中村時広愛媛県知事の虚偽答弁!【告発レポート第2弾】|長谷川学

中村時広愛媛県知事の虚偽答弁!【告発レポート第2弾】|長谷川学

70億円もの血税が投じられた前代未聞の大規模環境汚染。その責任者である中村時広愛媛県知事は現在に至るまで一切の説明責任を果たしておらず、そればかりか虚偽答弁を重ね逃げ回っている。愛媛県内で絶大な権力を誇る知事に対してメディアも忖度し完全に沈黙。地方行政の驚くべき腐敗を徹底追及する告発レポート第2弾!


中村氏は、加計学園の獣医学部開設を巡り、「首相案件」などと記した愛媛県職員のメモなるものを公表して安倍政権と対峙。「ものを言う知事」ともてはやされた。  

だが、中村氏の動機については「2018年11月の県知事選挙を控え、安倍政権はもたないと踏み、加計問題で“道連れ心中”は御免と突き放し、火の粉を振り払ったのではないか」との指摘もある。  

実際、中村氏には、6年前にも“部下のメモ”なるものを持ち出して、火の粉を振り払った過去があった。  

中村氏は1999年から2010年11月までの11年間、松山市長を務めたが、市長在任中に持ち上がったのが、いわゆる「レッグ問題」だった。  

レッグ問題とは、松山市の産業廃棄物処理業者(株)レッグが大規模な環境汚染を引き起こし、その対策費として国、県、松山市が総額約70億円もの税金を投入した事案だ。レッグ問題に使われた税金は、愛媛県と今治市が加計学園に提供した約93億円の補助金に匹敵する規模である。  

レッグは埋立超過などの違反を繰り返す悪質な業者だった。ところが当時の中村市長はレッグに対し、強制力のない口頭指導や文書指導を繰り返すばかりで、施設の使用停止命令や改善命令などの法的拘束力のある行政処分、免許奪を一度たりとも行わなかった。  

中村氏が抜本的対策を怠っている間に、レッグ処理場は大量の廃棄物でほぼ満杯状態になり、レッグはいったん市に業務廃止届を提出したが、その裏では埋立業務継続を市に働きかけていた。  

レッグの業務継続には、処理場の埋立容量を新たに確保する必要があった。そこでレッグは市の了承のもと、廃棄物を重機で圧縮する「転圧」という作業を実施。これにより5000立方メートルの埋立容量が新たに確保された。  

転圧の半月後、中村氏はレッグに業務再開許可を出したが、その後、レッグ処理場から灰濁した汚染水と廃棄物が流出する事故が発生し、大規模な環境汚染問題に発展した。  

流出事故は、無理な転圧によって引き起こされた。レッグ処理場の下には地下水路が流れており、転圧によって水路の一部が破損し、そこから処理場内の汚染水と廃棄物が流れ出したのだ。

2019年2月4日付愛媛新聞

国も認めた対応の誤り

レッグに再開許可を出し、環境汚染の原因を作った中村氏は2010年11月に知事に転身。中村氏の後任には、中村氏の側近の野志克仁氏が就任した。  

12年9月、松山市はレッグ問題について、有識者による第三者の検討部会を設置。そこでの議論を踏まえ、13年3月、松山市はレッグ処理場の「特定支障除去等事業実施計画」をまとめ、翌月の4月10日に発表した。なお、実施計画は国(環境省)に提出され、国の同意を得た。  

実施計画には、当時の中村市長の対応を厳しく批判する内容が盛り込まれた。  

たとえば、地下水路の破損につながる畏れがある転圧行為について、実施計画はこう指摘している。 「何ら指導を行っておらず、埋立容量増加や処分業の一部再開などの許可更新を続けていた」  

さらに実施計画は、中村市長と松山市の対応を以下のように厳しく批判した。

「適切な時期に改善命令等の法的拘束力のある行政処分を行うべきであった」

「市の権限行使の妥当性については不適当であったと認められる」  

先に触れたとおり、この実施計画には国も同意している。つまり国も、当時の中村市長の対応の誤りを認めたのだ。

“濡れ衣”を着せられた市議会議員たちの怒り

関連する投稿


被害者続出でも国は推進の異常! 成年後見制度は 「国家によるカツアゲ」|長谷川学

被害者続出でも国は推進の異常! 成年後見制度は 「国家によるカツアゲ」|長谷川学

なぜ国連勧告を無視し続けてまで政府は成年後見制度を促進するのか? なぜ新聞やテレビは被害者が続出しているにも拘わらず報じないのか? いまも平然と行われ続けている弱者を喰いモノにする「国家によるカツアゲ」。その実態を告発する。


枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

衆議院選挙で立憲民主党と日本共産党とが選挙協力をし、立憲が仮に、万が一、あり得ないだろうが、衆院選で政権を取ったら、共産党は「限定的な閣外からの協力」を行うことで合意。いまや「立憲共産党」とも言われているが、この合意から想起するのは、ソ連共産党の権力構図だった――。


菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理はコロナ対応と経済とのバランスを考えたギリギリの判断を行っている。野党もメディアも無責任すぎる!自民党政調会長が「コロナ対応後手、後手」批判に全て答える。(聞き手:政治評論家・田村重信)


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

現代の公共広場(アゴラ)たるネット空間。 自由に議論できたはずのアゴラが、ネット財閥によって危機にひんしている。 トランプのアカウント停止を支持する自称リベラル派エリートたちの欺瞞を暴く!


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。