ウイグルの自由と独立のためともに闘う!|和田政宗

ウイグルの自由と独立のためともに闘う!|和田政宗

中国政府は「ウイグル人はテロリストでテロ組織に属している」という主張を展開し、「ウイグル人は中国国内において弾圧されていない」という世論工作活動を世界各地で展開している――。(サムネイルは日本ウイグル協会Xより)


中国大使館からの〝脅迫状〟

10月30日、31日の2日間、国際ウイグルフォーラム・各国国会議員国際会議が行われた。海外の国会議員約30人を含む学者やジャーナリストら25カ国から約200人が参加する世界大会で、日本では11年ぶりの開催となった。

世界ウイグル会議のドルクン・エイサ総裁も来日し、私は日本ウイグル国会議員連盟事務局次長として参加した。中国によるウイグル弾圧について最新の状況が報告され、その酷さは全く変わっておらず継続していることを確認、対中国で何をすべきかが議論された。

開会式では、日本ウイグル国会議員連盟の古屋圭司会長が挨拶のなかで、11年前の大会開催時に中国大使名で“脅迫状”が衆参両国会議員あてに届いたが、それを跳ね返して開催したこと等を述べた。当時、私はまだ参院議員になる前だったが、10年前の初当選時からウイグル問題に取り組んでおり、その“脅迫状”の内容や中国大使館からの脅迫についても先輩議員から聞かされてきた。

手元にある全文からその内容を明らかにすると、中国は世界ウイグル会議に対し「テロ組織」との事実無根のレッテルを貼り、世界ウイグル会議と接触しないよう要求している。

程永華・駐日中国大使の署名入りで送られてきた、“脅迫状”の内容を抜粋する。

『「世界ウイグル会議」は徹頭徹尾、中国の分裂を企む反中国組織であり、「東トルキスタン」テロ組織と緊密に連携している』

『ラビア(当時の世界ウイグル会議総裁)やドルクンなどが最近、日本でいわゆる「世界ウイグル会議」第4回代表大会を開こうと画策している。日本政府がこれを認めれば、それは中国の内政に対する干渉であり、中国の安定と安全利益を損なうだけでなく、日本自身の安全にも害がある』

『われわれは議員の皆さんがラビアおよびドルクンらの中国の分裂をはかる反中国および暴力テロの本質をはっきり見抜き、いかなる形でも接触せず、「世界ウイグル会議」に対し、いかなる支持もしないことを希望する』

世界各地で展開する世論工作活動

まさに、こうした“脅迫”を繰り返し、ウイグルの支援をする方々や国会議員や地方議員に対し中国は介入してきた。私は、立候補時からウイグル支援を明確にし、平成28(2016)年には仙台に当時の世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁をお招きし、講演会を開催した。

中国は私に対して初当選直後から、東北を管轄する在新潟中国総領事館から中国関連のイベントの案内状が送られてくるなど中国側から様々なアプローチがあったが、全て無視していたところ、こうした動きはしばらくしてなくなった。それを受けてのことか、程永華氏など歴代の駐日中国大使は、レセプション等で私と一緒になっても会釈程度で会話はしてこない。

台湾に対してもそうであるがウイグルの方々に対しても姿勢を絶対に揺るがせないことが重要である。その後も私は日本各地でのウイグルの方々を支援するシンポジウムで講師を務めたり、街頭活動に参加してきた。

昨年は、中国における政治犯とされる方やウイグルの方々からの「臓器狩り」について、2006年から調査・告発してきたデービッド・マタス氏と面会した。マタス氏はカナダ人弁護士で、政府の役職も歴任。カナダ元下院議員のデービッド・キルガ-氏とともにウイグル問題に取り組み、世界を動かすことに繋げた方である。この面会の際には、中国の臓器狩りの酷い実態を改めて確認した。

そして、今回の国際ウイグルフォーラムでは、例えば、「国境を越えた弾圧方法~反体制派の声を取り締まる中国の長い腕」と題したディスカッションで、中国における海外での工作活動を明らかにした。先述の“脅迫状”にあるように、中国政府は「ウイグル人はテロリストでテロ組織に属している」という主張を展開し、「ウイグル人は中国国内において弾圧されていない」という世論工作活動を世界各地で展開している。

関連する投稿


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


先端技術流出をスパイ防止法制定で防げ|奈良林直

先端技術流出をスパイ防止法制定で防げ|奈良林直

先端技術の研究室が中国人に占められている実例が東北大学にある。研究室のメンバー38人のうち16人が中国人で、42%を占める。とりわけ博士後期課程の研究員は、12人中10人が北京理工大学を含む中国政府認定の一流大学「国家重点大学」の出身者だ。このように、我が国の国立大学が中国の発展のために国費を投入している。


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)