国(おもに米国)企業への投資や買収を行い、技術および技術者の獲得を進めていた。

こうして買い集めた技術を巨大市場で応用していくことで、中国のハイテク分野での成長ぶりは目覚ましい。だが、次世代移動通信システム(5G)を含むこうしたハイテク技術は、ほぼすべて軍事技術につながり、米国はこれを国家安全上の問題として見過ごせないと考えた。米国側は投資した米企業に技術移転を迫る中国のやり方を技術の窃盗といい、こうした中国のやり方を変えさえるためにしかけたのが貿易戦争なのだ。

中国は米国から技術を得られなくとも日本から技術協力を得ることで、中国製造2025戦略の延命ができる、助かった、というわけだ。

こうしてみてみると、10月の日中首脳会談は同盟国・米国への裏切り行為ではないか、トランプ政権は激怒するのではないか、と見える。

中国で拘束中の日本人も解放されず

こうした日本側の「大盤振る舞い」に対して、日本が「返礼」として受け取ったものは、北朝鮮の拉致問題への「理解と支持」という習近平の曖昧な言質、福島原発事故以来、放射能汚染されているとみなされていた10都県の農産物・加工食品の禁輸解除要求への「積極的に検討」という返事、パンダ貸与ぐらいか。

日本の安全保障上重要視されていた尖閣諸島問題、歴史認識問題については、双方がお互いを忖度して議題にとりあげなかった。尖閣諸島周辺で起きうる偶発的事件回避のための海空連絡メカニズムにおけるホットライン早期設置で合意がなされ、安倍側から習近平に問題の改善を要請したという部分が、日本にとっては多少とも外交的に意味があったといえるかもしれない。

だが、具体性に欠ける。実際、安倍訪中期間を含めて、中国の海洋警察船は尖閣諸島の接続水域に断続的に侵入しており、中国側が真摯に対応しようとしているようには思えないのだ。

今後5年で青少年3万人規模の相互訪問など交流強化というのも、日本に外交的メリットがあるのか。欧米で中国人留学生や訪問研究者による技術持ち出し、スパイ化が警戒されている流れに逆行している。

日本の大学のレベルが上がれば、中国に限らず留学生は増えるのであって、レベルを問わずに「友好の象徴」として中国人留学生・人材の数値目標を設置するのは、大学教育の本来の目的に合わない。少なくとも、先に「日本のスパイ」と言いがかりをつけられて拘束中の身にある日本人8人の返還を認めさせるのが筋というものだろう。拘束中の日本人の問題は首脳会談でも日本側から提示されたが、習近平の返事は「法に従って適切に処理する」というそっけないものであった。

こうした日中双方が得たものを並べてみると、とても外交的大勝利には見えない。

関連する投稿


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。