ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

2013年、中埜大輔さんは、ミツカンの創業家出身のオーナー経営者である中埜和英会長の次女、聖子さんと結婚、翌年には男の子が誕生した。だが、彼の人生は義父母によって破壊された。生後4日目の子供を義父母の養子に差し出すよう強要されたのに始まり、別居の命令、離婚の強要、親子引き離し(実子誘拐)を目的とした日本への配転、告発報道の取材に応じたことを理由に即日解雇――。まるで中埜一族に「種馬」のように使われ、放り出されたのだ。


離婚するか、ミツカンを離れるか

判決についての法的な解説は野崎智裕弁護士からなされた。

「今回の内容は特に相手方であり、中埜大輔さんの元妻である、中埜聖子さんのですね、特殊な環境、そういったところを非常に過度に重視したような判決だと思っています。聖子さんについて『その人生に関わる選択においても、おのずと中埜家の跡取りとの視点からの選択を行うことが当然のこととなっており』と書かれていました。つまり『聖子さん自身の心情ないし価値観に基づく離婚意思の形成がされた』と裁判所が判断したことになります」

ミツカンは一子相伝で、跡継ぎが財産を受け継ぎ、次世代へと引き継いできた。跡継ぎである聖子さんは、ミツカンを背負う存在として小さい頃から帝王学を授けられ、育ってきた。そうした特殊な事情を抱えた聖子さんの価値観が離婚の判断に繋がった、だからこそ、聖子さん自身の判断だと裁判所は解釈したのだ。

「かなりの財産を聖子さんが引き継いでいます。半分以上といっていいと思いますが、そういった特殊な事情のなかで、今回、聖子さんの両親は、『中埜大輔さんと離婚するか、それともミツカンを離れるかどっちだ?』という判断を聖子さんに迫り、聖子さんはミツカンに残る選択をしました。その選択を以て、『ミツカンの一子相伝の環境で育てられ、その価値観が聖子さんに定着している。だからそれは聖子さん自身の意志』と裁判所は判決文のなかで説明しています」

重要な点をおさらいしておこう。判決では次の点が認められている。

・和英・美和氏が聖子さんに二者択一の判断を迫った際、高圧的な態度をとったこと
・そのことが聖子さんの判断に影響を与えた可能性があること
・大輔さんと聖子さんの間に愛情があったこと

和英・美和氏の高圧的な態度が聖子さんの判断に影響を及ぼしたのだとしたら、それは脅迫にあたらないのだろうか。

「法的にいえば、『聖子さんの両親がやったことは不法行為ですというところを否定していない』んです。ただしその不法行為があったとしても、その結果として離婚に繋がったのかっていうところを否定している――法的にはそういう整理になるのかなと思います」

「ミツカンを守るのが絶対。だから愛情があっても、離婚せざるを得なかった」と聖子さんが考えていたからといって、和英・美和氏の行為を不問に付すのはおかしい。和英・美和氏が、高圧的な態度で二者択一を迫らなければ、聖子さんは離婚という決断をしなかったに違いないからだ。

次のステージは、英国での戦い!

今後の展望について、大輔さんは次のように語った。

「現在、英国に息子がいると思われますので、英国の司法制度を利用して、息子に会うために、戦いの場を英国に変えていこうと考えております。そのための準備も進めておりますし、近いうちに法的措置をとるつもりです」

英国で実子誘拐をすれば、たとえ母親父親であろうとも逮捕・投獄される。子供の権利を重視する英国で、日本と同様の裁判を起こせば十分に勝機はあるだろう。

「私が英国の司法制度を利用し、息子にすぐに会えたとすれば、これは日英の親子法制の大きな違いを浮き彫りにすることができますし、どちらの国が子供の権利をより尊重しているかも明らかになるでしょう」

大輔さんの戦いは、社会的意義が非常に大きい戦いである。ジャニーズ問題同様、「外圧」がなければ変われないというのは非常に情けない話だが、大輔さんが英国で勝訴すれば、日本でも実子誘拐が本格的に社会問題化されるのではないか。

ただし、そこには費用という大きなハードルがある。大輔さんは長年、孤独な戦いを続けてきが、多額の費用をこれまで通り、自腹でまかなうことが難しくなってきた――。

「英国での戦いの費用の見積もりは、過去の経験を基準として、親子交流権の回復の裁判で200〜400万円、ミツカン(創業家)に対する裁判で500〜1000万円です。2018年に私が英国で戦って勝訴(親子の交流権を求める裁判。詳細は2022年9月号『ミツカン「種馬事件」②家族破壊工作の全貌』を参照)した際には300万円近くかかりましたが、現在は当時より円安のためさらに2〜3割の追加費用が想定されます。まずは息子に会うための戦いを優先し、その先には、ミツカン(創業家)に対する英国での裁判を視野に入れています」

こうしたことから、彼はこのたびカンパを募集することにした。
詳細はこちらである。

対ミツカン事件のカンパを募集いたします|中埜大輔

https://note.com/nakanodd/n/n6a02640fce83

カンパ先は文末に記載します。全文をお読みいただき、ご同意いただける方のみお願いします。 ①使い道 僕と生後間もない息子がミツカン(創業家)によって組織ぐるみで引き離された事件【ミツカン父子引離し事件】(←まとめ記事に飛びます)について、ミツカン(創業家)と闘うための弁護士費用、訴訟費用、関連経費に充てさせていただきます。 具体的な使い道は、 ・対ミツカン裁判(日・英) ・対ミツカン創業家裁判(日・英) ・親子交流権の回復に向けた裁判(日・英) ・ミツカン(創業家)による反社会的行為の周知(日・英・米、等) ・ミツカン(創業家)の反社会的行為を幇助した人物・組織に対する裁判 ・上

関連する投稿


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。