文在寅新年記者会見は日本への”挑戦状”|名村隆寛

文在寅新年記者会見は日本への”挑戦状”|名村隆寛

日韓関係が、年を越して悪化の度を一層増している。その最大の原因は、韓国の文在寅大統領が1月10日に行った「新年の記者会見」での日本に対する発言だ。


問題の記者会見に出席

文在寅

日韓関係が、年を越して悪化の度を一層増している。その最大の原因は、韓国の文在寅大統領が1月10日に行った「新年の記者会見」での日本に対する発言だ。

文在寅大統領は・歴史カード・を前面に出し、新年早々、日本に挑戦状をたたきつけた。

問題の記者会見には筆者も出席していた。会見の状況を振り返ってみたい。

記者会見は韓国大統領府の迎賓館で行われた。開始は午前10時だったが、ちょっとしたサプライズのつもりだったのだろうか、文在寅大統領は冒頭の国民に向けた演説を昨年のように記者団の前ではせず、建物の玄関付近で行った。

車で乗り付ける場面から、記者会見場の大型テレビモニターで映された演説は30分足らず。そのうち約25分を経済や国民の暮らしに充てた。低迷が続く韓国経済の実態や国民の不満を大統領自身が痛感していることがうかがえ、経済や国民生活の向上に向けた政府の政策への理解をしきりに訴えていた。

演説後、記者会見場に移った文在寅大統領は終始笑顔。会見は挙手した記者から、文在寅大統領が自由に選ぶかたちで進められた。韓国メディアの質問の合間に外国メディアにも質問の機会が与えられたが、指名されるのはいずれも欧米や中国メディアばかり。筆者も含め、日本のメディアも挙手を続けたが、一向に指名してくれない。「日韓関係への言及が全くない。このままではまずい」と内心焦りつつ、中腰にまでなってとにかく手を挙げ続けた。

ご満悦で会場をあとに

約90分の会見の終盤になり、ようやくNHKの記者が質問できることになる。

質問は、いわゆる元徴用工問題をめぐって韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた問題についてだった。文氏は笑顔を絶やさずに質問に耳を傾けたあと、「日本政府がもう少し謙虚にならねばならない」 「日本の政治指導者らが政治争点化し、問題を拡散させているのは賢明ではないと思う」などと語り、暗に安倍晋三首相らを批判した。

文在寅大統領は質問に答えたあと、こうも付け加えた。「実は、あなたの後ろの記者を指名したんですけどね」。会見場では笑いが起きた。

記者会見は当初の予定より10分ほどオーバー。それでも挙手を続ける記者団に、文氏は「もう無理です」と疲れた表情を見せ、再び会見場の笑いを誘った。会場をあとにする文在寅大統領は笑みをたたえ、ご満悦の様子だった。

筆者と同じように手を挙げ続けた日本人記者と会見後に話したが、彼も「どうにか日韓関係について大統領に口を開いてもらわねば」との心境だったという。

日本の記者からの質問を会見前から拒否した2014年の朴槿惠前大統領による新年の記者会見ほどひどいものではなかったが、問題はその発言内容だ。「日韓関係の現状を分かっているのか」と率直に感じた。

発言を要約する。

「過去、韓日の間には35年ほどの不幸な歴史があった。この歴史のため、新たに外交関係を樹立する際、韓日基本条約を締結したが、全て解決されていないとされる問題がいまも続いている。これは韓国政府が作り出したのではなく、過去の不幸な長い歴史のため作られた問題だ」

「日本政府がこれについて、もう少し謙虚な立場であらねばならないと思う。韓国政府は、問題は問題として両国が知恵を合わせ解決し、未来志向の関係を損なわないようにしようと言ってきた。日本の政治指導者らが、こうした問題をたびたび政治争点化し非難材料とし、問題を拡散させていることは賢明ではない」

「韓国最高裁の判決について、日本も韓国も、世界のあらゆる文明的な先進国も三権分立に基づき、司法府の判決に政府が関与することはできず、司法判断を尊重せねばならない。日本も同じだろう。日本が韓国の判決に不満を示すことはできる。だが、日本も不満があっても、やむを得ないという認識を持ってくれねばならない」

「韓日がいかに知恵を合わせて問題を解決するか。韓国の司法府が韓日基本条約では解決されていないと判断した問題について、被害者の苦痛を癒やす問題について、韓日両国がどのように解決するか真摯に知恵を合わせていかねばならない。政治的な攻防の材料にし、未来志向の関係を損ねるのは望ましくない」

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

韓国語版『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(『豪州と中国戦争前夜』)が遂に発刊!日本と同様、中国による目に見えぬ侵略に対して警戒感が薄い韓国国民。その中で大韓医師協会の崔大集(チェ・デジプ)前会長が本書を激賞!その理由とは。


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?