文在寅新年記者会見は日本への”挑戦状”|名村隆寛

文在寅新年記者会見は日本への”挑戦状”|名村隆寛

日韓関係が、年を越して悪化の度を一層増している。その最大の原因は、韓国の文在寅大統領が1月10日に行った「新年の記者会見」での日本に対する発言だ。


問題の記者会見に出席

文在寅

日韓関係が、年を越して悪化の度を一層増している。その最大の原因は、韓国の文在寅大統領が1月10日に行った「新年の記者会見」での日本に対する発言だ。

文在寅大統領は・歴史カード・を前面に出し、新年早々、日本に挑戦状をたたきつけた。

問題の記者会見には筆者も出席していた。会見の状況を振り返ってみたい。

記者会見は韓国大統領府の迎賓館で行われた。開始は午前10時だったが、ちょっとしたサプライズのつもりだったのだろうか、文在寅大統領は冒頭の国民に向けた演説を昨年のように記者団の前ではせず、建物の玄関付近で行った。

車で乗り付ける場面から、記者会見場の大型テレビモニターで映された演説は30分足らず。そのうち約25分を経済や国民の暮らしに充てた。低迷が続く韓国経済の実態や国民の不満を大統領自身が痛感していることがうかがえ、経済や国民生活の向上に向けた政府の政策への理解をしきりに訴えていた。

演説後、記者会見場に移った文在寅大統領は終始笑顔。会見は挙手した記者から、文在寅大統領が自由に選ぶかたちで進められた。韓国メディアの質問の合間に外国メディアにも質問の機会が与えられたが、指名されるのはいずれも欧米や中国メディアばかり。筆者も含め、日本のメディアも挙手を続けたが、一向に指名してくれない。「日韓関係への言及が全くない。このままではまずい」と内心焦りつつ、中腰にまでなってとにかく手を挙げ続けた。

ご満悦で会場をあとに

約90分の会見の終盤になり、ようやくNHKの記者が質問できることになる。

質問は、いわゆる元徴用工問題をめぐって韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた問題についてだった。文氏は笑顔を絶やさずに質問に耳を傾けたあと、「日本政府がもう少し謙虚にならねばならない」 「日本の政治指導者らが政治争点化し、問題を拡散させているのは賢明ではないと思う」などと語り、暗に安倍晋三首相らを批判した。

文在寅大統領は質問に答えたあと、こうも付け加えた。「実は、あなたの後ろの記者を指名したんですけどね」。会見場では笑いが起きた。

記者会見は当初の予定より10分ほどオーバー。それでも挙手を続ける記者団に、文氏は「もう無理です」と疲れた表情を見せ、再び会見場の笑いを誘った。会場をあとにする文在寅大統領は笑みをたたえ、ご満悦の様子だった。

筆者と同じように手を挙げ続けた日本人記者と会見後に話したが、彼も「どうにか日韓関係について大統領に口を開いてもらわねば」との心境だったという。

日本の記者からの質問を会見前から拒否した2014年の朴槿惠前大統領による新年の記者会見ほどひどいものではなかったが、問題はその発言内容だ。「日韓関係の現状を分かっているのか」と率直に感じた。

発言を要約する。

「過去、韓日の間には35年ほどの不幸な歴史があった。この歴史のため、新たに外交関係を樹立する際、韓日基本条約を締結したが、全て解決されていないとされる問題がいまも続いている。これは韓国政府が作り出したのではなく、過去の不幸な長い歴史のため作られた問題だ」

「日本政府がこれについて、もう少し謙虚な立場であらねばならないと思う。韓国政府は、問題は問題として両国が知恵を合わせ解決し、未来志向の関係を損なわないようにしようと言ってきた。日本の政治指導者らが、こうした問題をたびたび政治争点化し非難材料とし、問題を拡散させていることは賢明ではない」

「韓国最高裁の判決について、日本も韓国も、世界のあらゆる文明的な先進国も三権分立に基づき、司法府の判決に政府が関与することはできず、司法判断を尊重せねばならない。日本も同じだろう。日本が韓国の判決に不満を示すことはできる。だが、日本も不満があっても、やむを得ないという認識を持ってくれねばならない」

「韓日がいかに知恵を合わせて問題を解決するか。韓国の司法府が韓日基本条約では解決されていないと判断した問題について、被害者の苦痛を癒やす問題について、韓日両国がどのように解決するか真摯に知恵を合わせていかねばならない。政治的な攻防の材料にし、未来志向の関係を損ねるのは望ましくない」

関連する投稿


河野談話を今すぐ破棄せよ!|山岡鉄秀

河野談話を今すぐ破棄せよ!|山岡鉄秀

軍や官憲による強制連行を裏付ける資料は一切見つかっていない。にもかかわらず、なぜ日本政府は河野談話を「継承」し続けるのか。「慰安婦=性奴隷」という歴史の捏造を放置すれば、日本は歴史問題で惨めな敗北を続けるだろう。オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した山岡鉄秀氏が加藤勝信官房長官に物申す!


戦時労働者問題で画期的判決|西岡力

戦時労働者問題で画期的判決|西岡力

今回の判決は、任期残り1年を切った文在寅政権のレームダック化により相対的に反日左派の力が落ちてきた結果ではないか。


価値観外交を拒否した文政権の韓国|西岡力

価値観外交を拒否した文政権の韓国|西岡力

驚きの米韓共同声明。改めて強調する文在寅政権の韓国は価値観外交のパートナーではない!!


【動画】百田尚樹著『今こそ、韓国に謝ろう』は韓国でどう報じられたか?

【動画】百田尚樹著『今こそ、韓国に謝ろう』は韓国でどう報じられたか?

遂に韓国語訳が電子書籍で発売された百田尚樹さんの大ベストセラー『今こそ、韓国に謝ろう』。日本語版発売直後に韓国ではどのように報じられたのか? 韓国国民には今こそ、全文をしっかりとお読み頂きたい!/映像字幕・黄哲秀


閣議決定「『従軍慰安婦』使わない」を評価する|西岡力

閣議決定「『従軍慰安婦』使わない」を評価する|西岡力

菅義偉政権の毅然とした姿勢、二つの閣議決定により、今後教科書から「従軍慰安婦」「強制連行」「強制労働」という反日的な用語が追放されるだろう。「従軍慰安婦」という用語はたとえ「いわゆる」が付いても不適切となった。朝鮮人戦時労働者について「強制連行」や「強制労働」という用語も不適切だと決定した。


最新の投稿


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


中国経済「死に至る病」(上)

中国経済「死に至る病」(上)

中国経済は本当にV字回復しているのか?経済成長の内実を示すいくつかの数字を詳細に分析することで判明した中国経済の実像と不治の病。


被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

近代文明は、常に明るい未来を強迫観念的に展望し、過ぎ去った悲惨も犠牲となった死者も忘却へ押しやろうとしてきた。だが、一人一人のこころのうちから惨禍や死者の記憶を消すことはできない。


東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

「オリンピック出て行け」などと叫んでいる人たちを見ると、まるで鎖国していたころの尊皇攘夷派と一緒だという気がしてならない。 コロナ禍のいまだからこそ、人間の限界に挑戦する選手の活躍から勇気をもらうことが「夢の力」につながる。  


立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!